読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ひび割れた日常――人類学・文学・美学から考える

ひび割れた日常――人類学・文学・美学から考える
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2021/01/15
紙書籍版 取り扱い中

未曾有の危機を前にして、私たちは「何を考えればよいのか」を見失ってしまった——。

「人間の想像力の果て」からやってきたウイルスによって、我々の日常に無数のひびが走った。
消せない不安と変化を余儀なくされた日々の営みを前に、思考の足場をどこに築けば良いのか。

生命、自然、生と死、共生と敵対。
いま浮上する課題をめぐって、三人の異才がアイディアを持ち寄り、変奏し、問いを深めていくリレーエッセイ。


【目次】
I
・はじめに——禍の街から、生命と自然のゆくえを見つめる
・ウイルスは我々に何を伝えに来たのか
・植物の時間
・足し算的時間と合理のひび割れ
・元の日常という脅威
・人間の体と植物の体
・〈凝固した日常〉を突き刺すもの
・被造物の底
・体を失う日
・「いる」の喪失とは何か?
・死の無力さと分身の持つ力
・コロナさん
・ようこそコロナちゃん
・聖なるもの
・垂直の家族、水平の家族
・コロナとはうまくやっていけるかもしれないが、人間同士ではそうではないのかもしれない
・ヒトと人
・グラブとアンパン
・アニミズム思考のほうへ
・二つの小説
・意味の非人間性
・覚知される世界、コロナの迷い
・堆肥男
・胎盤とバースデーケーキ
II リレーエッセイを終えて
・生の全体性を取り戻す
・帯状疱疹ウイルスと私
・想像力の果てからやってきた使者
ひび割れた日常を生きるためのブックガイド

伊藤亜紗関連作品

奥野克巳関連作品

吉村萬壱関連作品

  • 回遊人 759円
    作家 吉村萬壱
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/01/10

    平凡な暮らしとはいえ、幸せな家庭を築いた男。 しかし、妻子とのやり取りに行き詰まりを感じて出奔してしまう。 たどり着いたドヤ街で小さな白い錠剤を見つけた男は、遺書を書き、それを飲む。 ネタになる...

  • クチュクチュバーン 550円
    作家 吉村萬壱
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/26

    ある日突然、世界のすべてが変わる。 蜘蛛女、巨女、シマウマ男に犬人間......地球規模で新たな「進化」が始まる。 小説界を震撼させた、芥川賞作家の驚異のデビュー作。 解説・椹木野衣

  • ヤイトスエッド 693円
    作家 吉村萬壱
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/05/02

    作中登場する坂下宙ぅ吉の「三つ編み腋毛」を新たに収録した全七篇。淫靡な芳香を放つ狂気を描く、幻の短編集が待望の文庫化!

  • ボラード病 570円
    作家 吉村萬壱
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/02/24

    日本中を震撼させた傑作がついに文庫化! B県海塚市は、過去の厄災から蘇りつつある復興の町。 皆が心を一つに強く結び合って「海塚讃歌」を歌い、新鮮な地元の魚や野菜を食べ、 港の清掃活動に励み、同...

  • 流しの下のうーちゃん 1019円
    作家 吉村萬壱
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2016/11/04

    芥川賞作家が漫画家になった! 27年間続けた教員を辞めた。 これで小説を書く時間はたっぷりできたはずなのに、 惰眠を貪るばかりで、執筆は一向に進まない。 書けない日常から、思考はいつしか逃避を...

  • 臣女(おみおんな) 715円
    作家 吉村萬壱
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2016/09/02

    夫の浮気を知った妻は身体が巨大化していった。絶望感と罪悪感に苛まれながら、妻を介護する夫。恋愛小説に風穴を空ける作品との評を得、満票にて第22回島清恋愛文学賞を受賞した怪作!