読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

牧野守 在野の映画学 戦時下・戦後映画人との対話

牧野守 在野の映画学 戦時下・戦後映画人との対話
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 6300円(税込)
ポイント還元 63ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2021/01/19
紙書籍版 取り扱い中

凛とした在野学

牧野守 ――映画史家。1930年樺太生まれ。ドキュメンタリー制作者として活動する傍ら、戦前の「キネマ旬報」をはじめとする映画資料を膨大に収集し、後にコロンビア大学に所蔵される「マキノコレクション」を形成した。日本映画研究の基盤となる資料群を次々に復刻版で公開しながら、在野の文献史学の立場で映画検閲・記録映画・映画理論の研究を発表。加えて『鉄腕アトム』幻のシナリオを執筆するなど、その足跡は多方面に及ぶ。

序論 牧野守の資料論―収集・研究・育成をめぐって

第一章 亀井文夫

第二章 厚木たか

第三章 三木茂

第四章 大村英之助

第五章 江藤文夫

第六章 波多野完治

第七章 岸富美子

第八章 伊藤武郎・能登節雄

大塚英志関連作品

太田出版関連作品

「総合」カテゴリ