読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

朝日文庫の作品一覧

170件中1-24件 (1/8ページ)
  • 警視庁特別取締官(3) デラシネの真実 期間限定立ち読み版 0円
    作家 六道慧
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/07/06

    密輸された蝶のサナギは、猛毒を持つ蝶に擬態したものだった。その出所を追う、警視庁特別取締班の女刑事・星野美咲と生物学者兼獣医の鷹木晴人は、掻い掘り作業中の池で発見された、白骨遺体との関連に気づき...

  • EPITAPH東京 648円
    作家 恩田陸
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/07/06

    刻々と変貎する《東京》を舞台にした戯曲「エピタフ東京」を書きあぐねている“筆者K”は、吸血鬼だと名乗る吉屋と出会う。彼は「東京の秘密を探るためのポイントは、死者です」と囁きかけるのだが........

  • 死なせない屋 713円
    作家 七尾与史
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/29

    『ドS刑事』『バリ3探偵圏内ちゃん』の著者の最新ミステリー。医師国家試験4浪中の良太は、謎の美女・神楽にスカウトされる。神楽は、三軒茶屋で、あらゆる手段で依頼者の命をまもる「死なせない屋」を営ん...

  • おとなの作文教室 「伝わる文章」が書ける66のコツ 691円
    作家 外岡秀俊
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/29

    書き出しがまとまらない。頭の中のイメージを具体的に表現できない‐‐。どうすればスッと伝わり、読み手に負担をかけない文章が書けるか。作文教室に寄せられた投稿と添削から、あなたの文章の弱点が見えてく...

  • できる大人の敬語の使い方 616円
    作家 本郷陽二
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/29

    敬語の使い方ひとつで、あなたの評価も仕事の効率も、驚くほどアップする! 名刺交換、電話対応、ビジネスメールの書き方、お客様対応、葬儀など、ビジネスシーンや日常生活ですぐに使えて、好感度も仕事の効...

  • 改革の不条理 日本の組織ではなぜ改悪がはびこるのか 713円
    作家 菊澤研宗
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/22

    神戸製鋼、希望の党、日本相撲協会、大学改革など、よかれと企図した組織の改革が頓挫するのはなぜか? 改善を図ろうとした改革が改悪へと合理的に変化していく様を分析し、「改革の不条理」を超えていくため...

  • 本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術 691円
    作家 小飼弾
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/22

    AIやらビットコインやら、ついていけないと思っている方へ。本を読むことで十分間に合う。著者は中卒の「落ちこぼれ」。しかし年間5000冊読み次々と血肉にすることで自分の可能性を広げてきた。伝説書評...

  • 朱温 (1~2巻) 918円950円
    作家 仁木英之
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/15

    朱温は奴僕の身ながら、謎の男・李我に武術と兵法を学び始める。彼は唐王朝への反乱軍・黄巣の乱に参加して頭角をあらわし、やがて後梁を建国して皇帝の座を手に入れるのだが......。朱全忠の一生を描き...

  • 耶律徳光と述律 (1~2巻) 799円821円
    作家 仁木英之
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/15

    契丹国の皇帝・耶律阿保機は、渤海攻略中に命を落とす。後継者には、彼の妻・述律の後押しで、凡庸だと思われていた徳光が選ばれた。彼は凄まじい勢いで契丹をまとめ、晋に侵攻する。やがて、晋を滅ぼし、「大...

  • 李嗣源 (1~2巻) 832円853円
    作家 仁木英之
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/15

    中国の唐代末期。遊牧民の有力者を父親に持つボギレは、その能力を河東の王・李克用に見いだされ、その仮子となる。やがて、李克用の息子・李存勗が皇帝になるが、彼の政治を顧みない態度に、李嗣源の不満は高...

  • オーディンの鴉 821円
    作家 福田和代
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/05/11

    不可解な遺書を残し、閣僚入り間近の国会議員・矢島誠一は謎の自殺を遂げた。真相を追う特捜部の湯浅は、ネット上に溢れる矢島を誹謗する情報を目にし、匿名の人間による悪意に戦慄を覚える。やがて、彼にも差...

  • 週末ちょっとディープなベトナム旅 713円
    作家 下川裕治 阿部稔哉
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/04/20

    20年前のトラブルを想いながらハノイを歩き、ホーチミンでベトナム人のフォーへのこだわりに触れ、大音量のデタム界隈でアジアのエネルギーに浸かる。カンボジアにも足を延ばし、小さな村の30年を語る。

  • 銀の街から 756円
    作家 沢木耕太郎
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/04/13

    映画の夢を文章で描きつくす。朝日新聞で15年続いた、映画評からはじまる名エッセイ・後編。文庫版あとがき収録。

  • 銀の森へ 756円
    作家 沢木耕太郎
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/04/13

    成功の果てにある地獄じみた世界、奇跡のような輝き、静かな悲哀‐‐映画はいつも私たちに思いもかけぬものを届ける。朝日新聞で15年続いた、映画評からはじまる名エッセイ二分冊のうちの一冊。1999~2...

  • 警視庁特別取締官 (1~3巻) 691円713円
    作家 六道慧
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/07/06

    女刑事・星野美咲が配属された「警視庁分室特別取締班」。相棒は、生物学者兼獣医であり、動物学的見地から推理を進める変人・鷹木晴人。ゴミ屋敷での殺人事件を調べる二人は、子供を産み続ける奇妙な女に不審...

  • 工作名カサンドラ 821円
    作家 曽根圭介
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/03/02

    奥多摩山中で瀕死の男性が発見された。警視庁刑事・荻大治郎は事件に食らいつくが、ある《極秘文書》の行方とからみ事態は複雑に。やがて政治家やスパイ、ホワイトハウスまでを巻き込み、1億3000万人の日...

  • 壊れた自転車でぼくはゆく 670円
    作家 市川拓司
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/03/02

    祖父の寛太に誘われた、壊れた自転車でゆく旅。その過程で寛太から聞く、限られた時の中で精いっぱい自分たちの命を生きた恋人たちの物語。あの戦争で心に深い傷を負った寛太と、彼が本気で愛した美しい少女・...

  • 日本人の質問 616円
    作家 ドナルド・キーン
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/03/02

    日本滞在が長くなるにつれ、私は日本人からいつも似たような問いを投げかけられることに疑問を覚え始め......(「日本人の質問」)。表題作のほか、新鮮な感覚で捉えた日本、日本文化についてのエッセイ...

  • 精鋭 713円
    作家 今野敏
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/03/02

    新人警察官の柿田亮は、警官としての日々の仕事に悩みつつも、拳銃などを使ったハイジャックや立てこもり事件を解決する特殊急襲部隊『SAT』の隊員を目指す! 優れた警察小説であり、青春小説、成長物語で...

  • 警視庁監察官Q 756円
    作家 鈴峯紅也
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/02/02

    人としての感情が欠落したことから、アイスクイーンと呼ばれる監察官・小田垣観月。2年前に起きたブラックチェイン事件で使用されたプラスチック爆弾の行方を追う彼女が、あらゆる情報を記憶できる能力を武器...

  • サンダカンまで わたしの生きた道 918円
    作家 山崎朋子
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/02/02

    大ベストセラーとなった『サンダカン八番娼館』の著者の波瀾に満ちた自伝。顔を切られるアクシデント、朝鮮人青年との結婚と別れ、そして再婚・出産を経て女性史の道へ。どんな困難にもめげずに自立し続けた女...

  • 斬! 江戸の用心棒 626円
    作家 佐々木裕一
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/01/26

    月島真十郎が剣術修行から江戸に戻ると、藩邸は竹矢来で閉ざされていた。老中の父が急死し、領地は召し取られていたのだ。帰る場所を失った真十郎は用心棒稼業を始めるが、お家騒動を巡る黒い噂を耳にして.....

  • 僕はLCCでこんなふうに旅をする 713円
    作家 下川裕治
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2017/12/08

    若者の利用増、沖縄日帰り、LCC専用ターミナルの登場......LCCは日本の空の旅を変えた。いつでも安い? デメリットは? 今さら聞けないLCCの基本、使い方、しくみ、さらに使いこなすノウハウ...

  • 抗争 巨大銀行が溶融した日 799円
    作家 江上剛
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2017/12/08

    元みずほ銀行マンの著者が、日本組織の病巣を鋭くえぐる金融サスペンス! 2011年3月、東日本大震災義援金の振り込みが集中し、ATMのシステム障害を起こしたミズナミ銀行。その2年後、コンプライアン...

セーフサーチの状態