読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

古事記

古事記
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1265円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/02/11
紙書籍版 取り扱い中

日本にまだ固有の文字がなかった八世紀初頭に成立した『古事記』は、漢字の音と訓を利用して、神話や古くからの言い伝えを書き表した日本最古の書物である。国の成り立ちを説いた歴史の書にとどまらず、古代の人々の想像力にみちた豊かな文学性を感じさせる。とりわけここに収めた「上の巻」には、イザナキ・イザナミの国生み、天の岩屋戸、スサノオの八俣の大蛇退治など、日本神話としてなじみ深い話の数々が、飾り気なく力強く描かれている。ここには、日本人の心と行動すべての原初の姿を見つけることができる。

橋本治関連作品

  • 「原っぱ」という社会がほしい 924円
    作家 橋本治
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出新書
    販売開始日 2021/01/29

    そもそも「社会」とはどういうものだったか?絶筆となった論考「「近未来」としての平成」を中心とした、橋本流「近代論」集成!橋本治が理想とした「原っぱの論理」とは何だったのか?

  • そして、みんなバカになった 924円
    作家 橋本治
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出新書
    販売開始日 2020/05/01

    誰も大人になろうとしなくなったこの国へ向けた橋本治、最後のメッセージ。2000年以降に収録された貴重なインタビュー集成。高橋源一郎氏による書下ろし文を特別収録!

  • 九十八歳になった私 726円
    作家 橋本治
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/15

    時は2046年、ひとり暮らす98歳の元小説家の「私」のもとを、さまざまな人が訪れる。橋本治流、痛快老人小説を文庫化!

  • マンガ哲学辞典 1650円
    作家 橋本治
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2019/10/11

    「広告批評」に連載された『マンガ哲学辞典』が待望の初「単独」書籍化!人間関係を巡る「枠」やジェンダーについてetc.パロディを駆使しながら橋本治が贈る、現代にも響く傑作。

  • 黄金夜界 1870円
    作家 橋本治
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/09/30

    一夜にしてホームレスに転落した東大生・貫一。最愛の人も家も失った男の彷徨は、やがて裏切りの末路と交差する。空洞を抱えた現代社会を炙り出す、橋本治による衝撃的な遺作。

  • お春 770円
    作家 橋本治
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/09/30

    浅草乾物問屋の一人娘・お春。十七の初心な身はやがて、男遊びと淫蕩の末に死んだ美しい母の血と面影を蘇らせていく。名を騙り夜這を仕掛ける番頭、女を弄ぶ美貌の若侍......色を知ったお春が舐めた、男...

21世紀版少年少女古典文学館関連作品

  • 四谷怪談 1265円
    作家 高橋克彦
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    幽霊話で江戸庶民をふるえあがらせ、同時に熱狂的にむかえられたのが、四世鶴屋南北の『東海道四谷怪談』であった。悪のヒーロー民谷伊右衛門、お岩の顔の変貌、意表をつくさまざまな趣向など、『四谷怪談』は...

  • 西鶴名作集 1265円
    作家 藤本義一
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    元禄時代、経済力で武士にかわって社会の表舞台におどりでた商人たちの生き方を、鋭く、ときには滑稽に描いた井原西鶴の代表的名作を集める。封建社会の掟に刃向かう命がけの純愛物語『好色五人女』、たいせつ...

  • とりかえばや物語 1265円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    平安時代末期に成立した『とりかえばや物語』は、内気で女性的な若君と、男性的で快活な姫君とが、それぞれ女装して、男装して生きていくことで展開する王朝の物語である。「男女をとりかえたい」との父親の願...

  • 堤中納言物語・うつほ物語 1265円
    作家 干刈あがた・津島佑子
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    『堤中納言物語』は、毛虫を愛する型破りなお姫さまや、片思いに身を焦がす憂愁な貴公子などの登場人物たちが登場する物語で、世界最古の短編小説集。『うつほ物語』は全20巻、日本最古の長編物語。天上の琴...

  • 今昔物語集 1265円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    貴族文化が咲きほこった平安時代だが、庶民の生活は追いはぎ・盗賊が横行し、災いや鬼や魔物たちにおびえながら暮らす、混沌の世界だった。『今昔物語集』には、武士・僧侶・農民といった、それまでの文学では...

  • 枕草子 1265円
    作家 大庭みな子
    出版社 講談社
    掲載誌 21世紀版少年少女古典文学館
    販売開始日 2015/02/11

    『枕草子』は、平安時代宮中に仕えた女房、清少納言が書いた随筆である。日本の古典の中で「徒然草」とならんで最もすぐれた随筆文学とされている。1000年の時を経てなお読みつがれる魅力、それは人間の心...

「日本のよみもの」カテゴリ