読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「ポット出版」から出版された作品

7件中1-7件 (1/1ページ)
  • 倫理の起源 2970円
    作家 小浜逸郎
    出版社 ポット出版
    レーベル ポット出版プラス
    販売開始日 2019/04/19

    「道徳」あるいは「善」とは、どんな姿をとっており、それがいかなる理由によって根拠づけられるのか。「倫理問題」の拠ってきたるところと、それが含む厄介さについて、徹底的に明らかにする。

  • 自由は人間を幸福にするか 1100円
    作家 長谷川三千子 佐伯啓思 竹田青嗣 小浜逸郎
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2014/03/20

    われわれはいま「幸福」か。「自由」を手にするとはどういうことか。ポストモダンの価値相対主義を超えて長谷川三千子、佐伯啓思、竹田青嗣、小浜逸郎が「自由」を語り合う。各氏がすすめる「人間の自由を考え...

  • 男はどこにいるのか 1100円
    作家 小浜逸郎
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2014/02/28

    今、生きづらい男が増えていないか?男にとって、女とは、セックスとは、エロスとは...関係性から見えてくる「男」の存在論。

  • 方法としての子ども 1100円
    作家 小浜逸郎
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2014/02/28

    エロス、労働、死という3つのキーワードから、子どものありようを大人との関係のなかに捉えていく本質的子ども論。大和書房刊、ちくま学芸文庫を経て復刊。

  • 可能性としての家族 1100円
    作家 小浜逸郎
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2014/02/07

    結婚・夫婦関係・親子関係に悩む人に、家族という共同体の本質とは何か、それはどんな条件によって成り立つのかを解いた名著。一九八八年大和書房版を復刊しました。新規に索引をプラス。さらに復刊にあたって...

  • 子供問題 学校、家族、メディアに見る子供をめぐる矛盾 1045円
    作家 小浜逸郎
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2012/10/01

    小浜逸郎が2001年から約十年にわたり発表してきた文章から、子ども、教育に関わるものを一挙収録。 「子どもという存在について」「メディアから見る子ども」「学校、教育の現場に見る子ども」と、三つの...

  • 大人問題 目標喪失した社会を正しく生きるために 1045円
    作家 小浜逸郎
    出版社 ポット出版
    販売開始日 2012/10/01

    現代に生きる「大人」たちの多くが感じている不安の実態とは、一体何なのか。 成熟と老いと死、労働の意義、他人との付き合い、恋愛、家族、若年および中高年期のアイデンティティ・クライシス、先端文明と...

  • 1
セーフサーチの状態