読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

メディアの闇 「安倍官邸 VS.NHK」森友取材全真相

メディアの闇 「安倍官邸 VS.NHK」森友取材全真相
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 950円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 400
販売開始日 2021/01/04
紙書籍版 取り扱い中

なぜ放送されないんだ!

エース記者はなぜNHKをやめたのか。
官邸からの圧力、巨大組織内で上層部から歪められる報道‐‐
スクープの裏側を「忖度なし」に書き尽くす。

社会に衝撃を与えた『安部官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』を改題し、大幅加筆。
「文庫化にあたって 『この本には虚偽がある』は虚偽である」をはじめ、単行本刊行後の怒濤の展開も描いた決定版。

著者は「森友事件」の発覚当初から事件を追い続けたNHK大阪放送局の司法担当キャップだった。
次々に特ダネをつかむも、書いた原稿は「安倍官邸とのつながり」を薄めるように書き換えられていく。
NHKでも検察でも東京vs.大阪のせめぎ合いが続く中、ついに著者は記者職からの異動を命じられた。
記者であり続けるために職を辞した著者が、事件の核心、取材の裏側、そして歪められる報道の現在を赤裸々に明かす、渾身のノンフィクション。

この話には続きがある。
「この単行本が出来上がろうかというタイミングで赤木雅子さんに初めて会えた。
その後、劇的な展開を見せて、週刊文春での赤木俊夫さんの遺書全文公開、国と佐川氏の提訴に至った。
森友国有地値引きも公文書改ざんも何一つ古びていないし終わってもいない」(「文庫化にあたって『この本には虚偽がある』は虚偽である」より)

今、メディア不信は最高潮に達している。
権力に牙を抜かれ、批判能力を失う一方で、現場の最前線には、真実を伝えるために日夜格闘する記者たちがいる。
すべてはここから始まった――。
メディア、公正な報道が危機に瀕する現代、必読の書。

解説:田村秀男(産経新聞特別編集委員)

※この電子書籍は2018年12月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

相澤冬樹関連作品

文春文庫関連作品

  • 任務の終わり (1~2巻) 950円1001円
    作家 スティーヴン・キング 白石朗
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/02/09

    ミステリーとホラーを最高レベルで融合させた、巨匠渾身の三部作・完結編! あいつの悪意がふたたび動き出す――。 相棒のホリーとともに探偵社を営むホッジスのもとに、現役時代にコンビを組んでいたハ...

  • トコとミコ 801円
    作家 山口恵以子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/02/09

    6歳から96歳まで、歴史に翻弄された二人のヒロイン。 伯爵家の令嬢・燈子と、遊び相手に選ばれた使用人の娘、美桜子。 ふたりはトコとミコと呼び合い、友情を育みながら、大人への階段を上っていく。 ...

  • 愛のかたち 711円
    作家 岸惠子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/02/09

    親子の葛藤、女の友情、そして運命の出逢い。5人の男女のさまざまな愛のかたちを、パリと京都を舞台に描き出す大河恋愛小説です。 表題作「愛のかたち」に加え、「南の島から来た男」を収録。いずれも、悲痛...

  • 敗れざる者たち 770円
    作家 沢木耕太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/02/09

    勝負の世界に青春を賭け、燃え尽きていった者たちのロマンを描く、 スポーツノンフィクションの名作が、待望の新装版に! 燃え尽きたいと望み続けついに叶わなかったボクサー、 栄光の背番号3によって消...

  • 灼熱起業 880円
    作家 高杉良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/02/09

    サラリーマンで終わるつもりはない! 見果てぬ夢を追う男の物語。 放送局のエース営業マン・武田光司は、周囲の反対を押し切って退職、自転車の輸入販売を始めた。 商習慣の違いで失敗し、信頼する部下...

  • 想い人 あくじゃれ瓢六捕物帖 770円
    作家 諸田玲子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/02/09

    恋女房のお袖が江戸の大火で行方不明になって八年が経った。 いまだお袖の生存を信じる色男の瓢六の許に、今日もまた厄介事が持ち込まれる。 居候先のお殿様の心中事件に、姿をくらました琉球王家のお姫様捜...

「選書・双書シリーズ」カテゴリ