読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「文藝春秋」から出版された作品

31件中1-24件 (1/2ページ)
  • 人類はなぜ〈神〉を生み出したのか? 2400円
    作家 レザー・アスラン 白須英子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/10

    4万年前、人類は洞窟の奥に祭壇と壁画を残した。 サピエンスと〈神〉の歴史は、そこからはじまる。 「宗教を知れば世界が見える。宗教を知る一つの方法になるこの書は、知的興奮に満ちています」池上彰(...

  • 「馬」が動かした日本史 950円
    作家 蒲池明弘
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2020/01/20

    馬が日本の歴史を動かした! もともと馬がいなかった日本列島に、馬が持ちこまれたのは五世紀ごろ。 古墳時代の中期である。それを期に、この国は大きく変貌を遂げた。 「馬」という補助線をひいて、日本...

  • 女たちのシベリア抑留 1500円
    作家 小柳ちひろ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/12/13

    2014年にNHK・BS1スペシャルで放送されたドキュメンタリー「女たちのシベリア抑留」担当女性ディレクターが綴る、本格ノンフィクション。 戦後70年以上、長く沈黙を守ってきた女性たちをインタ...

  • 権力の日本史 880円
    作家 本郷和人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/11/20

    誰が一番偉いのか? 何故みんなが従うのか?? なぜトップが責任をとらないのか??? この国を動かす権力のリアルに迫る! 将軍よりも執権よりも「家長」が強かった鎌倉幕府。上皇が複数い たら誰が一...

  • 人口で語る世界史 2037円
    作家 ポール・モーランド 渡会圭子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/08/29

    国家の命運を握るのは、人口だった 大英帝国の出現は産業革命と農業革命による人口爆発ありきだった。一方、優生学ゆえ人口増に失敗したナチ。画期的な歴史教養書。

  • 令和を生きるための昭和史入門 968円
    作家 保阪正康
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/06/20

    権力中枢を狙った2・26事件、無謀と言われたアメリカとの戦争、世界史に類を見ない高度経済成長......令和になった今だからこそ、昭和史を見直す意味がある。首相から皇族、軍部の指導者、いち兵士ま...

  • 0から学ぶ「日本史」講義(中世篇) 1223円
    作家 出口治明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/06/13

    教養の達人による日本史講義、中世はさらに面白い! 「宇宙の始まり」からスタートしたこの講義、著者が「一番好きな時代」と語る中世篇は、さらに刺激的に。院政はなぜ発生したのか? 武士とはそもそも何...

  • 耳鼻削ぎの日本史 1223円
    作家 清水克行
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/26

    「ミミヲキリ、ハナヲソギ......」日本中世の猟奇的風俗の謎に迫る! なぜ「耳なし芳一」は耳を失ったのか。なぜ豊臣秀吉は朝鮮出兵で鼻削ぎを命じたのか。史料博捜と耳塚・鼻塚の現地踏査の結果、日本...

  • 世にも危険な医療の世界史 1936円
    作家 リディア・ケイン ネイト・ピーダーセン 福井久美子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/04/18

    ◆先生、本当にこれで治るんですか?◆ 生まれる時代が違ったら、あなたも受けていたかもしれない――。 科学を知らない人類が試みた、ぞっとする医療の数々! ・リンカーン......水銀入りの頭痛...

  • 世界史の新常識 968円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/03/20

    ローマ帝国を滅ぼしたのは難民と格差だった、イスラームはなぜ台頭できたのか、明朝を揺るがした日本の火縄銃、イギリス料理がまずい理由とは‐‐知っているようで知らない世界史のエッセンスを凝縮した一冊。...

  • 江戸の不動産 897円
    作家 安藤優一郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/03/20

    花のお江戸では不動産ビジネスが花ざかり。武士も、町人も、農家も、こぞって土地取引に精をだしていた‐‐! 江戸を世界一の大都市に押し上げた原動力は、活発な不動産取引だった。大名や旗本は郊外の土地...

  • 逆転の大中国史 ユーラシアの視点から 897円
    作家 楊海英
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/08

    〈中華は漢民族の国〉は幻想だ! 今の中国を解くキーワードは「コンプレックス」、正しい中国史を正視しない限り中国は歴史に復讐されるだろう。 中華人民共和国「内モンゴル」で生まれ、北京で文化人類学...

  • 日本史の新常識 867円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2018/11/20

    かつて、鎌倉幕府の成立は「いいくに(1192)つくろう鎌倉幕府」と習いましたが、最近の教科書では「いいはこ(1185)つくろう鎌倉幕府」と教えています。ほかにも近年の研究で、従来の日本史の常識が...

  • 逆転の大戦争史 2649円
    作家 オーナ・ハサウェイ スコット・シャピーロ 野中香方子 船橋洋一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/10/12

    ペリーによって砲艦外交の屈辱を嘗めた日本は 西周(にし・あまね)が、「侵略は善」たる「旧世界秩序」を学ぶ。 朝鮮を併合した日本にしかし、満州国は認められなかった。 一九二八年に世界は大きく変わっ...

  • 世界史の10人 815円
    作家 出口治明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/09/04

    ライフネット生命の創業者・出口治明会長(当時)が、「歴史を学ぶことは、必ず役に立つ、将来のための教材は過去にしかない」という信念のもと、ビジネスの傍らに長年歴史研究を重ねた成果を世に問うた一冊。...

  • 民族と国家 1528円
    作家 山内昌之
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/04/10

    今世紀最大の火種を解き明かす 二十一世紀最大の火種となる「民族問題」。イスラム研究の第一人者が二十世紀までの紛争を総ざらえ。新時代を生きる現代人の必読書。解説・佐藤優 【目次】 第一章 イメー...

  • 帳簿の世界史 968円
    作家 ジェイコブ・ソール 村井章子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/04/10

    「権力とは財布を握っていることである」 アダム・スミス、カール・マルクス、マックス・ウェーバー......。 彼らが口を揃えて主張していた「帳簿」の力とは、一体何なのか。 これまでの歴史家た...

  • 「新元号」はいかにして決定されるか【文春オピニオン 2... 205円
    作家 所功
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春オピニオン 2018年の論点SELECTION
    販売開始日 2018/03/01

    天皇陛下の生前退位によってにわかに注目を集めているのが「新元号」が何になるのか。「平成」に続く「新元号」について、「元号法」の成立の過程にも触れながら、わかりやすく説明する。※「文藝春秋オピニオ...

  • 0から学ぶ「日本史」講義 古代篇 1223円
    作家 出口治明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/02/27

    世界史を題材に数々のベストセラーを生んだ著者が初めて日本史に挑戦。世界史の中の日本という視点で、分かりやすく面白く解説。 はじめに 第一章 日本人の起源 1 原始、太陽は敵だった 2 大量絶...

  • 文藝春秋でしか読めない幕末維新 815円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/01/24

    文藝春秋でしか読めない幕末維新 【この人が語る 幕末維新】 ◎幕末・維新を生きた人間の魅力 司馬遼太郎 ◎明治維新は非情の改革だった 半藤一利 【坂本龍馬の愛と死】 ◎私の祖父が龍馬を殺した!...

  • 仁義なき幕末維新 われら賊軍の子孫 867円
    作家 菅原文太 半藤一利
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/01/04

    異色の顔合わせによる「未公開対談」をお蔵出し! 明治維新で敗れたばかりに“賊軍”とされた歴史のアウトローたちをめぐる、仁義なき幕末史。「歴史の片隅に追いやられた敗者に惹かれる」と語る文太さん、い...

  • 合戦の日本史 714円
    作家 安部龍太郎 伊東潤 佐藤賢一 葉室麟 山本兼一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/10/13

    我々はこの合戦をこのように読み解く! 歴史小説界の論客たちが語り尽くす、日本の合戦の真相。 桶狭間から、幕末維新の合戦まで。 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を軸に西郷隆盛、ついには司馬遼太郎まで...

  • 火山で読み解く古事記の謎 968円
    作家 蒲池明弘
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2017/03/17

    なぜ古事記は火山地帯をおもな舞台としているのか? 古事記における大きな謎のひとつは、九州南部と出雲の二か所が神話の舞台として繰り返し登場することです。 その謎をとく鍵は、その二か所が日本列島で...

  • 戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実 1120円
    作家 渡辺惣樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2017/01/20

    教科書が教えない「二つの世界大戦の真実」! 「歴史修正主義」とは戦前の日独を全面肯定する歴史観のことではありません。米英の外交に過ちはなかったのか、あったとすれば何が問題だったのか。それを真摯...

セーフサーチの状態