読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「グループ・ゼロ」から出版された作品

13件中1-13件 (1/1ページ)
  • 忘八武士道 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/24

    死ねば地獄、生きても地獄! 追われる星の下に生れ、流れ着いたは「忘八」稼業!! 「孝」「悌」「忠」「信」「義」「廉」「恥」の八つを忘れた外道・非情の世界。主人公"明日死能"の鬼哭の剣に託して描き...

  • 半蔵の門 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/24

    伊賀忍者の頭領の子・半蔵正成、後の二代目・服部半蔵は素ッ破(すっぱ=忍びの者、諜報員)として弘治三年に松平次郎三郎元信(後の徳川家康)に仕えることとなる。

  • 春が来た 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/24

    職を失った初老の元同心・太郎兵衛と元忍者・次郎兵衛。十手一筋、隠密一筋の二人は友情で固く結ばれ、現世という"地獄"と対峙してゆく。時には、人の情、女の情にほだされながら、血の涙を流し、この生き地...

  • 畳捕り傘次郎 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/23

    「ごめんなすって」「待ちな! おらぁ、八丁堀の坂根傘次郎だ。おめえの名は?」「肩車の才蔵と申しやす」。―――捕物日本一の八丁堀の同心・傘次郎と手下となる才蔵との出会い。そして背中に河童の刺青をし...

  • 孫悟空 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/23

    お釈迦様との約束のため、天竺まで取経の旅にでた三蔵法師・玄奘、悟空、八戒、悟浄。立ち寄った人里の村、火州・火焔村は牛魔王の女房・羅刹女の持つ芭蕉扇によって灼熱地獄と化していたが!?

  • 子連れ狼 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/23

    一殺五百両! 子連れの刺客、人呼んで "子連れ狼"。柳生一族の厳しい追撃をはねのけ、広野をさすらう拝一刀とその子大五郎は何を目指すのか? 巷間を感動の渦に巻き込んだ時代劇の金字塔、堂々のスタート!!

  • 首斬り朝 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/23

    幕臣ではなく浪人の身分のまま、御腰物奉行や町奉行の依頼を請け、刀の斬れ味や鑑定を行なう御様(ため)し御用の三代・山田朝右衛門。朝右衛門には、家督を継ぐ時に、父の命で、蔭腹を切った父の眉間をたて割...

  • 甲斐の虎 武田信玄 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/23

    若き日の信玄・晴信は、家督の譲り受けを進言し、父・信虎から疎まれる。傍若無人な信虎に反感を持つ家臣たちに担がれた晴信は叛旗を翻すが...。

  • 唇役主丞 乾いて候 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/23

    ゾッとするほどのイケメン武士。将軍家の毒味唇役(どくみくちやく)として新たに召し抱えられた男の名は腕下主丞(かいなげもんど)。将軍吉宗をなきものにと暗躍する甲賀忍群との凄絶な闘いが始まる!

  • ケイの凄春 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/23

    春まだ浅き北国街道。松代通りの須坂近く......。野宿していた証刑一郎こと"ケイ"は、ふとしたことで美しい大名主の娘・小夜の家の客人となった。だが、そこには小夜を力ずくで奪おうとする卑劣な武士...

  • 激突 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/23

    ある日、三代将軍家光のお世継ぎ、長男竹千代が公儀隠密の根来忍者の一団に襲われた。何故に公儀隠密が将軍家お世継ぎを狙うのか? 竹千代君の身辺を警護する豪剣士・石河刑部をはじめ七人の侍は、それぞれの...

  • 孔雀王伝奇 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2017/02/23

    延宝八年、江戸幕府の四代将軍・家綱公が死んで百日が過ぎた。将軍の遺言をめぐって、三つの家が世継ぎ争いをしていた。背後には、異世界の盟主たちの影。争いの渦中に立たされた浪人・砂盃蔵人(さはいくらん...

  • 道中師 (全4巻) 432円
    作家 小池一夫・小島剛夕
    出版社 グループ・ゼロ
    販売開始日 2015/08/24

    黒元結蓮(くろもとゆいれん)と呼ばれる江戸のスリの大元締めに勝負を挑む一人の男、暗九郎。彼は、かつて凄腕の女道中師・かぶとの新子の愛弟子だった。その神業ともいえる指でスリ取ろうとするものは何か....

  • 1
セーフサーチの状態