読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「朝日新聞出版」から出版された作品

7件中1-7件 (1/1ページ)
  • トロイの木馬 836円
    作家 江上剛
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2020/04/30

    バブル全盛期にチームを結成し、数々の仕事をこなしてきた老人詐欺師グループ。認知症が進むリーダーのクルスが呟いた転覆という言葉に、彼らは決意する。最後に日本国の転覆という大きな仕事を成し遂げ、死に...

  • 平成三十年 (1~2巻) 880円
    作家 堺屋太一
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2019/07/31

    インフレと不況、高齢化と高失業、大幅赤字に苦しむ平成30年(2018年)の日本はまだ何も変わっていなかった。衝撃の未来像を緻密な予測で描き、テレビを始め各メディアを騒然とさせた”警告と提言”のベ...

  • 病巣 巨大電機産業が消滅する日 1320円
    作家 江上剛
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2018/02/02

    日本を代表する総合電機メーカー芝河電機は社内で粉飾決算が横行していた。買収した米国子会社の原発企業ECCの巨額損失も発覚。証券取引等監視委員会も動きだし、ついには債務超過に陥り、存亡の危機に‐‐...

  • 黒い波紋 1320円
    作家 曽根圭介
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2018/02/02

    元刑事の加瀬将造は、孤独死した父親宛てに何者かから毎月30万円の現金が届いていることを知る。さらにアパートを片付けると天井裏から古いVHSのビデオテープが。中身を確かめると、そこに映っていたのは...

  • いちろ少年忌譚 880円
    作家 黒史郎 ねこふろしき 二星天
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2016/03/18

    八十上学園の高校生・佐々木いちろは放課後にコックリさんをしていたが、気づけば学校に閉じ込められてしまう。ブリッジ女、人体標本、異次元の鏡......学園に伝わる七不思議が、いちろに襲いかかる! ...

  • ほんとにあった怖い話 (1~3巻) 616円
    作家 「ほんとにあった怖い話」委員会 鶴田法男
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新聞出版
    販売開始日 2014/10/31

    「ほんとにあった怖い話編集部」に送られてくる、全国の読者からの投稿。そこには読者が体験した、ほんとにあった怖い話がもりだくさん。その中から特に怖い話を厳選して紹介します。背筋が凍ること間違いなし...

  • 利益相反 1309円
    作家 牛島信
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2012/10/01

    顧問弁護士と監査役の立場から父親を糾弾する、息子の葛藤とは。国際弁護士作家の傑作・企業法律小説。

  • 1
セーフサーチの状態