読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

富栄養化海域における水生生物の環境病理学 過酸化脂質含有懸濁物質の病害作用

富栄養化海域における水生生物の環境病理学 過酸化脂質含有懸濁物質の病害作用
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 3168円(税込)
ポイント還元 31ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/11/27

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本書は、1990年代初頭から二十数年間にわたって行われた、貝類の大量死を中心とする水生生物の病理研究をまとめた書籍です。実験・観察に伴い撮影された貴重な写真を約450点掲載しています。
水生生物の大量死は、生物学的側面から社会情勢まで実に多くのことを物語りますが、巨視的に見れば、富栄養化による海の生態系の崩壊という大きな流れの中で起きていることは確かです。本書では、著者自身による長年のフィールドワークから得られた知見に基づき、富栄養化海域における水生生物の病理研究に新しい理論的枠組を提示します。
自然との共生が強く求められる今、改めて身近な海のあるべき姿を考えるための一つの手がかりを示す一冊です。

近代科学社Digital関連作品

「生物学」カテゴリ