読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

オスカー・ワイルド書簡集 新編 獄中記 悲哀の道化師の物語

オスカー・ワイルド書簡集 新編 獄中記 悲哀の道化師の物語
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 3850円(税込)
ポイント還元 38ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 480
販売開始日 2020/11/30
紙書籍版 取り扱い中

没後120年。スキャンダルを経てなおキザを貫いた世紀末の鬼才、その大きすぎた代償とは――。
近年刊行された『オスカー・ワイルド全書簡』をもとに、ワイルドが投獄されるきっかけとなった事件の発端から、同性愛裁判、獄中の真実、そして出獄後の放浪、死までを、訳者の詳細な解説と註とともに、一篇の小説のように再構成する。
恋人との愛憎・確執、事件の顛末などが明らかになることにより、独自の芸術論、迫真のキリスト論と人間的な弱さが一体となった「悲哀の道化師」ワイルドのほんとうの姿が浮かび上がる。

目次より
前説――ワイルドの前半生と
事件に至るまでのあらまし
第一章 三度の裁判
第二章 深き淵より
第三章 新たな牢獄
終章 ワイルドの亡霊

オスカー・ワイルド関連作品

中央公論新社関連作品

  • 新着!
    疼くひと 1760円
    作家 松井久子
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    脚本家・唐沢燿子は古稀をむかえ、日に日に「老い」を感じていた。しかしSNSで年下の男と出会い、生活が一変する。70歳から始まった、身も心も溺れた恋の行方は......。大人の恋愛小説。

  • 新着!
    168時間の奇跡 1870円
    作家 新堂冬樹
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    保護犬施設「ワン子の園」には心身傷ついた犬たちと様々な里親希望者が訪れる。虐待、飼育放棄、遺棄、殺処分――犬と人間との共生が抱える闇と光を描く、動物愛溢れる感動長編小説

  • 新着!
    新版 ティーンズ・ボディーブック 1320円
    作家 北村邦夫
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    大切なからだの成長、セックスや妊娠、感染症の本当のこと。長年婦人科医として思春期の若者や女性の悩みと向き合ってきた著者が発信する、正しい知識と応援メッセージが詰まった1冊

  • 新着!
    血の代償 オッドアイ 1980円
    作家 渡辺裕之
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    深夜の横須賀どぶ板通り。米兵が複数箇所刺され、死亡した。「日米地位協定」によって捜査権は米軍側にあるが、危機感を募らせる神奈川県警に協力すべく〝特別強行捜査局〟の朝倉たちが捜査に向かう。目撃者を...

  • 新着!
    もはや僕は人間じゃない 1210円
    作家 爪切男
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    手痛い失恋、家族との確執、そして自らに起きた性の揺らぎを抱えながら、人生の暗黒期を過ごしていた著者。孤独の中から救い出してくれたのは、パチンコ中毒のお坊さんと、「トリケラ」という源氏名のオカマバ...

  • 新着!
    代理母、はじめました 1760円
    作家 垣谷美雨
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/02/24

    もう“タブー”だなんて言ってられない! 不妊、高齢、独身、ゲイ―― 「子を抱きたい」人々と女たちが手をつなぐ出産革命小説 〈独身のまま子供が欲しい〉〈もう不妊治療をやめたい〉 〈五十を過ぎたら...

「海外」カテゴリ