読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

台湾の秘湯迷走旅

台湾の秘湯迷走旅
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 858円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2021/01/22
紙書籍版 取り扱い中

温泉大国の台湾。日本人観光客にも人気が高い有名温泉のほか、地元の人でにぎわうローカル温泉、河原の野渓温泉、冷泉など種類も豊か。さらに超のつくような秘湯が谷底や山奥に隠れるようにある。著者は、水先案内人である台湾在住の温泉通と、日本から同行したカメラマンとともに、車で超秘湯をめざすことに。ところがそれは想像以上に過酷な温泉旅だった......。台湾の秘湯を巡る男三人の迷走旅、果たしてどうなるのか。体験紀行とともに、温泉案内「台湾百迷湯」収録。

下川裕治関連作品

中田浩資関連作品

  • 週末アジアでちょっと幸せ 506円
    作家 下川裕治 中田浩資
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2016/03/04

    仕事に疲れたら、週末アジアに行ってみよう。チャオプラヤー川の源流を辿ってみたり、マラッカ海峡で夕日を見ながらビールを飲んだり、台湾の秘湯で湯けむり天国、アジアのユルイ空気に身を委ねるのも良い。ベ...

  • 一両列車のゆるり旅 616円
    作家 下川裕治 中田浩資
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/08/18

    夏の北アルプス、吹雪の日本海、里山の無人駅――超ローカル線の車窓をぼーっと眺め、昭和の名残漂う駅前旅館に泊まる旅。JR地方交通線「身延線・大糸線」「水郡線・只見線」「日田彦山線・久大本線・豊肥本...

  • 不思議列車がアジアを走る 605円
    作家 下川裕治 中田浩資
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2014/05/23

    日本の中古列車が走るジャカルタ、真冬のシルクロード南疆鉄道、窓ガラスのない木造車両のヤンゴン環状線、レトロな味わいの台湾ローカル列車、タイからラオスに向かうゆるい国際列車、日本からすぐ行ける韓国...

双葉文庫関連作品

  • 15分のお江戸コメディ ことわざ時代劇 627円
    作家 瀬尾英男
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/04/15

    「それを悪女の深情けだと、あなたお笑いになりますか」(第一話)。「袖振り合うも多生の縁と言う通り、わたくしもおせんとの浅からぬ縁は感じています。ですがそれを取り持つものが、狸の妄念であるかもしれ...

  • できそこないの世界でおれたちは 737円
    作家 桜井鈴茂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/04/15

    かつてパンク歌手だった吉永シロウは、下請けコピーライターとして働き息子の養育費の支払いに四苦八苦する40代。若き時分に追い求めた自由に復讐されるような日々の中、昔のバンド仲間で今や売れっ子になっ...

  • 踊る彼女のシルエット 693円
    作家 柚木麻子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/04/15

    義母が営む喫茶店を手伝う佐知子と芸能事務所でマネージャーをする実花。出会ってから十六年。趣味にも仕事にも情熱的な実花は、佐知子の自慢の親友だった。だが、実花が生み育てたアイドルグループが恋愛スキ...

  • 暗色コメディ 935円
    作家 連城三紀彦
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/04/15

    もう一人の自分を目撃したという人妻。“消失狂”の画家。「あんたは一週間前に事故で死んだ」と妻に言われる葬儀屋。妻が別人にすり替わっていると訴える外科医。四人を襲う四つの狂気の迷宮の先には、ある精...

  • 蜜命係長と島のオンナたち 759円
    作家 霧原一輝
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/04/15

    建設会社で窓際に追いやられてヒマな寺脇富士夫に「蜜」命が下された。80歳の会長が佐渡島で15年前に懇ろになった、恩人の女性を捜せというのだ。家の場所も顔も忘れ、覚えているのはイクときに太ももに浮...

  • 京都丸太町の恋衣屋さん 693円
    作家 天花寺さやか
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/04/15

    地元で転職活動中の矢口泰彦はある夜、居酒屋で顧客に危うい目に遭いそうになっていた女性を助ける。その女性、弓場明日香は、京都の貸衣裳店「お衣裳 美三輝」の常務だと名乗り、泰彦に感謝の言葉を告げたあ...