読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

大江健三郎全小説 第6巻

大江健三郎全小説 第6巻
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 5022円(税込)
ポイント還元 50ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/01/11
ファイル形式 epub

いましめくくりの時のはじめに、八つの短篇を書いて、そこに映る自分を見る。切実な時代の影に、個の生の苦渋のあとは見まがいがたいが、ユーモアの微光もまんべんなくある。思いがけないのは、女性的なものの力の色濃さだった。遠い幼年時の自分と、それほど遠くないはずの死、また「再生」を思う自分を結んでいる。知的な経験と、森のなかの谷間の神話を、懐かしく媒介しているのも女性的なものだ(著者・『いかに木を殺すか』)

大江健三郎関連作品

  • 大江健三郎全小説 第15巻 5022円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 大江健三郎 全小説
    販売開始日 2019/03/08

    「おそらく最後の小説を、私は円熟した老作家としてではなく、フクシマと原発事故のカタストロフィーに追い詰められる思いで書き続けた。しかし70歳で書いた若い人たちに希望を語る詩を新しく引用してしめく...

  • 大江健三郎全小説 第14巻 5022円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 大江健三郎 全小説
    販売開始日 2019/02/08

    個性の塊のような親友に導かれての『日常生活の冒険』。自らの意志でむこう側へ行ってしまった友―義兄の映画監督との関係を描き、著者に「私の一生の中で、最も大切な三作のひとつであると思います」と言わし...

  • 大江健三郎全小説 第4巻 5022円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 大江健三郎 全小説
    販売開始日 2018/12/11

    「今度の中篇集で、癌か狂気してか死の床にある男が、子供のころ父親と加わった、天皇の名のもとの反乱を再現しようとする。また、月への打ち上げを恐怖して、宇宙船基地を逃げた男が、現人神(アラヒトガミ)...

  • 大江健三郎全小説 第2巻 5022円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 大江健三郎 全小説
    販売開始日 2018/11/09

    「リアリスチクに現代日本の青年をえがきだすこと、それを、現実から疎外された青年をえがくべく試みるということとして、この作品のテーマの位置においたことを、私は決してまちがっていたとは思いません。し...

  • 大江健三郎全小説 第5巻 5022円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 大江健三郎 全小説
    販売開始日 2018/10/11

    障害者の息子との共生を描く作品群。「ぼくはすでに自分の言葉の世界にすみこんでいる様ざまな主題に、あらためて最も基本的なヤスリをかけようとした。すなわち、個人的な日常生活の癌のように芽ばえた異常を...

  • 大江健三郎全小説 第1巻 5022円
    作家 大江健三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 大江健三郎 全小説
    販売開始日 2018/09/11

    1958年、大学在学中の当時史上最年少23歳で芥川賞を受賞した「飼育」をはじめ、「奇妙な仕事」「死者の奢り」「他人の足」などデビュー前後の鮮烈な初期短篇の数々を収録、ほかに最初期長編として名高い...

大江健三郎 全小説関連作品