読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

高血圧は放っておけ 2020/02/28

高血圧は放っておけ 2020/02/28
電子書籍版
価格 901円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/02/28

各界の専門家が教える最新医療のすべて

多くのシニア世代が気になっている「高血圧」。ですが、『サン松本クリニック』院長の松本光正先生は「人の血圧が高いのは、体が懸命に生きようとしている証。年をとれば血管が細く狭くなるので、血液循環の圧を上げることで、心臓から脳まで血液を送り出そうとしているのです。したがって、高齢になって血圧が上がるのはむしろ自然なことなのです」と話します。本書では、他にも、脊柱管狭窄症、認知症、肥満症など、最新医療の情報が盛りだくさんに入っています。
※本書は『自分で治す高血圧・高血糖・糖尿病』をはじめとした自分で治すシリーズを、加筆・修正したのち、再編集し1冊にまとめたものです。





表紙
目次
Lesson-1 高血圧は病気ではない。ほっとくのが一番
命を守るために血圧は高くなる
降圧剤の服用が脳梗塞を招いている
Lesson-2 知っておきたい狭窄症のリアル
脊柱管狭窄症のキホンと症状
狭窄症が起こる理由はさまざま
誤りだらけの脊柱管狭窄症の常識
脊柱管狭窄症は命に関わる病気
Lesson-3 「認知症は治らない」はもう古い!
認知症につながる危険な習慣
キノコや海藻は認知症予防の味方
認知症を防ぐ日常生活のルール
原因は脳へのダメージだった
「炎症」「栄養不足」「毒物」の危険
リコード法で認知症を劇的改善
神経解毒・再生治療という選択肢
Lesson-4 処方された認知症の薬、本当に飲んでいいの?
薬で認知症が悪化するって本当?
今の薬が合っているのか考えよう
薬の飲み過ぎで認知症になる?
Lesson-5 家族の誰かが認知症になったら……
認知症患者は「不安」を抱えている
「不安」にさせるNGワード
「どうしたの?」が不安を拭う
「どっちがいい?」と選んでもらう
認知症は説得よりも納得が大事
Lesson-6 お腹の不調と肥満症を正そう
あなたの腸年齢をチェック!
お腹の症状、何が起きている?
そもそも、下痢は自然に治る
乳酸菌入り食品の食べ過ぎに注意!
“3秒ルール”は免疫力に影響する
「腸もれ」はアルツハイマー予備軍!?
疲れた胃腸が不調を招く
断食で胃腸の働きがよみがえる!
プチ断食に挑戦してみよう
プチ断食の5つのルール
断食の悩みを解決
Lesson-7 シニアに多い病気と理想的な生活の仕方
血管の老化が高める病気のリスク
更年期女性に起きるリスク
食生活改善で筋肉や骨を強化
Lesson-8 補聴器選びは症状に合わせて賢くしよう
医療機関受診後に専門店でつくる
補聴器の最新事情を知る
補聴器の機能と選び方

※こちらの商品はファイル容量が大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨しております。
※紙の雑誌とは内容が一部異なる場合がございます。

エイ出版社関連作品

「暮らし・健康・ライフデザイン」カテゴリ