読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

尸(し) 古から隠されているもの

尸(し) 古から隠されているもの
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 770円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2021/02/19

若き画家・飯村晏菜は両親が移り住んだ史人村を訪れた。村の近くには二十段の石段を上る丘があり、その地には不思議な沼があった。「古来、この沼にはいかなる名も付与されてこなかった。名を冠しようとする意志を、この沼は根こそぎ奪い取ってしまうんだ。よって、名はない。地図にも名称は何も記されていない」父はそう語った。沼の畔には黒い碑が建てられていた。誰が、何の目的で? 晏菜は歴史民俗学の研究者・緑川青と共に、その碑に書かれた文字を解読しようとするが、やがて彼女たちを見つめる村民の目が変わっていることに気づく。そう、まるで二人を監視しているかのように......。
電子オリジナルの怪奇・幻想ホラーサスペンス。

●倉阪鬼一郎(くらさか・きいちろう)
1960年、三重県伊賀市生まれ。早稲田大学第一文学部文芸専修卒。同大学院文学研究科日本文学専攻博士課程前期中退。在学中に幻想文学会に参加、1987年に短篇集『地底の鰐、天上の蛇』でデビュー。印刷会社、校閲プロダクション勤務を経て、1998年より専業作家。第3回世界バカミス☆アワード(2010年)、第4回攝津幸彦記念賞優秀賞(2018年)。ホラー、ミステリー、幻想小説、近年は時代小説を多数発表、オリジナル著書数は170冊を超える。

倉阪鬼一郎関連作品

アドレナライズ関連作品

「日本」カテゴリ

  • 恐怖実話 怪の残滓 748円
    作家 吉田悠軌
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 「......なぁ、✕✕さんが死んだ部屋ってここか」 物がすぐに腐る強烈な事故物件で見た真実とは――(「あの人だ」より) 現場・資料・実体験から恐怖の残滓を炙り出す 吉田悠軌のリアル...

  • 瞬殺怪談 死地 748円
    作家 平山夢明 ほか
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 即怖い!1話1分! 一瞬で震える超短編実話怪談! すぐ読めて、怖い! 1話2ページ以内の短編実話怪談を凝縮して詰め込んだ大人気シリーズ〈瞬殺怪談〉第7弾! ホラーの鬼才・平山夢明を筆...

  • 実話怪奇録 北の闇から 748円
    作家 服部義史
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 北海道の空恐ろしい話、胸に沁みいる心霊譚! 【札幌市】幻の血が溢れる薄野の裏路地 【旭川市】事故現場に囚われた少年霊 【恵庭市】絶対に祓えない霊が居座る最恐物件 【小樽市】写真に写り...

  • 西浦和也選集 獄ノ墓 748円
    作家 西浦和也
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 「あのまま家にいたら、巻き込まれちゃうよ」 累々と絡み合う実話の恐怖――「執着」(書き下ろし)より 伝説の怪談の後日談含め大幅に加筆! 書き下ろしも収録した西浦和也待望のベスト版! ...

  • 鬼怪談 現代実話異録 748円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 鬼は実在する――。 先祖が鬼だという資産家一族の子孫に掛けられた呪い。 その恐ろしき元凶とは...「受け継ぐ」より 鬼を見た人の証言、29話! 古来より語り継がれし異形のモノ、...

  • 大阪怪談 748円
    作家 田辺青蛙
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 徹底調査! 令和のなにわでは 今も怪奇現象が起きている... 梅田地下街で異界に迷い込む... 天王寺駅で頻発する怪奇現象 侍の亡霊が暴れる堀江の交差点 森ノ宮に縄文人の霊が... ...

  • 実話怪談 吐気草 748円
    作家 神沼三平太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 「入って入って...」 九州の廃病院の地下で 迷い込んだ奇妙な世界。 自ら幽霊と名乗る男女二人に 誘われた先は... 「廃病院」より 死ぬ・消える・終わるの果て。 絶望の底を覗く終末...

  • 現代雨月物語 物忌異談 748円
    作家 籠三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 「まだ、一番怖い話があるんです...」 夢の中で訪う温泉宿で 体験した恐怖の一夜。 女将の正体は? やがて夢は現実を侵食する... 「魔物」より 秩父三峯神社、武蔵御嶽神社 狼信仰...

  • 信州怪談 748円
    作家 丸山政也
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 徹底取材! 長野県各地で今も起きている怪奇現象の数々を丸山政也が描く! 心霊譚が絶えない長野市のホテル 善光寺に巣食う妖しい怪異の数々 死者に呼ばれる軽井沢大橋 車中に何かが乗り込む...

  • 青森怪談 弘前乃怪 748円
    作家 高田公太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 地元青森の怪談家が蒐集した本州最果ての実話怪談! 「咳が止まらない...」 津軽の霊場・賽の河原で 二人の母を同時に襲った異変とは...「賽の河原」より 十和田湖畔のキャンプ場の怪...

  • 短篇小説集・写真蜘蛛 220円
    作家 田中ノリノ
    出版社 いるかネットブックス
    レーベル IKAI
    販売開始日 2021/02/26

    写真の黒い蜘蛛の影。CDを聴き、廃病院で出会ったのは...。昔の女友達が来て言ったこと。お地蔵さんが近づいてくる。

  • 「超」怖い話 丑 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/01/28

    内容紹介 真冬にさらなる冷気を求めんとする猛者に捧ぐ最恐怪談集。 首を絞められた時の痣が残る夫。夜中、夫の口から若い女の声が...「いじり」、実家の納屋から出てきた身蓋箱。中に入っていた4体の...