読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

死ぬまで上機嫌。

死ぬまで上機嫌。
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1287円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 232
販売開始日 2020/11/18
紙書籍版 取り扱い中

◎老人の上機嫌ほど美しいものはない。

日本を支えてきた団塊の世代も、今や70代。
まだ先は長いとはいえ、
「死」が頭をよぎるのも、また現実。
さて、いかにして人生をまっとうするか。
どんな肩書きも外して、
「死ぬまで上機嫌。」がいちばんいい。

◎その日まで、いつもニコニコ、従わず

人生は考え方次第。
苦労の多い人生だったとしても、
「まあ、これでいいか」と思えれば、万事解決。
終わりよければすべてよし、です。

◎人は人、自分は自分でいいじゃない。

「残された時間で自分に何ができるか」
「誰とどのように暮らすのが本当の幸せなのか」
「どこでどういう状態で最期を迎えるのか」

そういった問題に向き合い、一つひとつ納得できる答えを見つけていく時期。

新型コロナウイルスの感染拡大を経験するなど、
「いつ死んでもおかしくない」という状況を目の当たりにしている。
ただ、いつ死ぬかわからないからといって、怯えてばかりいても仕方がない。

自分にとって理想の死に方を考えることは大事だが、
思ったとおりにならないのも、また人生。
望んでいたのとは違う事態に直面することも、きっとあるはず。

どんな状況を目の当たりにしても
「まあ、これでいい」「こういうこともあるだろう」
と鷹揚に受け入れられる自分でいたい。
そして、死ぬまで上機嫌でいたい。

「そのとき」が来るまで、存分に人生をまっとうするヒントが満載。

◎どんなことに直面しても現実をありのままに受け入れる
――それがストレスをためない上機嫌な生き方。

弘兼憲史関連作品

ダイヤモンド社関連作品

「自己啓発」カテゴリ