読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

枇杷の季節

枇杷の季節
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 540円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/04/26

「異郷人」の自覚は、すでに彼には親しいものだった。父の転勤のたびに繰り返した転校、いつも身近にあった戦争の翳、渾沌としたそれらの日々に訪れた、人生への早い目覚めがうながしたものは......。原点としての幼少年時代とその心の領域の移りゆきを、よく醒めた文体で感銘ふかく描きつくす好短篇集。5篇を収録。

坂上弘関連作品

  • 初めの愛 702円
    作家 坂上弘
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/24

    男は危機的な状況にある。愛人と暮しながら、妻子のほうにも週に一度帰る、そんな状態が会社の取引先社員の失踪によって、明るみに出かねない。自分にも他人にも誠実であろうとする彼が、ふと立ち返るのは、お...

  • 優しい人々 648円
    作家 坂上弘
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/24

    兄夫婦の交通事故という天災のような事態が、一族の人間関係の中にひき起した大きな波紋。父が母が妻が妹が、ベッドの上の兄と死んだ義姉をめぐって、時にはかくされていた心理をあらわにしながら、ぶつかり合...

  • 百日の後 坂上弘自選短篇集 1296円
    作家 坂上弘
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/04/12

    「第三の新人」世代に続く、「内向の世代」グループの一人である坂上弘は、「第三の新人」とは違った意味で、生活者の視点から小説世界をつくり上げてきた。文学が特別な社会を対象としたものでなく、日々の暮...

  • 故人 1566円
    作家 坂上弘
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2018/12/21

    自分を文学の世界に導いてくれた、兄のように慕う先輩作家が、原稿を郵便で出した帰途、トラックに轢かれ死んだ。理不尽な死を前に混乱、自失する家族や友人たち。青年は深い喪失感を抱えながら、社会との折り...

講談社文庫関連作品

  • 新着!
    坂本龍馬 幕末風雲の夢 336円
    作家 宮地佐一郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/06/21

    坂本龍馬――幕末激動の中に多くの夢をのこして、並みはずれた発想と行動力を示しつつ、懸命に、しかも足早に駆けぬけた風雲児。薩長同盟の締結、大政奉還の実現のために活躍した土佐の風雲児・龍馬は、藩とい...

  • 新着!
    スネークヘッド 648円
    作家 西木正明
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/06/21

    麻薬、娼婦、難民......香港の闇にうごめくシンジケートのスネークヘッド。人間密輸の陰に暴かれてゆく現代史の謎と、大陸をめぐる壮大な謀略。対中国貿易を扱う小さな商社に勤める北山吾郎は、ある日、...

  • 新着!
    中華帝国志(上) 治乱興亡篇 864円
    作家 安能務
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/06/21

    歴代王朝が、次々と王朝の栄光を記し、作らせた正史は、3000年間で実に4000巻を越え、何人も読破不可能だ。だが、この壮大な中国史も考えようでは、あるパターンのくり返しだった。パターンを学ぶこと...

  • 新着!
    自民党幹事長 三百億のカネ、八百のポストを握る男 702円
    作家 浅川博忠
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/06/21

    結党50年、その椅子に座れた者は40人に満たない。「幹事長は、総裁を補佐し、党務を執行する」。党則第8条のたったこれだけの文言が、無限のパワーを生む。300億のカネと八百のポストを握り、選挙を仕...

  • 新着!
    筋違い半介 679円
    作家 犬飼六岐
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/06/21

    「筋のとおった話は虫が好かねえ」......旗本の三男に生まれ、先祖も父も「ばか者」と切り捨て家を出た、岡っ引・半介が活躍する表題作。凶作に苦しむ村人を尻目に、米をたらふく食らう村役。それに腹を...

  • 新着!
    汚名 810円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/06/21

    徳川家康に信頼され重用されて、幕府草創期に辣腕を振った能吏・本多上野介正純(こうずけのすけまさずみ)。二代秀忠の世になり、「宇都宮釣り天井事件」の嫌疑で失脚、奥州に無惨な幽閉の身となる。権力の非...