読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

地下世界をめぐる冒険――闇に隠された人類史

地下世界をめぐる冒険――闇に隠された人類史
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2420円(税込)
ポイント還元 24ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 296
販売開始日 2020/10/23
紙書籍版 取り扱い中

地下についてここまで現地調査を徹底的に行い、精神世界にまで深く踏み込んだ本は初めて読んだ。
地下世界は太古へつながる秘密のルートだったのか。
狂気にも似た、著者の執念に脱帽だ。
——ノンフィクション作家・高野秀行さん、推薦!

祖先たちがそうだったように、自分より偉大な何かに手を触れるため、秩序だった現実の向こう側にたどり着きたいという静かな欲望によって私たちは地下へ引き寄せられる......。

ニューヨークの地下鉄、パリの地下納骨堂、アボリジニの聖地、カッパドキアの地下都市、マヤ人洞窟など、世界中の「光なき世界」を渉猟し、人類の歴史と闇への畏怖に思いを馳せた比類なきノンフィクション。


【目次】
挨 拶 日本語版に寄せて
第1章 地下へ――隠されたニューヨーク
第2章 横断――パリの地下納骨堂
第3章 地球深部の微生物――NASAの野望
第4章 赤黄土を掘る鉱夫たち――アボリジニの聖域
第5章 穴を掘る人々――もぐら男とカッパドキア
第6章 迷う――方向感覚の喪失が生む力
第7章 ピレネー山脈の野牛像――旧石器時代のルネサンス
第8章 暗闇――「創世記」の闇と意識変容
第9章 儀式――雨を求め地下に下りたマヤ人

棚橋志行関連作品

亜紀書房関連作品

  • プロ野球 FA宣言の闇 1650円
    作家 中島大輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/11/20

    団野村氏、推薦! 「この本を読んだすべての選手たちに、自らの権利に目覚めてほしい」 制度施行から27年。 現実からの乖離が叫ばれる「FA制度」をどう改革すればいいのか......。 ——選手...

  • 鏡の中のアメリカ――分断社会に映る日本の自画像 1760円
    作家 先崎彰容
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/11/20

    本書の鏡に映っているのは、過去に膨大な書物のなかに見ていたアメリカであり、そのアメリカを通してみる日本の姿だ。 岩倉使節団の一員・久米邦武『米欧回覧実記』や、江藤淳『アメリカと私』を頼りに、サ...

  • 新編 志樹逸馬詩集 2530円
    作家 志樹逸馬 若松英輔
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/11/13

    曲った手で 水をすくう こぼれても こぼれても みたされる水の はげしさに いつも なみなみと 生命の水は手の中にある 指は曲っていても 天をさすには少しの不自由も感じない (「...

  • 「母と息子」の日本論 1870円
    作家 品田知美
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/11/13

    母は甘やかなのか、重たいのか? 成績がよいことですべてが免罪される男たち。それを支える母と息子。 その濃密な関係が日本社会の骨組みを作っている。 ——男性にとって女性は恐るべき母でしかない...

  • 猫には負ける 1650円
    作家 佐々木幹郎
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/11/06

    「窓から入っていいよ」 姓は「ツイラク」、名は「ミー」ちゃん。 半野良猫生活を送るメスの三毛猫との、 かけがえのない時間を日本を代表する詩人がつづる。 古今東西の「猫詩」も紹介。 臆病で、ど...

  • それでもあなたを「赦す」と言う——黒人差別が引き起こし... 2750円
    作家 ジェニファー・ベリー・ホーズ 仁木めぐみ
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2020/11/06

    【推薦!】 77発の銃弾が9人を殺戮。戦慄の果てに希望は見えるか。 ——保坂展人氏(『相模原事件とヘイトクライム』著者、世田谷区長) 家族を殺した男をあなたは赦せますか? ——高橋ユキ氏(『つ...

「文化人類学・民俗学入門」カテゴリ