読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

サッカープレーモデルの教科書

サッカープレーモデルの教科書
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1881円(税込)
ポイント還元 18ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2021/01/22
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

近年サッカー界で話題の「プレーモデル」という言葉。
欧州のクラブで、プレーモデルは当たり前のように取り入れられているが、
日本ではプロクラブですらプレーモデルという文化が定着しているとは言えない。

本書では、グラスルーツの指導者にもプレーモデルの概念を理解できるような、まさに教科書です。

【目次】
はじめに
第1章 なぜプレーモデルが必要なのか?
・プレーモデルとは何か。なぜ必要なのか?
・日本に足りないのは“自国のプレーモデル"
・「プレーモデル=型にはめる事」?
・育成面でのプレーモデル『時代遅れの選手を育成しないために』
・プレーモデルの持つ効果とは?
・プレーモデルの出発点は現代サッカーを知ること
・現代サッカーのモデルとなるチームは
・現代サッカーの各構成要素について考える
・現代モデルの選手とは何か?
・選手育成における成功の3要素とは?
・いかに選手の能力を見極めて発掘するか

第2章 プロクラブのプレーモデル構築法
・欧州クラブチームのトレーニングを視察して
・ハイインテンシティのトレーニング
・ダイナミックテクニック・トレーニング
・発見・誘導型のトレーニング
・欧州クラブチームのトレーニングからプレーモデルを読み解く
・ホッヘンハイムのトレーニング例

第3章 実際のプレーモデル構築法
・プレーモデルに従ったチーム作りとは
・プレーモデルに影響を与えるものとは?
・現代サッカーの特徴とトレンドを考慮する
・シーズン途中に監督に就任した場合に、プレーモデルをどう作っていくか?
・プレー原則をつくるには?
・プレー原則の持つ効果
・プレー原則を身につけるためには
・プレーモデルに従ったトレーニングは今までの古典的なトレーニングとは何が違うのか?
・トレーニングを継ぎ接ぎにしない
・シュートチャンスの作り方における意外性と驚き与えるプレー原則の例とトレーニングメソッド
・プレー原則を身につけるために有効な「発見誘導型トレーニング」
・トレーニングの原則
・集団としての意外性を発揮するために
・メソッド以上に大切なこと
・日本人はなぜ1対1に弱いと言われるのか
・「完璧主義」の幻想
・九州産業大学プレーモデルとトレーニングについて
・ミクロサイクル(週間トレーニング)の考え方
・曜日ごとのトレーニング内容【動画あり】

第4章 ダイナミックテクニックとは?
・ダイナミックテクニックを知る
・ダイナミックテクニックはなぜ必要なのか?
・プレー原則とダイナミックテクニックの結びつき
・ディテールをどう分析しトレーニングしていくか? 日本に足りない論理的な技術指導
・指導の中でのディテールとは?
・ダイナミックテクニックのトレーニングデザイン
・ダイナミックテクニック1~9 【トレーニング動画あり】

第5章 プレーモデル作成問答
おわりに

カンゼン関連作品

「サッカー」カテゴリ