読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「朝日新聞出版」から出版された作品

11件中1-11件 (1/1ページ)
  • 築地市場 クロニクル完全版1603-2018 2200円
    作家 福地享子 築地魚市場銀鱗会
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2018/11/09

    2018年10月、いよいよ築地市場が閉場する。日本橋魚河岸、築地開場、市場の建築プロセス、豊洲など、「築地史」の第一人者が新発掘を含めた約400枚の貴重な写真で解説。世界最大級の市場のすべてを網...

  • 日本の居酒屋 ――その県民性 660円
    作家 太田和彦
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2016/05/27

    居酒屋評論の第一人者が、都道府県ごとに居酒屋の個性と魅力を分析し、酔眼をとおしてみた県民性、味覚、旅する理由を語る。のれんをくぐれば“お国柄”が見える。ここは旨し国ニッポン、次は、どこへ行こう....

  • エロスと「わいせつ」のあいだ 表現と規制の戦後攻防史 660円
    作家 園田寿 臺宏士
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2016/03/25

    日本初の本格的な展覧会開催など「春画」がブーム。しかし春画掲載の週刊誌は警視庁から厳重な「指導」を受けた。エロスとワイセツの線引きはどこなのか? 「チャタレイ」から「ろくでなし子」まで、数多くの...

  • 京都ぎらい 660円
    作家 井上章一
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2015/10/09

    あこがれを集める歴史の都・京都! そんな古都を「きらい」と明言するのは、京都育ちで、ずっと京都に住んでいる著者だ。千年積もった洛中人の毒や、坊さんと舞子さんとのコラボレーションなど、「こんなん書...

  • 植物でしたしむ、日本の年中行事 660円
    作家 湯浅浩史
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2015/07/13

    正月の門松、雛祭りのモモなど、日本の行事やならわしには、決まった植物が登場する。それはなぜか? 植物の特性と歴史的見地から、行事の原点を解く。すると、自然との結びつきを大事にしてきたかつての日本...

  • ナナメ読み日本文化論 名著25冊で読み解く日本人のアイ... 1210円
    作家 中野明 大久保喬樹
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2015/06/26

    「武士道」から「禅」まで、日本文化論の名著24冊を100字要約&やさしい解説、図解で総ざらい! グローバル社会だからこそ知っておきたい日本人としてのアイデンティティー。外国人に自国のことを尋ねら...

  • 日本人が忘れた季節になじむ旧暦の暮らし 660円
    作家 千葉望
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2015/02/13

    昔、ひな祭りは春らんまんの頃、七夕は梅雨の頃ではなく初秋の行事だった‐‐明治の改暦により「ずれ」が生じた、季節の移ろいと日本人の暮らし。「旧暦」の知識をわかりやすく説きつつ、季節感のある暮らしや...

  • 新装版 おはなしの知恵 704円
    作家 河合隼雄
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2015/02/13

    桃太郎や白雪姫、花咲爺、かちかち山、七夕のおはなしなど、誰もがよく知っている昔話、伝説、神話は、それぞれに人生の知恵を持っている。そんな「おはなしの知恵」を、臨床心理学の第一人者が新鮮に読み解き...

  • 江戸の性語辞典 660円
    作家 永井義男
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2014/12/26

    江戸時代の性に関する言葉は、現代まで使われているもの、意味が変化したもの、まったく使われなくなったものなど様々。豊かで奥深い288の性語について、春本や戯作から採取した豊富な用例を入れて解説。春...

  • 魔女の世界史 660円
    作家 海野弘
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新聞出版
    販売開始日 2014/09/25

    蠱惑し、戦い、変容する女=「魔女」の世紀。19世紀末美術を魅了した「ファム・ファタル」以降、魔女は可視化され、そのイメージが爆発的に拡散された。中世魔女狩りからゴスロリ、そしてアニメまでに継続さ...

  • 日中2000年の不理解 550円
    作家 王敏
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2012/10/01

    文字も肌の色も同じ、なのにわかりあえないもどかしさ。中国人日本研究者が、その根源を突き止める。

  • 1
セーフサーチの状態