読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「中央公論新社」から出版された作品

1743件中49-72件 (3/73ページ)
  • 赤星鉄馬 消えた富豪 2750円
    作家 与那原恵
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/12/27

    武器商人の父の遺産で日本初の学術財団「啓明会」を設立し学者を支援。釣りやゴルフの世界でも名を馳せ、樺山愛輔や吉田茂ら華麗なる人脈を持ちながら、何も残さず消えた謎の実業家の一生。

  • 道誉なり (全2巻) 649円692円
    作家 北方謙三
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/12/27

    「毀すこと、それがばさら」。後醍醐帝との暗闘、実弟直義との対立で苦悩する将軍足利尊氏を常に支え南北朝動乱を勝ち抜いたばさら大名佐々木道誉とは。

  • 合本版 道誉なり(上・下) 1341円
    作家 北方謙三
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/12/27

    「毀すこと、それがばさら」。後醍醐帝との暗闘、実弟直義と の対立で苦悩する将軍足利尊氏を常に支え南北朝動乱を勝ち抜いたばさら大名佐々木道誉。 足利尊氏と実弟直義の熾烈極まる 骨肉の争いの中で...

  • 山の上のランチタイム 1760円
    作家 高森美由紀
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/12/27

    都会で修業した登磨に片思いする美玖は、アピールポイントが元柔道部の足腰の強さだけというおっちょこちょい(失敗ばかりで解雇の危機も)。さらに、登山口にあるレストランに集う少々変わったお客たちにも翻...

  • さよなら獣 704円
    作家 朝比奈あすか
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/12/19

    美しく野性的な野々花、聡明でプライドの高い阿佐、繊細ゆえに孤絶しがちな咲。 小学5年生の春、三人はそれぞれの理由でクラスで浮いてしまう。 共通点も一切ない彼女たちだったが、二十歳になり、 それぞ...

  • 日韓激突 「トランプ・ドミノ」が誘発する世界危機 924円
    作家 手嶋龍一 佐藤優
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書ラクレ
    販売開始日 2019/12/17

    GSOMIAをめぐり揺れに揺れた日韓。両国はついに全面衝突の様相に。「安倍政権が韓国を巧妙に追い詰め破棄させたのだ。この手法は、日本を開戦に踏み切らせたハル・ノートを思わせる。短期的には〝完勝〟...

  • 幕末京都守護職始末 814円990円
    作家 藤本ひとみ
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/12/09

    剣ですべてを切り開く! 幕末の京都を舞台に、少年剣士・孝太郎の成長と会津藩の数奇な運命を描くシリーズ第一弾。

  • 愛しいひとにさよならを言う 814円
    作家 石井睦美
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    生まれたときから父親はいない。絵画修復家の母と、母の年上の友人・ユキさんに育てられた。幼い日のわたしは、三人が家族だと知っていた。わたしは、三人のしあわせな日々がいつまでも続くと信じて疑わなかっ...

  • 合本版 楠木正成(上・下) 1298円
    作家 北方謙三
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    乱世到来の兆しの中、大志を胸に雌伏を続けた楠木正成は、倒<br>ついに京を奪還し倒幕は成る。しかし...。悪党・楠木正成の峻烈な生き様を迫力の筆致で描く、渾身の歴史巨篇。

  • わが愛する土佐くろしお鉄道 660円
    作家 西村京太郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    東京の大学に通う早川ゆきは、同郷の恋人・原田と高知へ帰省する当日、自室で刺殺され、乗車予定のJR切符は消えていた! 原田に疑いがかかる中、十津川と亀井は高知で地元の権力者であるゆきの父・秀典に会...

  • 楠木正成 (1~2巻) 649円
    作家 北方謙三
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    乱世到来の兆しの中、大志を胸に雌伏を続けた悪党・楠木正成は、倒幕の機熟するに及び寡兵を率いて強大な六波羅軍に戦いを挑む。北方「南北朝」の集大成。

  • 合本版 絶海にあらず(上・下) 1426円
    作家 北方謙三
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    海を、わが庭のように駈ける。人智の及ぶかぎり、海とともに<br>海の民を率い、ついに朝廷の水軍との対決が! 夢を追い、心のままに生きた男の生涯を描く歴史巨篇。

  • 天使が見たもの 少年小景集 946円
    作家 阿部昭
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    病死した母親の後を追う少年の姿を端正な文体で描いた表題作ほか、デビュー作「子供部屋」、教科書の定番作品「あこがれ」「自転車」など全十四編を収める。短篇小説の名手による〈少年〉を主題としたオリジナ...

  • 絶海にあらず (1~2巻) 713円
    作家 北方謙三
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    京都・勧学院別曹の主、純友。赴任した伊予の地で、「藤原一族のはぐれ者」は己の生きる場所を海と定め、律令の世に牙を剥いた! 渾身の歴史長篇。

  • 奔る男 小説 金栗四三 1650円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/11/29

    「日本初のオリンピック代表選手」にして「箱根駅伝の父」――進取の気性に富んだ「伝説のアスリート」が三度のオリンピックで刻んだ、不屈の軌跡。読売新聞人気連載、待望の電子書籍化。

  • 最果ての決闘者 2090円
    作家 逢坂剛
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/11/29

    新選組副長・土方歳三は箱館で落命した――はずだった。頭部に銃弾を受け記憶を失った土方は〈内藤隼人〉と名を変え、彼を慕う時枝ゆらとともに米国西部へと渡った。<br>過酷な旅路、先住民との戦闘、そし...

  • 葛飾土産 1100円
    作家 永井荷風
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    麻布・偏奇館から終の棲家となる市川へ。「戦後はただこの一篇」と石川淳が評した表題作ほか、「東京風俗ばなし」などの随筆、短篇小説「にぎり飯」「畦道」、戯曲「停電の夜の出来事」など十九編を収めた戦後...

  • 海賊と女王の航宙記 (1~3巻) 990円1100円
    作家 茅田砂胡
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/11/27

    惑星ブラケリマの、あの整備士のガストーネがパピヨンに頼み事を!? 伝説の飛翔士の復活か? 好評シリーズ!

  • 出張料亭おりおり堂 月下美人とホイコーロー 770円
    作家 安田依央
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/21

    「おりおり堂」に仁が戻り、山田澄香はまさかの「喪女」卒業か――と思われたが、今度はおじゃま虫が現れた。仁の弟で橘グループ総帥候補・孝だ。会社へ戻るよう仁を説得するため「料理を教えてほしい」と店に...

  • 洋菓子店アルセーヌ (1~2巻) 748円792円
    作家 九条菜月
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/21

    恋人の浮気発覚でボロボロの陽咲は、傷を癒してくれたケーキの美味しさに感動し洋菓子店「アルセーヌ」で働くことに。だがこの店には怪しい裏稼業があって? その秘密を知ってしまった陽咲の運命は――?

  • 老いのゆくえ 902円
    作家 黒井千次
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書
    販売開始日 2019/11/08

    運転免許の返納、繰り返す転倒、進まない整理整頓――85歳という新たな区切りを超えた作家が、達意の文章で描く「老いの日常」。

  • 賢者の愛 660円
    作家 山田詠美
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/10/31

    幼い頃からの想い人、諒一を奪った親友の百合。二人の息子に「直巳」と名付けた日から、真由子の復讐が始まった。二十一歳年下の直巳を調教し、“自分ひとりのための男”に育てる真由子を待つ運命は――。谷崎...

  • アンダスタンド・メイビー (全2巻) 776円796円
    作家 島本理生
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/10/31

    少女は踏み込んだ、愛と破壊の世界へ――。著者デビュー10周年記念書き下ろし作品。恋愛小説の枠を超えた恋愛小説の誕生。

  • 合本版 魂の沃野(上・下) 1518円
    作家 北方謙三
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/10/31

    雪が降る。加賀の雪は、赤い雪だ。<br>雪中に翻るは、「風」の旗――。<br><br>戦国の乱世に、加賀の地において百年にわたって独立国家を成した「百姓ノ持チタル国」――その誕生前夜に、北方文学...

セーフサーチの状態