読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「亜璃西社」から出版された作品

6件中1-6件 (1/1ページ)
  • 南極あすか新聞1987――初越冬の記録 5500円
    作家 高木知敬
    出版社 亜璃西社
    販売開始日 2019/12/13

    今や幻となった日本第3の南極観測基地「あすか」。1987年、強風吹きまくる“嵐の大地"で初の越冬観測を行った8人の男たちの暮らしぶりを、日々生々しく伝えたのが、基地内日刊紙「南極あすか新聞」だっ...

  • 南極料理人の悪ガキ読本 : 北海道旨いぞレシピ付き 1650円
    作家 西村淳
    出版社 亜璃西社
    販売開始日 2013/12/13

    ベストセラーを記録し、堺雅人主演で映画化もされた『面白南極料理人』の著者が、懐かしくも恥ずかしい北海道での青春の日々を、セキララにつづった青春エッセイ◇「大笑いしたくなる愉快な青春追憶エッセイ。...

  • いつだってプカプカ 1100円
    作家 和田由美
    出版社 亜璃西社
    販売開始日 2013/12/13

    若き日の著者が、1980年代に新聞・雑誌に書いたエッセイやコラムをまとめた第一エッセイ集◇女手ひとつで息子を育てる編集者兼ライターの著者が、地下鉄で、食卓で、職場で、酒場で、映画館で、その時々に...

  • 日曜日のカレー 1430円
    作家 和田由美
    出版社 亜璃西社
    販売開始日 2013/12/13

    「わが家のカレーライスには、思い出がいっぱい!」。真紅のアカネ、母お手製のオムライス、縁日のかき氷、真夏の冷麦、ネット入り冷凍ミカンなどなど、忘れかけた幼い日の思い出を、芳醇な香りと鮮やかな彩り...

  • なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか? 1760円
    作家 鷲田小彌太 井上美香
    出版社 亜璃西社
    販売開始日 2013/12/13

    佐々木譲、今野敏、京極夏彦、馳星周、東直己、鳴海章、高城高...。日本ミステリーの一翼を担う北海道出身現役作家から、長谷川海太郎、久生十蘭、水谷準、渡辺温など、戦前の探偵小説草創期を支えた作家ま...

  • さっぽろ喫茶店グラフィティー 1320円
    作家 和田由美
    出版社 亜璃西社
    販売開始日 2013/12/13

    懐かしい学生街の喫茶店から音楽喫茶まで、70~80年代を中心に著者の独断でセレクト!◇札幌初のタウン情報誌『月刊ステージガイド札幌』の編集長を務めた著者が、自らの思い出とともに喫茶店の小さな物語...

  • 1
セーフサーチの状態