読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

双葉文庫の作品一覧

1138件中1-24件 (1/48ページ)
  • ジョニー・ザ・ラビット 518円
    作家 東山彰良
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/03/01

    花は桜木。男はジョニー。人間になりたかったちっぽけで孤独な探偵ウサギ、ジョニー・ラビットのもとに舞い込んだ失踪兎の捜索依頼。単純に見えた事件は思わぬ展開をみせ、やがてジョニーは仇敵の待つ人間の街...

  • 京都寺町三条のホームズ (1~12巻) 529円572円
    作家 望月麻衣
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/03/01

    京都の寺町三条商店街に、ポツリとたたずむ骨董品店『蔵』。女子高生の真城葵は、ひょんなことから、そこの店主の息子の家頭清貴と知り合い、アルバイトを始めることになる。清貴は物腰や柔らかいが恐ろしく感...

  • 京都ぽんぽこ着物修繕帖 551円
    作家 道具小路
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/03/01

    たぬきの神社に生まれ、たぬきに囲まれて生きてきた静。これ以上たぬきに人生の邪魔をされたくないと、就職で地元を離れて京都へ。 ところがやっぱり縁を切ることはできず、静はたぬきの依頼で、きつねが営む...

  • 若旦那道中双六 (1~4巻) 508円551円
    作家 金子成人
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/03/01

    南新川の廻船問屋『渡海屋』の若旦那である巳之吉は、家業には目もくれず、遊興三昧。家族の咎めも馬耳東風で、気ままな日々を過ごしていたが、業を煮やした祖父の儀右衛門から、見聞を広げるための旅に出るこ...

  • 優しい音楽 421円
    作家 瀬尾まいこ
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/03/01

    駅のホームでいきなり声をかけられ、それがきっかけで恋人になったタケルと千波。だが千波はタケルが自分の家族に会うことを頑なに拒む。その理由を知ったタケルは深く衝撃を受けるが、ある決意を胸に抱く―表...

  • 左近 浪華の事件帳 (1~3巻) 551円
    作家 築山桂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/03/01

    千年の時を超え、古の帝からの密命を守り続けてきた〈在天別流〉。その闇の組織に属し、大坂の町と人を守るその使命に命を賭ける、若き美剣士・東儀左近の活躍を描く、書き下ろし長編時代小説の新シリーズ。舞...

  • ディーセント・ワーク・ガーディアン 594円
    作家 沢村凜
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/03/01

    人は、生きるために働いている。だから、仕事で死んではいけないんだ――。労働基準監督官である三村は、〈普通に働いて、普通に暮らせる〉社会をめざして、日々奮闘している。時には刑事とコンビを組み、工場...

  • イジ女 626円
    作家 春口裕子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/03/01

    意地悪な女、意地っ張りな女、イジイジした女、イジらしい女、イジくる女......世の中には「イジ女」がたくさんいる。女性の悪意を書かせたら随一の著者が、女社会のリアルシーンをこれでもかと描き込み...

  • 彗星乙女後宮伝 (1~2巻) 562円572円
    作家 江本マシメサ
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/16

    ルヴィエ国第三王子メリクルに仕える騎士であり、男装の麗人でもある伯爵令嬢コーラル。彼女が外交使節団として華烈という国を訪れたところ王子が問題を起こし、処刑されそうになるのを身を挺して守った。代わ...

  • 新・浪人若さま 新見左近 (1~2巻) 551円
    作家 佐々木裕一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/16

    浪人新見左近を名乗り、弱きを助け悪を討つ。王者の秘剣、葵一刀流を遣うその男の正体は、のちの名将軍、徳川家宣――! 五代将軍綱吉のたっての願いで、世継ぎとして江戸城西ノ丸に入って三年。徳川綱豊とし...

  • 十返舎一九 あすなろ道中事件帖 (1~2巻) 518円551円
    作家 木村忠啓
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/16

    重田貞一(のちの十返舎一九)は、堺の家も妻子も捨て去り、戯作者として名を立てるべく、江戸でひとり悪戦苦闘の日々を送っていた。そこへ北町奉行・小田切土佐守から探索への協力を求められる。土佐守にはか...

  • 勝負師の極意 486円
    作家 武豊
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/16

    87年にデビュー以降、日本競馬の歴史と記録を塗り替え続けている勝負師の著書が待望の文庫化。大舞台での想像もできないようなプレッシャーに打ち勝つための考え方から名馬との思い出まで。名手のすべてがわ...

  • 贅肉 新装版 540円
    作家 小池真理子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/16

    才色兼備の姉と正反対の妹。しかし姉は、母の死、恋人との別離から過食に走り、見るも無惨な姿に変貌していく。そんな姉の世話をする妹は‐‐(「贅肉」)。平凡な人間の、ほんの少しの心の揺らぎが、事件の加...

  • ぼくたちは大人になる 518円
    作家 佐川光晴
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/16

    高校3年生の達大は医学部進学をめざし、サッカー部引退後は受験勉強に励む毎日だ。そんなある日、彼は級友の喫煙を学校側に密告した。その行為は達大自身や周りの日常を大きく変えてゆく。18歳の少年が本当...

  • 口入屋用心棒 (1~43巻) 551円605円
    作家 鈴木英治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/01

    わけも告げず姿を消した妻を探し求めて、駿州沼里から江戸にやってきた湯瀬直之進は、小日向東古川町で店を構える口入屋・米田屋に住み込みの用心棒として雇われる。仔細あって木刀しか遣わない直之進だが、さ...

  • 左遷捜査 法の壁 562円
    作家 翔田寛
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/01

    「そんなことは自分の頭で考えろ!」警視庁捜査一課に配属された目崎敦史は、コンビを組むベテラン刑事・棟方国雄警部補からどやされてばかりいる。目崎の経験のなさのせいでもあるが、“辞めさせ屋”の異名を...

  • 秘めごと幽戯 529円
    作家 睦月影郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/01

    免許取りたての女子大生、涼崎理沙が運転する車にはねられてしまった棚戸澄夫。事故の瞬間まさかの幽体離脱まで体験してしまうものの、なんとか一命をとりとめた澄夫は、大富豪である理沙の屋敷に引き取られ療...

  • 薫り 594円
    作家 藍川京 草凪優 館淳一 牧村僚 睦月影郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/01

    読み方こそ違っているが、同じ「薫」という名を持つ高校の同級生に思いを寄せていた石戸薫は、十三年ぶりに再会し人妻となっていた相手から、意外な事実を告げられる(「カオルとカオリ」)など、第一線の人気...

  • ティッシュよ今夜もありがとう 540円
    作家 橘真児
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/01

    今宵もひとり、せんずりオールナイトに励む光村健一は19歳の浪人生。時は昭和58年、裏日本の地方都市で燻る健一に初体験のチャンスが巡ってきた。相手は美しき叔父の妻。豊満な女体を前にいきり勃つ健一に...

  • ぬるま湯女子会 562円
    作家 南綾子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/01

    婚活パーティで出会った、メーコ・カワイ・サモさん・成田屋。仕事や性格はそれぞれ違えど、婚活市場で戦友として闘っている。4人には恋愛がうまくいかない決定的な欠点がある。恋に臆病すぎるメーコ、性に奔...

  • 御庭番闇日記 518円
    作家 誉田龍一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/01

    若い頃に御庭番を務め、その後、箱館奉行、外国奉行、神奈川奉行を歴任、さらには万延元年に幕府の「遣米使節」の一員として小栗上野介らと共にアメリカに渡るなど、幕末を代表する旗本&外交官であった村垣範...

  • おれは一万石 (1~7巻) 518円551円
    作家 千野隆司
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/28

    一俵でも禄高が減れば旗本に格下げになる、ぎりぎり一万石の大名家に婿として入った十七歳の若者が、失敗を繰り返しながらも奮闘し、家臣や領民と徐々に心を繋げて藩政を立て直してゆく。待望の新シリーズ!

  • 月蝕楽園 551円
    作家 朱川湊人
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/28

    直木賞作家が描く、切なくて激しい純愛小説集。みつばち・金魚・トカゲ・猿・孔雀をモチーフにした恋愛を描きますが、甘い蕩けるようなものではない。重く・強い、読み手の心を鷲掴みにして離さない短編集。

  • 十津川警部 愛と祈りのJR身延線 551円
    作家 西村京太郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/28

    私立探偵・橋本豊は、身延山参詣の旅に出て予定日を過ぎても戻らない叔母・緒方みさ子が心配になり、旅行会社に問い合わせた。旅行には、その会社の早田敬子が同行していたからだが、早田という社員はいないと...

セーフサーチの状態