読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

双葉文庫の作品一覧

1118件中1-24件 (1/47ページ)
  • 突然のモテ期 562円
    作家 霧原一輝
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/28

    山田元就(もとなり)は38歳の独身貴族。だけど、好き好んで貴族やってるわけじゃない。今までまったくもてなかったのである。そんな元就に訪れた奇跡のモテ期。キャリアウーマン課長も自らバスローブをはだ...

  • 十津川警部 愛と祈りのJR身延線 551円
    作家 西村京太郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/28

    私立探偵・橋本豊は、身延山参詣の旅に出て予定日を過ぎても戻らない叔母・緒方みさ子が心配になり、旅行会社に問い合わせた。旅行には、その会社の早田敬子が同行していたからだが、早田という社員はいないと...

  • 最高の愛人 540円
    作家 草凪優
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/28

    二人だけの職場での、若く初々しい部下。高貴なオーラの影に飽くなき肉欲を秘めた年上のキャリアウーマン。誰もが眼を見張るほどの見事な巨乳を誇る保育士。マスクの下に美貌と意外な本性を隠しもつ歯科衛生士...

  • 月蝕楽園 551円
    作家 朱川湊人
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/28

    直木賞作家が描く、切なくて激しい純愛小説集。みつばち・金魚・トカゲ・猿・孔雀をモチーフにした恋愛を描きますが、甘い蕩けるようなものではない。重く・強い、読み手の心を鷲掴みにして離さない短編集。

  • バカ舌吸血鬼の洋食店に物申すっ! 529円
    作家 葵咲九
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/28

    いかにも街の洋食店といった感じの、素朴なふわふわオムライス。期待を胸に一口食べると.........ま、不味い。それもそのはず、このお店のオーナーで長身イケメンシェフの正体は、人間の味覚を理解で...

  • 僕は僕の書いた小説を知らない 551円
    作家 喜友名トト
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/11

    ある朝目覚めた小説家の俺は、「昨日」の記憶がないことに気づく。どうやら俺は一日ごとに記憶がリセットされ、新しいことを覚えられないという症状を抱えているらしい。可愛い女の子と出会っても、小説を書き...

  • 御納屋侍 伝八郎奮迅録 594円
    作家 長辻象平
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/11

    時は元禄四年、親の代から浪々の身である鮎貝伝八郎は、竪川沿いの長屋に住む貧乏暮らし。そんな伝八郎の長屋に、突然初老の武家が訪ねてくる。尾張藩の家老稲葉主膳と名乗ったその男は、伝八郎を尾張藩で召抱...

  • 京都の甘味処は神様専用です (1~4巻) 497円540円
    作家 桑野和明
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/23

    両親が亡くなり、姉のいる京都に引っ越してきた高校生・天野瑞樹。ある日、瑞樹は少年に『甘露堂』という甘味処まで荷物を持っていくのを手伝ってほしいと声をかけられる。甘露堂へたどり着き荷物を開けると、...

  • 淫らな君に首ったけ 529円
    作家 乃坂希
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/23

    妻は愛しているが発展的別居中の竹山光雄は、知人の三上社長からもらったチケットでジャズピアニストのレストランコンサートに来ていた。音色に聴き入っていた光雄に、座っていた女性が険しい表情で声をかけて...

  • 行方 648円
    作家 春口裕子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/23

    公園から忽然と姿を消した三歳の琴美。両親は必死に捜すが、一向に見つからない。――22年後。自堕落な生活を送る幸子のもとに、一通の手紙が届く。差出人は、消息不明の妹を捜し続けている男だった。同じ頃...

  • 塀の中の美容室 551円
    作家 桜井美奈
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/23

    『ご』と入力すると『ゴメン』と出てきて......『ゴメン。今日も仕事でダメになった』の一文ができあがる――。激務が続く番組制作会社で働く芦原志穂。彼女は今日も恋人にデートのキャンセルを告げるメ...

  • 関ヶ原 659円
    作家 岡田秀文
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/23

    天下の覇者・豊臣秀吉が死去したことにより起きた豊臣家の内紛。秀吉の恩に報いようと西軍をまとめる石田三成と、天下への野望を持つ東軍の徳川家康が激突。世に名高い関ヶ原の合戦を、秀吉の正室・寧々の視点...

  • アレルヤ 497円
    作家 桜井鈴茂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/23

    失業中の吉永シロウは、昔のバンド仲間であるドラムとふたり暮らし。ある深夜、突然気づく。「俺は、ヘリ(水際)に立っている!」。人生の崖っぷちに一念発起、シロウはドラムに勧められるがままに小説を書き...

  • 熱狂工作 ‐警視庁特殊企画課工作班‐ 540円
    作家 沢里裕二
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/23

    真っ昼間の渋谷のスクランブル交差点で、包丁を持って暴れている薬物中毒の男に遭遇した警視庁特殊企画課の刑事・山神翔二。男は、六本木のキャバクラのナンバーワンホステスを呼べ、と騒いでいる。得意の相撲...

  • 新装版 不知火隼人風塵抄 (1~4巻) 529円
    作家 稲葉稔
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/02

    端正な顔立ちと隆とした身体で女たちを虜にする謎の侍、不知火隼人。その正体は将軍の隠し子にして、剛剣と短筒を自在に操る幕府の凄腕密使だった! 大奥御年寄歌橋の命を受け、奥州で消息を絶ったお庭番の行...

  • 聖母 562円
    作家 秋吉理香子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/02

    東京都藍出市で、幼稚園児の遺体が発見された。被害者は死後に性的暴行を加えられていた。事件のニュースを見た主婦・保奈美は、大切なひとり娘も狙われるのでは、と恐怖を覚える。警察は懸命に捜査を続けるが...

  • 十津川捜査班の「決断」 583円
    作家 西村京太郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/02

    盛岡発宮古行「快速リアス」の車中で荒木圭介が毒殺された。荒木はインターネットの仕事探し掲示板で見つけて引き受けた、怪しげな仕事の最中でのことだった。一方、六本木のクラブママ、山本由佳里殺害容疑で...

  • わるいうさぎ 486円
    作家 中島さなえ
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/02

    ラボから脱走した「わるいうさぎ」、穴に挟まった饒舌な「ねずみ」、“夜の当番”をさせられる「たぬき」、猛獣を愛し、食べられたいと願う「うさぎ」、生き別れた母を捜す「とり」‐‐彼らがいる世界は、どこ...

  • 終わりまであとどれくらいだろう 508円
    作家 桜井鈴茂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/02

    2003年4月5日。桜が咲き乱れる東京を、6人の男女がさまよっていた――。子猫を隠れて飼うロッカー、恋人との別れに怯えるレズビアン、セックス中毒の経営コンサルタント......。破格のスタイルと...

  • 夏を拾いに 659円
    作家 森浩美
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/10/19

    「お父さんが小学生のときはな......」父が息子に誇りたい、昭和46年のひと夏――小五の文弘は、祖父から町に不発弾が埋まっている話を聞く。様々な家庭の事情を抱えた仲間四人で、不発弾探しを始める...

  • 太秦荘ダイアリー 518円
    作家 望月麻衣
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/10/19

    懐かしい三羽の小鳥たちへ。約束の時が来ました――ある日、京都の高校に通う太秦萌、小野ミサ、松賀咲の3人の元に、一通のハガキが届いた。何かに導かれるように出会った3人は、初対面のはずがどこか懐かし...

  • 道後温泉 湯築屋 暖簾のむこうは神様のお宿でした 562円
    作家 田井ノエル
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/10/12

    道後温泉にたたずむ温泉宿『湯築屋』。古びた宿に見えるが、暖簾を潜ることのできる「お客様」にとっては、居心地がよく、癒しの効果もある、おもてなしの宿であった。なにせ、お客様は神様ばかり。そんな湯築...

  • 十返舎一九 あすなろ道中事件帖 551円
    作家 木村忠啓
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/10/05

    重田貞一(のちの十返舎一九)は、堺の家も妻子も捨て去り、戯作者として名を立てるべく、江戸でひとり悪戦苦闘の日々を送っていた。そこへ北町奉行・小田切土佐守から探索への協力を求められる。土佐守にはか...

  • 左近 浪華の事件帳 (1~2巻) 551円
    作家 築山桂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/10/05

    千年の時を超え、古の帝からの密命を守り続けてきた〈在天別流〉。その闇の組織に属し、大坂の町と人を守るその使命に命を賭ける、若き美剣士・東儀左近の活躍を描く、書き下ろし長編時代小説の新シリーズ。舞...

セーフサーチの状態