読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

銀しゃり 新装版

銀しゃり 新装版
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1001円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 496
販売開始日 2020/11/06
紙書籍版 取り扱い中

鮨職人の心意気と江戸の人情、ここにあり!

天明から元号が寛政へと改元された一月下旬、鮨職人の新吉は、深川・亀久橋のたもとに「三ツ木鮨」の看板を掲げた。「吉野家」の親方から受け継いだのは、酢に砂糖を用いたほどよい甘さが人気の鮨だ。伝統の味を守るため、日々精進を重ねる新吉だったが、土地に馴染みのないこともあり開業早々から苦戦してしまう。さらに、公儀が武家の借金を棒引きにする「棄損令」を発布したことにより、江戸にはたちまち不景気風が吹き荒れだす。大きな痛手を負う新吉だが、ふとしたきっかけで旗本勘定方祐筆・小西秋之助と出会い、かきの皮を使った合わせ酢を教わる。それを活かそうと試行錯誤を重ねた新吉のかき鮨は、徐々に町方からの評判を生んでいく。「棄損令」に思い悩んでいた秋之助も、新吉の商いが軌道にのることで世のために役に立つことができたと喜びを噛みしめていった。生きる世界が違えども、互いの生き様を通して信頼し合っていく新吉と秋之助。そこには男たちの仕事にかける熱い心意気があった。職人の誇りをかけ日々奮闘する新吉と、長屋に暮らす仲間たちとが織りなす感涙の人情時代小説。解説は末國善巳氏。

※この作品は文庫版『銀しゃり』として配信されていた作品の新装版です。

山本一力関連作品

  • 損料屋喜八郎始末控え (1~4巻) 550円740円
    作家 山本一力
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    上司の不始末の責めを負って刀を捨てた喜八郎。損料屋に身をやつし、巨利を貪る札差を敵に回して丁々発止の頭脳戦!

  • ずんずん! 880円
    作家 山本一力
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/09/24

    毎日、コツコツ。宅配だから出会える笑顔がある――どんな日もお客様に牛乳を届けてきた纒ミルク浜町店。若き四代目・亮介は、ベテラン配達員・田代らとともに宅配に勤しむ中、デザイン会社で活躍する玉枝と出...

  • サンライズ・サンセット 693円
    作家 山本一力
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/02/21

    亡き夫との思い出の地、ニューヨークで白タクに乗った田舎者の老女に、運転手は高値を吹っかけようとするが/「ホワイト・キャブ」。街なかで拾ったカモを池に戻すため、少年たちが小さな冒険に出発する/「C...

  • たすけ鍼 (1~2巻) 440円770円
    作家 山本一力
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2020/01/31

    市井の人々を癒し、人助けや世直しに奔走する鍼灸師・染谷の日々を描く。胸のすくような長篇時代小説。

  • 後家殺し 1485円
    作家 山本一力
    出版社 小学館
    販売開始日 2019/11/27

    直木賞作家が落語演題を大胆な解釈で小説化。

  • 峠越え 680円
    作家 山本一力
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2019/11/01

    女衒の新三郎と壷振りおりゅうが人生のやり直しを賭け、乾坤一擲の大勝負に出るが......。男女の機微が胸に迫る著者会心の傑作時代小説。

小学館文庫関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ