読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「大学教育出版」から出版された作品

23件中1-23件 (1/1ページ)
  • 存在と認識 5292円
    作家 大滝朝春
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2014/04/25

    真理の追求である哲学の主な課題は、存在論と認識論であり、このことは著者にとっても同様である。本書は古代から現代に至る哲学者の認識論を取り上げ、認識論が真に学びとしての認識論たり得るためには、いか...

  • 図書館の基本を求めて (1~5巻) 1188円
    作家 田井郁久雄
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2014/01/10

    本書は、2001年から2003年の個人誌『風』と同人誌『三角点』への発表から選んでまとめた。作家・文化人からの図書館批判や研究者による貸出サービス批判への反論等を柱に、時代の動きに対して、図書館...

  • 「直感分析法」の原点と拠点 1512円
    作家 渡邊佳明
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2014/01/10

    本書では、「直感分析法」について、まず〈過去形〉を本質とする原点編で、すでにあって見いだされていることを述べ、次に〈未来形〉を本質とする拠点編で、その根拠を問い、それを確認することを試みている。

  • 直感分析論 : 「言葉」と「心」の領域 1404円
    作家 渡邊佳明
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2014/01/10

    新たな直感概念の構築と分析を主題とし、その主要領域として「言葉」と「心」を特定し、前者については「文学」を、後者については「心理検査」を具体例として直感とはどのような働きをしているかを分析・考察する。

  • 「心の問題」と直感論 1404円
    作家 渡邊佳明
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/27

    直感概念の「純粋な直感」「普通の直感」のうち、後者に焦点を当てて「心とは何であるか」、現代文明の持つ問題点等に迫る。特に直感概念の3要素(根源・超越・自己)の内、自己の拡大が心の問題を深刻にして...

  • 近代日本精神史 : 福沢諭吉から丸山真男まで 2160円
    作家 南原一博
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/27

    国家の自立とデモクラシーの要求という相克する二つの課題をかかえた近代日本は明治の天皇制国家形成、大正デモクラシーの修正、昭和ファシズムの破綻をたどったが、そのメカニズムを明らかにすることにより再...

  • 環境の世紀をどう生きるか : 環境倫理学入門 2916円
    作家 青木克仁
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/27

    環境破壊は生態系の崩壊をもたらすとともに、今や、人間の生物的な生存基盤を脅かすに至っている。本書では、「人間中心主義的価値観」からの位置ずらしを試み、そうして見いだされた新たな価値観でのライフス...

  • 直感の原型 : 「神話」と「民話」 1512円
    作家 渡辺佳明
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/27

    直感の原型を神話・民話に求め、直感理論を直感物語論に絡めることで、直感概念を強化し、あわせて東洋と西洋の対比および共時性概念に基づくレヴィ=ストロース、ユング両理論の対比から外発生・内発性視点を...

  • 続・直感分析論 : 「行動」と「身体」の領域 1404円
    作家 渡邊佳明
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/27

    直感が、心理的な概念であることは、これまでの直感論や直感分析論では一貫したとらえ方であるが、心理的なものにかぎられないこともまた本質的である。本書では直感が全体性と向き合うことにおいて働く作用で...

  • 東方女人国の教育 : モソ人の母系社会における伝統文化の行方 2160円
    作家 金龍哲
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/20

    これまでのモソ人に関する研究は、モソ人の通過儀礼や家庭教育、文化の伝承などの課題はほとんど言及されていない。本書は、著者による9回の現地調査を踏まえ、それらを9章にわたって述べる。

  • オリンピックの言語学 : メディアの談話分析 1512円
    作家 神田靖子 山根智恵 高木佐知子
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/20

    本書は、オリンピックを共通テーマとして、文化的・国家的背景が、人々のオリンピックの受け止め方に影響を与え、また自国に対するそれぞれの文化固有のナショナリズムを形成するかを、広義の談話分析の観点か...

  • スコラ・ピロムーソールム : 心愛楽神学院 1404円
    作家 原正幸
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/20

    本書は、第I部「哲学青年カテキノスの夢想」、第II部「音楽少年アイヌーシュの修行」、第III部「修道士ウオイの遍歴」にそれぞれ登場する3人によって、現世の中に前世があり、来世の中に現世があるとい...

  • 釈尊の歴史的実像 1728円
    作家 磯部隆
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    本書は、仏教の開祖である釈尊(ゴータマ・ブッダ)を、一切の神話的・空想的な潤色を排して、歴史上のひとりの人間として学問的に探究しようとするものである。

  • 孔子と古代オリエント 1728円
    作家 磯部隆
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    孔子と古代オリエントという時空をかけ離れた存在を、共通の座標軸において比較吟味し、それぞれの思想の独自性と共通性を論じた比較思想史的アプローチによる孔子と古代オリエント論。

  • 談話と構文 1836円
    作家 伊藤晃
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    筆者の日英語対照研究におけるさまざまな言語現象のなかから、分裂文と接続表現を取り上げ、それぞれ4章にわたって論じる。一見個々であるように見える研究と研究の有機的なつながりを意識し、新たな議論を展...

  • 日本=ザクセン文化交流史研究 2700円
    作家 松尾展成
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    対象の異なる4研究分野(森鴎外伝、洋学史・お雇い外国人史、日本人留学生史、青島ドイツ兵捕虜)を基として、日本とザクセンの間の人的交流に関する事実を文献から確定し、さらに資料に基づいての発掘を試みる。

  • 結婚のない国を歩く : 中国西南のモソ人の母系社会 1404円
    作家 金龍哲
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    中国西南のモソ人の母系社会には走婚という婚姻形態と結婚という婚姻形態が併存している。本書では、モソ人の母系社会における「教育文化」、伝統文化の伝承の在り方等を考えるための基礎研究として、婚姻・家...

  • 韓国伝統文化論 2160円
    作家 賈鍾壽
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    日本と韓国が有史以来「最も近くて近い国」になっている現在、お互いにどれだけ相手の文化や社会を理解しているだろうか。歴史学、宗教学、民俗学、人類学、文学、美術など多岐にわたる視点から、韓国人が自ら...

  • キリスト教ハンセン病救済運動の軌跡 2052円
    作家 杉山博昭
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    本書は、隔離政策の実態を問うものではなく、全国各地で展開されたキリスト教によるハンセン病への救済運動を取り上げ、その展開過程を追うとともに、その隔離政策を民間の側から支えた側面も含め、歴史的な評...

  • 文化と教養 : 比較文学講演の旅 2160円
    作家 新田義之
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    比較文学・比較文化を専攻する著者が、様々な機会にその時々の聴衆を相手に行った講演の記録から、比較的最近の15篇を選んで一冊にまとめる。描き出された東西文化の出会いの種々相は、著者の体験に深々と裏...

  • バリ島 : Island of Gods 1404円
    作家 賈鍾壽
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    「地上最後の楽園」と言われ、国際的な観光地でありながらも伝統文化を失わずより華麗な文化を再創出するバリ島。本書では、歴史・社会・宗教・芸能・美術などさまざまな視点から、筆者のおよそ20年にわたる...

  • 華厳宗沙門 明恵の生涯 1944円
    作家 磯部隆
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    明恵は鎌倉時代に華厳宗という立場からわが国の政治と宗教の歴史の中で大きな役割を果たした。その生涯を、いつ、どこで、何をという面から一歩掘り下げて、心と精神の歩みを見つめ、内面史的に追跡することを...

  • 古代中国における儒の思想と道の思想 972円
    作家 鳥谷部平四郎
    出版社 大学教育出版
    販売開始日 2013/12/13

    日本と中国の関係には、かなり長い歴史があり、中国の影響を大きく受けてきた。歴史を概観した上で、伝統的思想の基盤とも言える「儒」と「道」の思想を考察することにより、中国の人々の生き方を表現した偉人...

  • 1
セーフサーチの状態