読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文春文庫の作品一覧

2492件中1-24件 (1/104ページ)
  • 新着!
    だるまちゃんの思い出 遊びの四季 ふるさとの伝承遊戯考 801円
    作家 かこさとし
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    〈第23回日本エッセイスト・クラブ賞〉〈第15回久留島武彦文化賞〉受賞。 生誕92周年に記念復刊した名エッセイの文庫化。 1926年に福井県の小さな町で生まれ7歳まで過ごした。自然豊かな地での...

  • 新着!
    正しい女たち 691円
    作家 千早茜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    容姿や年齢、結婚、セックス、お金とプライド... 本音の見えづらい関心事を正しい姿という共通のモチーフで鮮やかに切り取る短編集。 不倫に悩む親友にわたしがしたこと(「温室の友情」)、 同じマン...

  • 新着!
    新・AV時代 全裸監督後の世界 880円
    作家 本橋信宏
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    ドラマ「全裸監督」の土壌はここにある! 90年代のAV業界に革命を起こしたSODの高橋がなりなど、社会の良識から逸脱し破天荒な試みをする人々を濃密に描き出した傑作。

  • 新着!
    苦汁200% ストロング 801円
    作家 尾崎世界観
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    震えているのは自分の声なのに、まるで他人事だった。 悔しさも悲しみも、なかなか追いついてこない。 クリープハイプ・尾崎世界観の赤裸々日記、絶頂の第2弾。 文庫版では、『母影(おもかげ)』が芥川...

  • 新着!
    柘榴パズル 880円
    作家 彩坂美月
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    「この夏が、永遠に続けばいいのに」。 とぼけたお祖父ちゃん、明るいお母さん、クールなお兄ちゃん、甘ったれの妹。 十九歳の美緒を囲む、仲のいい家族の日常。 身近で起こる奇妙な事件は、山田家の皆が力...

  • 新着!
    平成くん、さようなら 681円
    作家 古市憲寿
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    社会学者・古市憲寿、初小説。 安楽死が合法化された現代日本のパラレルワールドを舞台に、平成という時代と、いまを生きることの意味を問い直す、意欲作! 平成を象徴する人物としてメディアに取り上げ...

  • 新着!
    六月の雪 1100円
    作家 乃南アサ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    夢破れた30代の将来への不安、認知症がはじまった本人と周囲の驚愕。 いまの日本の現代的なテーマと、台湾と日本との現代史がからみ合う、乃南アサ台湾ものの決定版! 30代前半、独身の杉山未來は、声...

  • 新着!
    横浜大戦争 (1~2巻) 880円950円
    作家 蜂須賀敬明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    横浜の神々のバトルロワイアル!? 第4回神奈川本大賞受賞の超絶エンターテインメント長篇登場。 ランドマークタワーの68階で、横浜の大神が「横浜大戦争」の幕開けを宣言。 横浜の“中心”を決めるべ...

  • 新着!
    白墨人形 1100円
    作家 C・J・チューダー 中谷友紀子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    スティーヴン・キング強力推薦! 少年時代の美しい思い出と、そこに隠された忌まわしい秘密。 最終ページに待ち受けるおそるべき真相。 世界36か国で刊行決定、叙情とたくらみに満ちた新鋭の傑作サスペン...

  • 新着!
    うつくしい子ども 801円
    作家 石田衣良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    14歳の兄は、それでもこの世界をあきらめなかった 裏山で見つかった、9歳の少女の惨殺体。“犯人”は、まだ13歳のぼくの弟だった。絶望と痛みの先に、少年が辿りつく真実とは――。 ※この電子書籍は...

  • 新着!
    照降町四季 (1~2巻) 801円
    作家 佐伯泰英
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/05/07

    日本橋の近く、傘や下駄問屋が多く集まる町・照降町に「鼻緒屋」の娘・佳乃が三年ぶりに出戻ってきた―― 著者初・江戸の女性職人が主役の書下ろし新作<全四巻> 1巻「初詣で」内容 文政11年暮...

  • 質問する力 601円
    作家 大前研一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/23

    質問することから全てが始まる! 国のいいなりに自分の人生を過ごすのか。それとも自分で理論だてて考えて充実した人生を送るのか。 盛田昭夫氏など政財界有名人のエピソードを交えながら、1985年以降の...

  • バナナの丸かじり 730円
    作家 東海林さだお
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    バナナの皮を踏むと本当に滑って転ぶのか? 嫌いは嫌い、好きは好き。鰻重っておいしいんだよねー! と叫びたくなる抱腹絶倒の東海林ワールド、「丸かじり」シリーズ第41弾!

  • 彼女は頭が悪いから 950円
    作家 姫野カオルコ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    2019年に上野千鶴子さんの東大入学祝辞や様々な媒体で取り上げられた話題作が文庫で登場! 私は東大生の将来をダメにした勘違い女なの? 深夜のマンションで起こった東大生5人による強制わいせつ事...

  • 神のふたつの貌 880円
    作家 貫井徳郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    ――神の声が聞きたい。 牧師の息子に生まれ、一途に神の存在を求める少年・早乙女。 彼が歩む神へと到る道は、同時におのれの手を血に染める殺人者への道だった。 三幕の殺人劇の結末で明かされる驚愕の真...

  • 音叉 801円
    作家 高見澤俊彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    日本を代表するロックバンドTHE ALFEEの高見澤俊彦による初小説は、 恋愛と音楽に溢れる70年代青春小説! 東京の平凡な大学生・雅彦は同級生と組んだバンドでデビューを目指す一方、学生運動に...

  • 新・居眠り磐音 (1~5巻) 801円
    作家 佐伯泰英
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    “居眠り磐音”が帰ってきた! 全五十一巻で完結した平成最大の人気シリーズが復活。 豊後関前藩中老職の嫡男・坂崎磐音の朋輩に妹の奈緒が生まれたその日(「赤子の指」)。 四歳の奈緒が磐音の嫁になると...

  • 海を抱いて月に眠る 850円
    作家 深沢潮
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    自らのルーツを問い直す渾身の一作 在日一世の父の遺品から出てきた一冊のノート。そこには家族も知らない半生が記されていた。そこから浮かび上がる父の真実の姿とは。 ※この電子書籍は2018年3月に...

  • 居眠り磐音 (1~51巻) 801円
    作家 佐伯泰英
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    佐伯泰英さんの代表作「居眠り磐音」決定版! 第一巻『陽炎の辻』は、豊後関前藩の若き武士3人が、国許へと帰参するシーンから始まります。 その夜、3人が直面した思いもよらなかった運命。 そして、浪...

  • 酔いどれ小籐次 (1~20巻) 711円850円
    作家 佐伯泰英
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    傑作時代小説シリーズの決定版! 身の丈五尺一寸、風采の上がらない五十男。しかし実は来島水軍流の凄まじい遣い手――。赤目小籐次、たった一人の闘いが幕を開ける!

  • 新・酔いどれ小籐次 (1~20巻) 681円801円
    作家 佐伯泰英
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    背は低く額は禿げ上がった老侍で、なにより無類の大酒飲み。だが、ひとたび剣を抜けば来島水軍流の達人である赤目小籐次が、次々に難敵を打ち破る痛快シリーズ登場。

  • 赤い風 880円
    作家 梶よう子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    前代未聞の開拓事業「三富新田」を描く長編歴史小説 荒涼とした原野を二年で畑地にせよ――。川越藩主柳沢吉保は無謀な開拓を命じる。軋轢を抱える武士と農民の共同事業は成功するのか。 武蔵野原野は赤土...

  • 最後の相棒 歌舞伎町麻薬捜査 950円
    作家 永瀬隼介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    圧倒的な実力と覚悟を持つカリスマ刑事・桜井の後を追い、闇社会と関わりつつ頭角を現した新人刑事・高木。「刑事にも守るべき家族がある」という組対課刑事・洲本とともに、暴力団幹部が惨殺された事件の謎を...

  • 小屋を燃す 719円
    作家 南木佳士
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/04/06

    文学と医業という二足の草鞋を綱渡りのように穿いて四十余年。 総合病院を定年退職し、今は非常勤医師として働く著者が、近年の己を題材に編み上げた四篇。 「畔を歩く」:定年退職を機に、うつ病を発症し...

セーフサーチの状態