読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

悪魔を殺した男

悪魔を殺した男
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 432
販売開始日 2020/11/25
紙書籍版 取り扱い中

悪魔の象徴「逆さ五芒星」連続殺人事件の犯人はひとり白い密室にいた。孤独な病棟にたたずむ「悪魔」はなにを黙考するのか? 嫉妬、陰謀、欲望、快楽・・・業に塗れた人間が引き起こす事件は、新たな事件を呼び、世界は騒然とする。視えなくてもよいものが視えてしまう「悪魔」を、もうひとりの凶悪な「悪魔」が追い詰める。捜査一課に抜擢された臨床心理士・志津香の奮闘も手に汗を握る。待望の「悪魔と呼ばれた男」シリーズ最新刊。神永学の神業が再び炸裂するサスペンス・ミステリー!


神永学が作家生活十五年の集大成として完成させた『悪魔と呼ばれた男』の衝撃を経験してもなお、続編『悪魔を殺した男』を読み終えたいま、こういわずにはいられない。前作は、この作品のための前奏に過ぎなかったのか? と......。「悪魔」と畏怖される男の、四人の人間を殺したうえ、その身体に悪魔の紋様〈逆さ五芒星〉を刻んだ惨たらしい犯行に秘められた真実。そしてある能力の存在が波紋となって広がり、物語はスリリングに激しく波立ちながら、終始読み手を翻弄し続ける。「悪魔」の手口を真似、死体に〈逆さ五芒星〉を刻むのは何者なのか? 警察組織のなかで繰り広げられる暗闘の行方は? クライマックスでの、まさかの展開の果てに立ち上がるタイトルの意味がわかったとき、神永学が「最新作が最高傑作の作家」であることを改めて痛感することだろう。―宇田川拓也(ときわ書房本店・「このミステリーがすごい!」選考委員)

神永学関連作品

  • 悪魔と呼ばれた男 968円
    作家 神永学
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/11/13

    神永学が送る新たなヒーローは、この男だ――!

  • ガラスの城壁 1324円
    作家 神永学
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/06/27

    「我が王国を取り戻すために――」 友との誓いを胸に、少年はいま立ちあがる。 中学二年生の悠馬(ゆうま)は、父がネット犯罪に巻き込まれて逮捕されたことがきっかけで、いじめられるようになった。 父...

講談社関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    蛇淫の殺意 682円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/01/22

    私立探偵・秋津慎平への今回の依頼人は、人気女優の伊吹杏子。盗まれた前衛美術家の作品を元の美術館に戻してほしいという仕事だった。たいして難しいことではないと思ったが、美術品を戻した後すぐに男たちに...

  • 新着!
    エゴに捧げるトリック 1012円
    作家 矢庭 優日
    出版社 早川書房
    レーベル ハヤカワ文庫JA
    販売開始日 2021/01/21

    謎の生物EGOの侵攻に唯一対抗できる催眠術士。その養成機関で起きた殺人の罪を着せられた吾妻福太郎は、級友と共に黒幕を追う

  • 新着!
    ヴェルサイユ宮の聖殺人 1980円
    作家 宮園 ありあ
    出版社 早川書房
    販売開始日 2021/01/21

    戦場帰りの青年士官とマリー=アントワネットの総女官長が挑む、神すらあざむく殺人劇の謎――第10回アガサ・クリスティー賞優秀賞受賞作品

  • 新着!
    死香探偵 (1~4巻) 704円
    作家 喜多喜久
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/01/20

    分析オタクのイケメン准教授×死の香りをかぎ分ける青年が、不審死事件を《嗅ぎ》解く!「キュリー」著者の最新作!

  • 新着!
    星空にパレット 850円
    作家 安萬純一
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2021/01/20

    学園ミステリ、嵐の山荘もの、犯人当て、医療ミステリ、とミステリの粋を集めた四編収録。異色の鮎川賞作家・安萬純一が贈る、ミステリ短編集。

  • 新着!
    オッドアイ (1~6巻) 704円880円
    作家 渡辺裕之
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/01/20

    元空挺団出身の刑事が連続殺人鬼と対決する。「傭兵代理店」の渡辺裕之が描く、新時代の警察小説。

  • 新着!
    鬼哭の銃弾 1760円
    作家 深町秋生
    出版社 双葉社
    販売開始日 2021/01/20

    警視庁捜査一課の刑事・日向は多摩川河川敷で起きた発砲事件の捜査を命じられる。使用された拳銃の線条痕が、22年前の「スーパーいちまつ強盗殺人事件」で使用された拳銃と一致。家庭を崩壊させた鬼刑事の父...

  • 新着!
    ジウ 770円
    作家 誉田哲也
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/01/20

    〈ジウ〉サーガ、ここに開幕――。人質籠城事件発生! 門倉美咲、伊崎基子両巡査が所属する警視庁捜査一課特殊犯捜査係も出動する。だが事件は......!?

  • チェーン・ポイズン <新装版> 924円
    作家 本多孝好
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/15

    「その自殺、一年待ちませんか?」それなりの人生、はつまらないのか。生きる意味を問いかける、著者新境地のどんでん返しミステリー

  • 三鷹台おでん屋心霊相談所 792円
    作家 木間のどか
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル ハルキ文庫
    販売開始日 2021/01/15

    霊が「見える」けれど、その存在を否定したい天哉。霊は「見えない」けれど、信じている陽太(ただし霊がいると無自覚にくしゃみが出る)。幼馴染だが正反対の二人が立ち上げたのは、怪奇現象を科学的に解明す...

  • 溝猫長屋 祠之怪 (1~5巻) 704円726円
    作家 輪渡颯介
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/15

    溝猫長屋には年長になると毎朝、お多恵の祠をお参りするしきたりがある。幽霊を引き寄せる力を得た忠次たち四人はどうなる!?

  • 誰彼 新装版 1012円
    作家 法月綸太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/15

    謎の人物から死の予告状を届けられた教祖が予告通りに地上80メートルにある密室から消えた。怪事件の真相が解けたときの驚愕とは?