読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

馬琴の嫁

馬琴の嫁
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 296
販売開始日 2020/10/16
紙書籍版 取り扱い中

舅は人気戯作者、曲亭馬琴。家風の違いすぎる婚家、癇性な夫。苦労の絶えない結婚生活を明るく強く乗り切っていく女性の一代記――人気戯作者・瀧澤馬琴の一人息子に嫁入りした、てつ。結婚早々、みちと改名させられ、病弱な夫と癇性持ちの姑、そして何事にも厳格な舅・馬琴に苦労させられながらも、持ち前の明るさと芯の強さで、次第に瀧澤家になくてはならない存在になっていく。のちに「八犬伝」の代筆を務めるまでになる、馬琴の嫁の奮闘記。

群ようこ関連作品

  • 浮世道場 660円
    作家 群ようこ
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/16

    人生の知恵は古典に学べ! 脱・煩悩の処方箋浮世の悩みは尽きぬもの。だからこの世は面白い。浮世のお悩みを引き受けるエッセイ。

  • 濃い人々 660円
    作家 群ようこ
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/16

    読んで納得の群ようこ流・愉快痛快エッセイ。小津安二郎からブコウスキーまで達人たちが描いた作品の登場人物たちについてつづる。

  • いいわけ劇場 682円
    作家 群ようこ
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/16

    心のスキ間をうめようとするおかしな人たちいいわけしながら、様々な方法で心のスキ間をうめようとする世間の人たち......。

  • ヒヨコの蠅叩き 691円
    作家 群ようこ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/05/08

    体はツライけど、心はシャンと生きるのだ。 毎日を切り開く痛快エッセイ! 「何いってんだ、この、すっとこどっこい!」 あまりに身勝手過ぎる男に言い放つと、彼は泣き始めた――。 〈狼が羊の皮をかぶ...

  • 還暦着物日記 1400円
    作家 群ようこ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/03/19

    着物を愛して40年。 迫りくる地球温暖化、着物嫌いの愛猫、長すぎる袋帯......あらゆる困難を乗り越えて綴る、一年間の和装エッセイ。 「これでまた、安心な老後が遠のいていく......。 ...

  • 撫で肩ときどき怒り肩 499円
    作家 群ようこ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    この世で一番面白いことは日常にひそんでいる。読めば愛と勇気がわいてくる! 笑いがとまらない過激な辛口コラム64篇

講談社文庫関連作品

  • 紅顔 660円
    作家 井上祐美子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    明の裏切り者と歴史に書き残された呉三桂と傾国の美女・円円、二人の純愛と明末の激動を清新な筆致で描きあげる、中国歴史長編小説。

  • 特急「白山」悪女の毒 660円
    作家 峰隆一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    金沢駅で下車した男が急死。犯人を特定できぬまま「白山」では第2、第3の事件が。背後にちらつく3人の美女と殺意の闇に潜む宿命。

  • 幸せのものさし 660円
    作家 森本毅郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    人生の幸せは、素敵な人とのめぐり逢い。柔らかな、心優しい眼で見つめる、人間の旅エッセイ集。自分の幸せは自分のものさしで測る!

  • あなたの正しさと、ぼくのセツナさ 817円
    作家 三輪太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    ディーラーだった修一はカンボジアへと姿を消した。彼は何を求めて森に入ったのか? 私たちの正しさや生きる意味を問う挑戦的物語。

  • 犬はどこ? 734円
    作家 林丈二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    路上観察家として活躍する著者が40年間に出会った135匹の路地裏の犬たちを小気味よいエッセイと写真で一挙公開。路地裏の犬!

  • 原発労働記 713円
    作家 堀江邦夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/20

    美浜、福島第一、敦賀の3つの原子力発電所で、自ら下請けとなって働いた貴重な記録=『原発ジプシー』に加筆修正し、復刊した名著。

「歴史・戦記」カテゴリ