読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

未来タル 詩の礫 十年記

未来タル 詩の礫 十年記
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2178円(税込)
ポイント還元 21ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 312
販売開始日 2021/02/27
紙書籍版 取り扱い中

3.11からの10年、福島の詩人が詩作と対話と日々の随筆から求めたカタストロフとの対峙の記録。
東日本大震災で被災した福島の詩人は破壊への恐怖と、不条理への怒りに言葉で抗った。ツイッターから放たれた言葉は「詩の礫」と名付けられ、多くの共感を得た。あれから10年――。現在も福島に暮らし、高校教師の職と並行しながら詩人として活動する和合亮一氏はこの歳月を克明に言葉に刻んでいる。本書はその十年記の書である。2011年3月11日から10年となる今年。和合氏は1月1日から犠牲になられた方々にとって最初の祥月命日となる1月11日まで祈りのように連日の詩作を試みた。第一章の「貝殻詩篇」はその結実である。10年の歳月を、その折々の出来事と思いの変遷を綴ったエッセイ集成「十記」。ASIAN KUN-FU GENERATIONの後藤正文氏批評家の若松英輔氏と共に『詩の礫』がこの歳月に何をもたらしたのかを語る「対話篇」。そして「おわりに」のかわりに書き下ろされた新作詩「OVER」を収録。和合氏の言葉は、被災したまち、そしてこの世界の未だ来たらぬ未来に向けて放たれた光の矢となる――。
<目次>
はじめに
第一章 貝殻詩篇
第二章 対話篇
後藤正文氏(ASIAN KUN-FU GENERATION)
時代の異常な速度感から外れてみる
第三章 十年記
第四章 対話篇
若松英輔氏(批評家)
死者と共に在ることが未来をつくる
OVER (「おわりに」にかえて)

和合亮一関連作品

  • 詩の礫 (1~2巻) 1386円1584円
    作家 和合亮一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2017/07/14

    東日本大震災によって壊滅的な打撃を受けた東北地方。大津波、原発被害で失われた日本の原風景たる世界を憂う詩人の言葉の力。2017年、フランスの文学賞、「ニュンク・レビュー・ポエトリー賞」!

  • 昨日ヨリモ優シクナリタイ 1584円
    作家 和合亮一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2016/03/11

    人にとって「時間」とは何か。あの悲劇から5年。被災当事者だけでなく、誰もに等しく訪れた時の経過は詩人の目にどう映ったか。

徳間書店関連作品

  • 新着!
    宇宙人と地球人の解体新書 魂・心・身体のしくみ 1683円
    作家 松久正
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2021/04/09

    新宇宙時代における新生地球を生きる新地球人は、次元振動数を上げて、楽で愉しく生きること、人間をエネルギー体として追求することが重要です。 エネルギーとして進化している宇宙人と比較して学ぶことは、...

  • 新着!
    火の闇 飴売り三左事件帖 550円
    作家 北重人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/09

    惜しまれつつ逝った著者の遺作。飴売り三左の行くところ、難事件が解決する。江戸の町に、人の心に、飴売りの声が沁み渡る。

  • 新着!
    愛と悔恨のカーニバル 660円
    作家 打海文三
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/09

    姫子が恋したのは破滅へと疾走する美しい男の子・翼。 アーバン・リサーチの探偵・佐竹が翼を追う。 浮上する連続猟奇殺人事件。耳を削がれた死体は何を物語るのか。 残酷な恋とインモラルな性を清冽に描く...

  • 新着!
    汐のなごり 550円
    作家 北重人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/09

    物流の担い手だった北前船や、世界に先がけて米相場が開かれていた北の湊に生きた人々の物語。凜とした端正な時代小説!

  • 新着!
    アニメージュ 840円
    作家
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2021/04/09

    日本のアニメの「いま」がわかる!アニメ雑誌のパイオニア

  • 新着!
    されど修羅ゆく君は 660円
    作家 打海文三
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/09

    姫子は十三歳。登校拒否の中学二年生。 首吊り自殺のために入った山奥で偶然出会った男・阪本が殺人容疑者と知ったことから、事件に巻き込まれる。 というより、彼に惚れてしまったのだ。 ライバルは多い。...

「エッセイ・雑学」カテゴリ