読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

祇園「よし屋」の女医者

祇園「よし屋」の女医者
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 825円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2021/01/04
紙書籍版 取り扱い中

文化5年京都祇園、お茶屋の娘が病を治す!

「うち、先生のお手伝いをしとおす。人助けのために生きとおす」

現役の精神科医である著者による、さわやかな医療時代小説!

文化5年(1808)、京都は祇園末吉町で50年以上続くお茶屋「よし屋」の一人娘・月江は、舞妓として日々芸事の修業に勤しんでいた。
この年16歳を迎える月江は、母親の跡を継いで「よし屋」の女将になることを望まれていたが、新年早々、常連である御幸町の医師・小島源斎がよし屋を訪れ、月江を預かって女医者にしたいと申し出る。
源斎の言いように最初は腹を立てた母親だったが、月江の思いを汲んで、源斎の手伝いを許してくれる。
月江は当初、能筆であること、書物に通じていることから医学書の筆写を任された。だが、やがて癲狂を患う生糸問屋の娘・小雪の治療を手伝うことになって....。

医師らしい江戸時代の医療の知識のほか、当時の祇園花街の風俗が丹念に描き込まれた、読後さわやかなエンターテインメント時代小説。

『釣りバカ日誌』原作・やまさき十三氏、推薦!
「今世紀精神医学界の巨星アンリ・エーの翻訳家でもある異才が、古都を舞台に小説(フィクション)を書いた。」

小学館文庫関連作品

小学館関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ

  • 新着!
    利休の死 戦国時代小説集 946円
    作家 井上靖
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/26

    天正十年(一五八二)、武田が滅び、信長は本能寺で倒れ、それに代わった光秀が討たれ、天下は秀吉の手中へと動き出す――。桶狭間の戦い(一五六〇)から天目山の戦い、利休の死(九一)まで戦国乱世の三十年...

  • 奇貨居くべし 4334円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/02/25

    激動の時代にあって、民意を反映するような王朝をめざし、奔走する呂不韋。一商人から大国・秦の宰相にまでのぼりつめた呂不韋の生涯を描く歴史大作。

  • いわいごと 1400円
    作家 畠中恵
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/02/25

    麻之助、ついに後妻をとる――!? 江戸町名主の跡取り息子・高橋麻之助のもとに縁談が三つも!だが、どの縁談も妙なところがあるようで......。果たして縁談の行方は!?

  • 秀吉私記 660円
    作家 津本陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/02/19

    天下人、秀吉の魅力に迫る! 巧みな人心掌握術、強運のつかみ方、勝つ男の器量を問う必携の書。日本一の出世男とは? 歴史人物論。

  • 猫まくら 眠り医者ぐっすり庵 770円
    作家 泉ゆたか
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2021/02/19

    心と体がほっこりする養生所、始めました! (眠り猫もいるよ!) 明日のために眠りませう―― 江戸っ子のお悩み承ります! 茶問屋の娘として育った藍は、両親を相次いで亡くし、不安で眠れぬ日々が続...

  • 走れ、若き五右衛門 2134円
    作家 小嵐九八郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2021/02/18

    釜茹でで有名な石川五右衛門。だが大盗賊を率いるまでの足跡はあまり知られていない。その若き悪人の青春を描くピカレスクロマン!

  • 新・剣客太平記 (1~2巻) 660円
    作家 岡本さとる
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル 時代小説文庫
    販売開始日 2021/02/15

    直心影流の継承者を決める大仕合から四年。三田に剣術道場を構える峡竜蔵は幼馴染である綾を妻に迎え、その翌年には長男・鹿之助を授かっていた。順調に門弟も増え、賑わいを見せる峡道場。そんなある日、綾は...

  • 榊原康政 850円
    作家 菊池道人
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2021/02/12

    「およそ康政が向かう所、打ち破らずという事なし」。徳川四天王の一人に数えられる知勇兼備の名将の、さわやかな生涯を描く長編小説。

  • 楠木正成 510円
    作家 土橋治重
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2021/02/12

    南北朝期の知将・楠木正成。常に「誠実」を旨とした生き様、忠義の心、そして肉親や家臣への慈しみ溢れる正成の実像に迫る、著者渾身の歴史小説。

  • 漂流、諸国廻り 幻の船を追え 770円
    作家 倉阪鬼一郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/02/10

    各地で起こる異変や悪事に対応するため、将軍家斉に諸国悪党取締出役を任ぜられた飛川角之進。 じつは彼は将軍の御落胤。 「能登の沖に暗雲あり」との託宣が出たと、幕府の影御用を務める宮司の大鳥居大乗か...

  • 六莫迦記 穀潰しの旅がらす 968円
    作家 新美 健
    出版社 早川書房
    レーベル ハヤカワ文庫JA
    販売開始日 2021/02/10

    『東海道中膝栗毛』を気取って旅に出た葛木家の六ツ子たちは、謎の追手に追われる二人の美少年を助けたことで陰謀に巻き込まれ......

  • 早耳屋お花事件帳 見習い泥棒犬 858円
    作家 松本 匡代
    出版社 早川書房
    レーベル ハヤカワ文庫JA
    販売開始日 2021/02/10

    黒船騒ぎに大地震、騒動絶えない江戸の町。神田明神近くにある瓦版屋〈早耳屋〉の娘・お花が見聞きする、耳寄りネタの真相とは!?