読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

MIT マサチューセッツ工科大学 音楽の授業 ~世界最高峰の「創造する力」の伸ばし方

MIT マサチューセッツ工科大学 音楽の授業 ~世界最高峰の「創造する力」の伸ばし方
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1980円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 360
販売開始日 2020/10/09
紙書籍版 取り扱い中

創造、多様性、情動、しくみ、読解、融合、コラボレーション...

音楽を学んでイノベーションが生まれる――ノーベル賞受賞者90名超。
世界を変える人材を続々輩出する名門校、マサチューセッツ工科大学(MIT)。

工科大学の名の通り、科学・テクノロジー・工学・数学、いわゆるSTEM
(Science, Technology, Engineering, and Mathematics)を
重視しているが、一方、人文学や芸術科目にも力を入れている。
中でも人気が高いのが、約4割の学生が履修する音楽科目。
現地での取材を通して、同校の授業を書籍化。
世界最高峰の「創造する力」の伸ばし方を明らかにしていく。

授業で使用されている曲をまとめたプレイリスト付。


■目次

●はじめに世界最高峰MITで音楽が学ばれる理由

●第1章 なぜ「科学」と「音楽」が共に学ばれているのか
人文学は、AIをどう捉えているのか
・「誰の」「何のために」をあらためて考える
・MIT音楽学科の歴史から創立当初から理論&実践を重視
・創立当初からのリベラルアーツ教育思想
・創立20年後に初の音楽グループ100年後に音楽学科が設立
・幅広い音楽の学び~音楽学科にある4つの領域
・毎年1500名が音楽科目覆修!~人文学・芸術科目は全体の4分の1
・芸術科目必修! 音楽の学びとは~音楽学科長キーリル・マカン先生
・コラム ダブルメジャー生の1日は? 音楽×専門分野で何を生み出したいか
・音楽と専門学科をどのように生かしている?
・どのように時間を使っているのか?
・作曲はいつするのか?

●第2章 人間を知る・感じる

●第3章 しくみを知る・創る

●第4章 新しい関わり方を探究する

●第5章 他者・他文化・他分野と融合する

●第6章 MITの教育から探る、未来を生きる世代に必要なこと

●第7章 「いま・ここ」と「はるか未来」を見据えて

●おわりに 音楽で身体と心を揺らし、新たな世界の扉を開く

■著者 菅野恵理子
音楽ジャーナリストとして海外での豊富な音楽教育取材・国際コンクール演奏評をもとに、
音楽で人を育て、社会を繋げることをテーマとして調査研究・執筆・講演などを行っている。
著書に『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる』『未来の人材は「音楽」で育てる』(共にアルテスパブリッシング)。
オンライン連載に『海外の音楽教育ライブリポート』(ピティナHP)などがある。
上智大学外国語学部卒業。在学中に英ランカスター大学へ交換留学し、社会学を学ぶ。
全日本ピアノ指導者協会研究会員。

あさ出版関連作品

「ロック・ポップス」カテゴリ