読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

河出文庫の作品一覧

5件中1-5件 (1/1ページ)
  • 新装新版 枯木灘 814円
    作家 中上健次
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2015/01/23

    紀州・熊野の貧しい路地に、兄や姉とは父が異なる私生児として生まれた土方の秋幸。悪行の噂絶えぬ父・龍造への憎悪とも憧憬ともつかぬ激情が、閉ざされた土地の血の呪縛の中で煮えたぎる。愛と痛みが暴力的に...

  • 新装新版 十九歳の地図 682円
    作家 中上健次
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2015/01/23

    予備校生のノートに記された地図と、そこに書き込まれていく×印。東京で生活する少年の拠り所なき鬱屈を瑞々しい筆致で捉えた青春小説の金字塔「十九歳の地図」、デビュー作「一番はじめの出来事」他「蝸牛」...

  • 奇蹟 1320円
    作家 中上健次
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2015/01/23

    金色の小鳥が舞い、夏芙蓉の花が咲き乱れる紀州・新宮の路地。歌舞音曲に現を抜かし若死にするという七代にわたり仏の因果を背負った、淫蕩の血に澱む一統・中本。「闘いの性」に生まれついた極道タイチの短く...

  • 日輪の翼 1045円
    作家 中上健次
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2015/01/16

    母なる聖地熊野と訣別し、若者と老婆たちはセックスと御詠歌の旅に出る。神の地皇居まで、何を探し求め彷徨うのか。聖俗混淆の流離譚。

  • 千年の愉楽 660円
    作家 中上健次
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    紀州南端の地を舞台に、高貴で不吉な血の宿命を分かつ若者たちの生と死を、神話的世界を通し過去・現在・未来に自在に映しだす新しい物語文学。

  • 1
セーフサーチの状態