読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「プレクサス」から出版された作品

33件中1-24件 (1/2ページ)
  • 記録36号 3080円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    レーベル Akio Nagasawa Publishing
    販売開始日 2018/06/08

    森山大道 記録シリーズに度々現れる新宿にある「あかるい花園一番街」。 2017年に公開された寺山修司原作の映画「あゝ荒野」のスチールが撮り下ろされた場所だ。 新宿の混沌とした裏通りから、渋谷、池...

  • 記録35号 3080円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    レーベル Akio Nagasawa Publishing
    販売開始日 2018/05/28

    アレ・ブレ・ボケを感じさせる暴力的な表現に加え、どこか穏やかな印象を受ける今作。 森山大道作品に度々現れる、バイク、背中、路地裏、マネキンなどのモチーフが、従来の記録とは異なる独特な雰囲気を醸し...

  • 記録34号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    レーベル Akio Nagasawa Publishing
    販売開始日 2017/08/22

    記録34号は森山大道がドライブで訪れた秩父(埼玉県)市街とその近郊を写したもので構成されている。 ほゞ毎日、東京都内あちこちをうろつき回って街頭スナップを写している。 そんな日々のなか時折ふと...

  • 記録33号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    レーベル Akio Nagasawa Publishing
    販売開始日 2017/04/14

    撮影期間、わずか1日。 森山大道の、2016年10月29日、土曜日。 記録26号とは異なる『池袋』があり、その日、その場所へと切り込んでいく、ストリート・スナップの真骨頂。 池袋西口公園、北口...

  • 記録32号 3080円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    レーベル Akio Nagasawa Publishing
    販売開始日 2016/12/16

    2016年夏、神戸で初の写真展となる兵庫県立美術館森山大道写真展「仮想都市~増殖する断片」に合わせ刊行された。 森山大道が半世紀も前から連日のように通った神戸の街。 当時の記憶の街路を辿りながら...

  • 記録31号 3080円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    レーベル Akio Nagasawa Publishing
    販売開始日 2016/10/21

    東京とパリが織りなす“二都物語” フランスの “Foundation Cartier pour l'art contemporain” にて開催された「DAIDO TOKYO」展にさいして訪れた...

  • 記録30号 3080円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2016/03/30

    『かつて観た懐かしきマラケシュであり、じつに光の王国そのものであった。』森山大道(「記録30号」より抜粋) 差し込む光とそこに現れる影が織りなす濃淡の世界。映し出される人々や路地と結びつく、自身...

  • 記録29号 3080円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2016/02/26

    街角の人影や建物、ひっそりと存在している路地裏。 どこか物寂しい風景が、デジャブのように見るものの 記憶をするどく呼び覚ます。 東京のスナップで構成された一冊。 あとがきに公式に発表された唯一の...

  • 記録28号 3080円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/12/25

    『走行し通り過ぎた台湾のさまざまな都市や町や村、そして擦過した沿道の人々の情景や光景は、写すぼくにあれこれの記憶を蘇らせ、さらに数多くの新しい記憶を植え付けてくれた。(『記録28号』より著者コメ...

  • 記録27号 3080円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/11/27

    「シャッターボタンを押せば写真は写せるが、写す者と写される者との間隙にひそむ意識上の距離感には、想像を超えてシビアでデリケートな課題が常に横たわっている」(『記録27号』より著者コメント) 『記...

  • 記録11号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    2009年1月に刊行された森山大道の私家版写真誌「記録 第11号」を電子書籍化。森山大道が写真とめぐり合った街、大阪を写した作品集。記憶と現在が交錯する、どぎつくて色っぽい夏の日の記録。

  • ラビリンス 完全版 4400円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    「本作でのコンタクトシートの再構築に際して、否応なくこれまでに撮影したフィルム全てを見返すこととなった。」 フィルムを見返すことは、同時に自身の写真家としての道のりを振り返ること。森山自身が再構...

  • 記録12号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    2009年8月に刊行された森山大道の私家版写真誌「記録 第12号」を電子書籍化。「世界は有史以前より、連綿と無数の人々の眼ざしによって、視=写され、果てしのないコピーを成してきたのだ。そのオリジ...

  • 記録14号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    「『記録』が、デジタル・スナップによるオールカラーになる日がくるなんて、思ってもみなかった」(著者コメントより)。2010年3月に刊行された森山大道の私家版写真誌「記録 第14号」を電子書籍化。...

  • 記録8号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    34年の時を経て復刊された『記録』シリーズの復刊第3号「記録 第8号」(2007年10月刊行)を電子書籍化。3年間こだわって通ったハワイ撮影を終え、本来のテリトリーである“東京”に森山大道が帰っ...

  • 記録9号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    「昨年9月、ドイツのケルン、ベルギーのアントワープ、ノルウェーのオスロと、北ヨーロッパの三つの都市を駆け足で回った。今回の「記録」は、その折の通りすがりに写したものばかりである」(著者コメントよ...

  • 記録7号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    2007年5月に刊行された森山大道の私家版写真誌「記録 第7号」を電子書籍化。記録せずにはいられない、ストリートの狩人が捕らえる都市の記憶。光と闇の饗宴。

  • 記録16号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    「結局カメラを手に路頭に居るときだけが元気なわけで、むしろこの一点だけが、ぼくの唯一のアイデンティティかもしれない」(著者コメントより)。2010年8月に刊行された森山大道の私家版写真誌「記録 ...

  • 記録10号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    「ぼくらの日常とは、既視感と未視感がスパークする、ぬきさしならない場所なのだ。折角だから、記録しておかなくっちゃあね」(著者コメントより)。日本、ヨーロッパ、南米などの街頭で撮影され、2008年...

  • 記録 第1-5号 完全復刻版 4950円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    1972年から1973年にかけて刊行された森山大道の私家版写真誌「記録 第1‐5号」を電子書籍化。焦燥感を抱えつつ、自らの“根拠地”を求めて表通りから裏通りを彷徨い歩いた森山大道の記録が今蘇る。...

  • 記録6号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    34年の時を経て、2006年に復刊された幻の森山大道の私家版写真誌「記録 第6号」を電子書籍化。砕け散ったガラス、陽だまりのビルディング、地下街の群集、雨に濡れたアスファルト。都市のざわめきと混...

  • 記録15号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    「マンハッタンは、魅せられ惹かれときめくサムシングに充ちている」(著者コメントより)。2010年4月に刊行された森山大道の私家版写真誌「記録 第15号」を電子書籍化。真冬のニューヨークは、限りな...

  • 記録17号 2310円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    「巷間を目撃し、直感し、歩き捜し求めるという街頭スナップカメラマンの有り様は、ハード・ボイルド小説とつながる感じもある」(著者コメントより)。2010年9月に刊行された森山大道の私家版写真誌「記...

  • 記録26号 3080円
    作家 森山大道
    出版社 プレクサス
    販売開始日 2015/08/07

    「池袋愛すべし、池袋あなどり難し、というのがぼくの只今の感想である。」(「記録 第26号」より 著者コメント) かつては新宿の街一辺倒だった森山大道が、散歩の途中でたまたまちょっと気に入った一枚...

セーフサーチの状態