読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

この世を生きる「あの世」の教え(きずな出版) 与えられた命をどう使うか

この世を生きる「あの世」の教え(きずな出版) 与えられた命をどう使うか
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1300円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 176
販売開始日 2021/01/08
紙書籍版 取り扱い中

今だからこそ必要な「命」の話 「人生は一瞬であり、霊魂は永遠です。それをどう全うするかが、この魂と肉体を与えられた理由ではないでしょうか」――「第四章 魂と肉体の関係」より 命のあり方を考える機会が増えた現在。暗い世相の影響で、うつむきがちな人も多いかもしれません。そんな今だからこそ必要な「命」の話とは? 「生きることと死ぬこと」「死後の世界」について、東大医学部の名誉教授が語ります。 ・医療ではどうにもならないことがある ・あの世はここに存在している ・魂の時間と肉体の時間は同じではない ・死は、その人の終わりではない......ほか ※この本は『魂と肉体のゆくえ』(きずな出版)を再編集・加筆したものです。

矢作直樹関連作品

きずな出版関連作品

「精神世界」カテゴリ