読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

東大理三に3男1女を合格させた母親が教える 東大に入るお金と時間の使い方

東大理三に3男1女を合格させた母親が教える 東大に入るお金と時間の使い方
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1386円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 240
販売開始日 2020/10/14
紙書籍版 取り扱い中

◎親の出費は二の次で、お金も時間も惜しまなかった

3男1女全員を国内最難関の東京大学理科三類に合格させた佐藤ママは、
0歳から18歳の大学入学まで限られた18年間を全力でサポートするため、
お金も時間も惜しまなかった。

長男を妊娠中、小学校全学年・全教科の教科書を買い込んで熟読。
子どもは全員、1歳前後から公文式に通わせると同時に、
3歳まで「絵本1万冊、童謡1万曲」を読み、歌い。

専用の本棚を手作りして本300冊をまとめ買い。
図書館も活用し、家族で出かけて一度に30冊以上借りていた。
そうやって毎日コツコツ読み聞かせ、歌い聴かせて、目標を達成した。

公文式だけでなく、スイミングやバイオリン、ピアノのお稽古にも通わせ、
習い事だけでも1人あたり月5~6万円かけていた。
小学生になると早々に中学受験塾へ通わせ、全員を中高一貫校に進学させた。

◎参考書は10冊買って9冊捨てる覚悟――そのムダが活きる

参考書を買うときも、いい参考書が10冊あったら、とりあえず10冊買う。
そのうち1冊しか使わなかったとしても、
10冊あったから1冊を選べたと思うようにしていた。
いいものは使ってみなくてはわからない。その点、選択肢は多いほうがいい。

◎親のお金と時間の使いかたで子どもの未来が決まる!

子どもの教育にお金を惜しまない一方、
ほとんどの時間を子どもの教育に割いていたため、
自分で髪を切っていたほど自分にはお金を使わなかった。

「すべては将来、わが子が自分でお金を稼いで、
自分の力でしっかり生活できる人間に育てるため」

そのためには、将来の選択肢を増やし、
子どもたちが好きな仕事を自由に選べるようにしてあげたかった。
幼い頃から芸術系・運動系・勉強系と3系統の習い事をさせてきたのも、
将来の選択肢を模索してのことだった。

3男1女全員を東大理三へ導いた佐藤ママの子育ては、
ものすごい説得力と学びに満ちている。

佐藤亮子関連作品

ダイヤモンド社関連作品

「子育て」カテゴリ