読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

河出文庫の作品一覧

32件中1-24件 (1/2ページ)
  • テレヴィジョン・シティ 1430円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/08/05

    《鐶(わ)の星》の巨大なビルディングで生きるアナナスとイーイー。父と母が住む碧い惑星への帰還を夢み、出口を求めて迷路をひた走る二人に、脱出の道はあるのか?......SF巨篇を一冊で待望の復刊!

  • 兄弟天気図 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    水天宮の段々坂に鈴の音が鳴ると、ぼくの兄さんとよく似た少年が現れる。歳の離れた姉さんは言う。ぼくには六歳で死んだもう一人の兄がいたのだと。兄さんは作り話だと笑うのだが...著者が初めて子どものた...

  • 天球儀文庫 440円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    ケンタウリ・プロキシマ。"星の名前"を教えてくれた宵里という名の少年は、いつもアビを魅了してやまない。ソォダ水のはじける音、天使の枕、流星群の観測...秋の新学期から、翌年の夏期休暇まで、二人が...

  • 行ってみたいな、童話の国 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    この物語、ほんとうは、子どもたちに聞かせるような話ではないのです...「ハンメルンの笛吹き」「ピノッキオ」「にんじん」-笑いとざわめきと官能にみちた物語の国を、夢み、旅する、長野まゆみの残酷童話集。

  • 遊覧旅行 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    月の船、流星のささやき、楽園の鳥...一冊の本を鞄に入れて出かけた旅の途上で出逢った、不思議な街と夢と人々。夢想の船に乗って、京都・大阪・神戸をゆく、魅惑の幻想旅行紀。JR西日本「三都物語」キャ...

  • 猫道楽 440円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    学生課で紹介された猫シッターのアルバイトで、一郎は"猫飼亭"なる屋敷を訪れる。家主とその美しい兄弟の奇妙な注文に応えるうちに、彼は不思議な世界をのぞくことになり...庭の桜に誘われた"猫飼亭"を...

  • 野ばら 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    銀色と黒蜜糖-。白い野ばら咲く庭に住みついた2匹の美しい猫と同じ名前を持った2人の少年は何者なのか?目覚める度により深い眠りにおちてゆく少年月彦。その不思議な夢の中で繰り広げられた真夏の夜のフェ...

  • 綺羅星波止場 440円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    大陸の涯での山地から運ばれて来た石は瑠璃色、それはやがて砕かれ、「群青」になるという。その鉱石が欲しくて、夜更けの波止場をさまよう灯影と垂氷の前に、丸眼鏡の妙な麺麭屋が現れた...。長野ワールド...

  • コドモノクニ 440円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    きっとあしたはもっといいことがある。みんながそう信じていた時代の子どものお話です(長野まゆみ)-21世紀になるまであと31年。その年、マボちゃんは11歳。チロリアンテープ、フィンガービスケット、...

  • 賢治先生 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    少年たちを乗せた汽車は、ひたすら闇のなかを疾ります...ケンタウリ祭の晩に汽車に乗ったジョヴァンナとカンパネッラ。大切な人を探す旅の途中で二人と同じ席に乗り合わせた賢治。賢治と少年たちの蒼白い銀...

  • 新学期 440円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    17歳も年上の兄・朋彦に引き取られることになった史生。兄が教師を勤める学校に転校した彼は、そこで朋彦を慕う二人の少年に、少々手荒な歓迎を受ける。朋彦を自分だけの兄にしたいのだという彼らに、次第に...

  • 夏至祭 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    ぼくはどうしても失くした羅針盤を探し出したいのさ‐‐。半夏生の夜まで、あと二週間、集会はその夜に開かれるのに、会場の入口を見つけるための羅針盤を落としてしまった――。好評の文庫オリジナル。

  • 魚たちの離宮 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    夏のはじめから寝ついている友人の夏宿を、市郎は見舞いに訪れた。夏宿を愛する弟の弥彦。謎のピアノ教師・諒。盂蘭盆の四日間、幽霊が出ると噂される古い屋敷にさまよう魂と少年たちとの交感を描く。

  • 三日月少年漂流記 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    博物館に展示されていた三日月少年が消えた。充電式のニッカド電池で動く精巧な自動人形は、盗まれたのか?自ら逃亡したのか?三日月少年を探しに始発電車に乗り込んだ水蓮と銅貨の不思議な冒険を描く、幻の文...

  • 聖月夜 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    あのL・キャロルの不思議の国で、少年アリスが活躍する「少年アリス三月うさぎのお茶会へ行く」の他、珠玉のクリスマス・ストーリー三篇を収録した、聖夜の夢を美しく奏でる忘れられない物語集!

  • 夜間飛行 440円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    月はもう沈み、夜空には満天の星が燦めき、海には星の光が静かに映っていたのだけれど、突然、ぼくたちの眼の前で、海面がせり上がり、檸檬色の潜水艇が現れた。ぼくたちはそれに乗り込んだが、これはほんとう...

  • 超少年 495円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    スワンは兄と二人暮らし。13歳の誕生日、立て続けに三人の少年から"王子"に間違えられた。"超"の最中に事故にあい、行方不明になっている王子にそっくり、というのだ。本当の王子はどこに?..."超"...

  • カンパネルラ 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    「兄さん、あの署名、――あれはどう云う意味。自分の名前を記せばいゝのに」。緑に深く埋もれた祖父の家で、ひとり療養する兄の夏織。気怠い夏の空気の中、弟の柊一は兄の隠れ処を探して川を遡っていく。

  • 夜啼く鳥は夢を見た 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    子供たちが沈んでいる、と云われる美しい沼のほとりに建つ一軒の家。そこで祖母と2人きりで暮らしている従兄の草一を、紅於と頬白鳥の兄弟が訪れる。沼の底へと誘う青い鳥を追って消えた少年たちの愛を描く水...

  • 天体議会 プラネット・ブルー 495円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    水蓮との友情。兄との確執。自動人形と噂される謎の少年との不思議な出会い。そして少年たちをのせた船は、南へと出航したのか。兄を想う少年・銅貨をめぐって、星の少年たちの孤独を描いた、長野まゆみの"星...

  • 八月六日上々天氣 495円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    昭和二〇年八月六日、広島は雲ひとつない快晴だったー東京の女学校に通う十五歳の珠紀。戦争の影が濃くなるなか、友人たちは次々軍人に嫁いでゆき、珠紀は従弟の担任教師と結婚する。だが突然、夫は軍に志願し...

  • 夏帽子 440円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    先生、今度は何処の学校へ行くのだろうね...紺野先生は臨時の理科教師。白い夏帽子に旅行鞄。任地の学校の生徒たちは、先生が駆使する言葉の魔法に誘われ、不思議な世界をかいま見る。長野ワールドのエッセ...

  • 夏至南風 440円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    海藍地(ハイランデイ)の街に夏至南風が吹いてくると、果実は腐り、少年たちの死体が運ばれてくる...「海岸ホテル」の兄弟が出会った美しい少年碧夏(ビーシア)は、その夏どこに連れ去られ、彼の身に何が...

  • 宇宙百貨活劇 ペンシルロケット・オペラ 385円
    作家 長野まゆみ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    ミケシュとロビンは双子、ふたりのどちらが兄で弟か、パパとママにも決められない...。美しく移り行く季節の中で、ふたりの少年が楽しく過ごす夢の世界を描いた表題作のほか、著者自家製ことば辞典「ことば...

セーフサーチの状態