読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

追悼奇譚 禊萩

追悼奇譚 禊萩
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 715円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2020/10/29
紙書籍版 取り扱い中

内容紹介
複数の書き手に自身の怪談を託してきた一人の女性がいる。
実話怪談の影の主役=体験者
伝説のネタ元と呼ばれた故R氏の形見怪談全35話収録!

実話怪談は話の提供者なくしては存在し得ない。いわば影の主役と言えよう。
その中でも伝説と言われた女性がいる。2015年に急逝したRさんその人である。
彼女の提供する話はどれも信憑性が高く、何よりハズレがない。つまり怖い。
自ら1冊書けるほどのネタを持ちながらも頑なに筆をとらず、信頼する複数の書き手に自身の体験を委ね、託してきた彼女の怪談を没後5年を機に1冊に纏めた。
生前発表の11作、没後発表の17作に加え、これまで未発表だった形見ネタの書き下ろし7話を追加した全35話。
怪と共に生きた一人の女性を極上の恐怖とともに知っていただければ幸いである。

加藤一関連作品

  • 恐怖箱 心霊外科 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/11/27

    内容紹介 半分死んでる。霊に精神を喰われて――(「なれはて」より) 精神と肉を蝕む怪。霊障による病気と怪我。 そして命の最後の砦、病院の怖い話! 実話怪談ハンターたちがあるテーマのもとに各々...

  • 恐怖箱 祟目百物語 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/07/29

    内容紹介 誰に会っても「ウメザワさんだろ?」と確認される(ウメザワさん) 「むかーしむかし...」夫の腹から聞こえる老婆の声(腹式) 新品のエアコンから異音。修理で開けると中から女の指が...(...

  • 恐怖箱 怪玩 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/06/27

    内容紹介 一家を崩壊させた魔の〈くまさん〉。 忌まわしき因縁は、母から子へ...。(「くまさんのぬいぐるみ」より) 懐かしきは、怖ろしき。玩具に纏わる実話怪談‼ 子供時代を共に過ごした玩具た...

  • 「忌」怖い話 小祥忌 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/05/28

    内容紹介 昭和40年代、高島平団地で起きた住民の連続死。 不吉な連鎖の原因はある障りに...(「団地」より) 祟る土地、居座る霊、戦慄の恐怖実話! 「超」怖い話4代目編著者、恐怖箱アンソロジ...

  • 「弩」怖い話ベストセレクション 薄葬 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/04/01

    内容紹介 その家は何かがおかしい...謎の箱、連鎖する死の結末は? 呪われた血族と家の間取り、 元祖・家系怪談の傑作がついに復活!!! 「超」怖い話四代目編著者・加藤一が2004年に始めた伝説...

  • 「超」怖い話 子 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/01/29

    内容紹介 父の自殺から始まる或る一家の数奇な運命。 因果の呪縛がジワジワと我々をも締め付ける戦慄の41話! 1991年より脈々と受け継がれてきた恐怖の系譜、「超」怖い話。 夏は十干シリーズ、冬...

竹書房怪談文庫関連作品

  • 闇塗怪談 断テナイ恐怖 715円
    作家 営業のK
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/12/28

    内容紹介 怪異は私の家の中まで入り込んでいる。 だからもう、深夜の執筆はできない... ~あとがきより にし茶屋街、山代温泉ほか、石川県の怖い話満載。 文庫書き下ろしだけの最恐譚! 断ち切れ...

  • 弔い怪談 葬歌 715円
    作家 しのはら史絵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/12/28

    内容紹介 あの子は大きすぎ 小さい子は物足りない 八つ裂きに〈手ごろ〉なのは... ある日とり憑かれた残虐衝動。 岡山の風習〈ホトホト〉、旧家の座敷牢 繋がる恐怖の因縁とは? 「ハリコサンとテ...

  • 恐怖箱 厭熟 715円
    作家 つくね乱蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/12/28

    内容紹介 三月六日 土曜日。 あの家が売れた...「不幸日記」より 住んではいけない家、六十六日間の観察記録! 熟成された呪情、災厄が手招く実話怪談! 家や土地の祟りから、悪行の報いとして...

  • 異界怪談 生闇 715円
    作家 黒史郎
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/12/28

    内容紹介 不安が脳髄に凝着する黒怪談! 人気実話シリーズ最新刊 「あのまま朝まで握られていたら、自分は死んでいたかもしれません」命を狙われる最凶の事故物件! 「問題のある物件」より ホラー作...

  • 怪談忌中録 煙仏 715円
    作家 下駄華緒
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/12/28

    内容紹介 〈怪談最恐位〉下駄華緒が鮮烈に怪談本デビュー! 1万人の遺体を見送った男が綴るリアルな恐怖体験談! 元火葬場・葬儀屋職員、おくりびとミュージシャン・下駄華緒が綴った、本当にあった怖い...

  • エモ怖 715円
    作家 松村進吉 丸山政也 鳴崎朝寝
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2020/11/27

    内容紹介 「言い知れない切なさ」 「甘さのにじむ寂しさ」 「後悔の残るしあわせ」 「幸福なあきらめ」 一筋縄ではゆかない感情があふれ出す、忘れがたい「記憶」という名の実話怪談。 生と死の交わる...

「日本」カテゴリ