読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「東京創元社」から出版された作品

989件中1-24件 (1/42ページ)
  • 新着!
    忘却城 950円
    作家 鈴森琴
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/02/22

    死者を蘇らせる術で発展した王国。死霊術の祭典を前に、傷を抱えた青年、盲目の少女死霊術師、死せる美剣士、王族殺しの異民族の女は奇怪な陰謀に引きずり込まれる。第3回創元ファンタジイ新人賞佳作選出作。

  • 新着!
    退職刑事4 590円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/02/22

    現職退職両刑事と推理作家が、遺稿のシノプシスをもとにミステリの展開や結末を巡って文殊の知恵を絞る「あらなんともな」など8編を収録。安楽椅子探偵の名シリーズ第4集。

  • 新着!
    退職刑事5 590円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/02/22

    退職刑事若かりし頃の事件「凧たこあがれ」や、五郎の妻美恵がディスカッションに参加する「五七五ばやり」、なんとも皮肉な結末に退職刑事の問題発言が飛び出す「Xの喜劇」など8編を収録。安楽椅子探偵の名...

  • 新着!
    退職刑事6 590円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/02/22

    退職刑事が調べて現職刑事が寝台探偵を務めるという逆の構図で描かれ、終盤ドッキリさせられる「拳銃と毒薬」や、美恵が岡目八目ぶりを見せる「耳からの殺人」など、8編を収録。安楽椅子探偵の名シリーズ第6集。

  • 新着!
    魔眼の匣の殺人 1599円
    作家 今村昌弘
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2019/02/20

    「あと二日で四人死ぬ」班目機関を追う葉村と比留子が辿り着いたのは、“魔眼の匣”と呼ばれる元研究所だった。閉ざされた匣で告げられた死の予言は成就するのか。『屍人荘の殺人』シリーズ第2弾!

  • 日曜の夜は出たくない 850円
    作家 倉知淳
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/02/01

    あちらでは船頭、こちらでは役者。神出鬼没の破天荒なキャラクター“猫丸先輩”が登場する、痛快無比のデビュー作品集! 本格、ハードボイルド風、怪談調、シリアスタッチあり、スラプスティックあり、の7編...

  • だから殺せなかった 1700円
    作家 一本木透
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2019/02/01

    首都圏を震撼させる連続殺人犯から大手新聞社の記者に宛てて届いた一通の手紙。劇場型犯罪と報道の行方を圧倒的なディテールで描出した、第27回鮎川哲也賞優秀賞受賞作。

  • 宇宙大密室 1099円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元SF文庫
    販売開始日 2019/02/01

    初期の日本SF界を支えた名手の、唯一のSF短編集! 巻末には、書籍初収録となる中編「地獄の鐘が鳴っている」、さらにインタビュー「翻訳SF黎明期」を加えた。

  • 怪盗ニック全仕事 (1~6巻) 1200円1300円
    作家 エドワード・D・ホック 木村二郎
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/25

    「価値のないもの、もしくは誰も盗もうとしないもの」だけを依頼されて盗む異色の怪盗ニック・ヴェルヴェット。短編ミステリの巨匠随一の人気キャラクター、その全短編を発表順に集成する日本オリジナル短編集...

  • 京都東山 美術館と夜のアート 740円
    作家 高井忍
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/25

    京都の市立美術館を舞台に、警備員女子たちが活躍する! 警備員あるあるから、東洲斎写楽の新作騒動ぎまで、博覧強記のミステリーズ!新人賞作家が描く、連作ミステリ。

  • 櫛の文字 銭形平次ミステリ傑作選 1200円
    作家 野村胡堂 末國善己
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/25

    凄腕の岡っ引・銭形平次。投げ銭と卓越した推理力を武器に、子分のガラッ八と共に難事件に立ち向かう! 著名な捕物帳から、ミステリに特化した傑作17編を収録した決定版。

  • 月虹の夜市 1500円
    作家 折口真喜子
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2019/01/25

    若狭屋を切り盛りする女将のお涼が出会う、不思議なモノ達。あちらとこちらの世界をつなぐ不思議な船宿の愛おしくてあたたかい、あやかし話。シリーズ第2弾。

  • カッコーの歌 3400円
    作家 フランシス・ハーディング 児玉敦子
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2019/01/25

    「あと七日」記憶を失った少女の耳もとで囁く奇妙な声、恐ろしい記憶。わたしは誰? 『嘘の木』の著者が贈る、特別なファンタジー。英国幻想文学大賞受賞作。

  • 青炎の剣士 紐結びの魔道師3 1800円
    作家 乾石智子
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2019/01/18

    〈死の谷〉から生還したエンス。敵に寝返ったエミラーダ。侵略軍を率いる元帝国軍人の真の狙いは? 魔女国1500年の呪いは解けるのか? 紐結びの魔道師三部作ここに完結。

  • 殺人者の顔 1000円
    作家 ヘニング・マンケル 柳沢由実子
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/18

    雪の予感がする早朝、動機不明の二重殺人が発生。男は惨殺され、女も「外国の」と言い残して事切れる。片隅で暮らす老夫婦を、誰がかくも残虐に殺害したのか。スウェーデン警察小説に新たな歴史を刻む、CWA...

  • 禁忌 780円
    作家 フェルディナント・フォン・シーラッハ 酒寄進一
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/12

    誘拐・殺人容疑で起訴された写真家。捜査官に強要され自供した彼は無実なのか?法廷で暴かれるのは、あらゆる想像を覆す真実!本屋大賞「翻訳小説部門」受賞作家が贈る世紀の問題作。

  • 妖怪奉行所の多忙な毎日 670円
    作家 廣嶋玲子
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/12

    妖怪奉行所の奉行、月夜公の右腕飛黒が双子の息子を奉行所に連れてきた。今日も大忙しの妖怪奉行所。だがその陰で妖怪の子預かり屋の弥助をも巻き込む事件が進行していた。大人気シリーズ第7弾!

  • 退職刑事2 570円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/11

    退職後も刑事気質が抜けない父親に、捜査一課の現職刑事である五郎は、親孝行を兼ねて目下の懸案を話す。父親の眼光はたちまち炯々として......。往年の辣腕刑事がいぶし銀の推理を披露する、安楽椅子探...

  • 退職刑事3 570円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/11

    ダイイング・メッセージから犯人像を割り出す「乾いた死体」や、暗号もどきを解読して真犯人を名指しする「筆まめな死体」など、現職刑事の手に余る難題に快刀乱麻の腕をふるう定年退職刑事。安楽椅子探偵の名...

  • 黒いハンカチ 650円
    作家 小沼丹
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/11

    A女学院のニシ・アズマ先生が太い赤縁のロイド眼鏡をかけると、たちまち名探偵に変身する!飄飄とした筆致が光る短編の名手による連作推理全12編。

  • 退職刑事1 650円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/01/11

    かつては硬骨の刑事、今や恍惚の境に入りかけている定年退職刑事に、捜査一課の現職刑事である息子が捜査中の難事件を語る。たちまち真相を引き出す父親の名推理七編を収録。

  • 開化鐵道探偵 第一〇二列車の謎 1700円
    作家 山本巧次
    出版社 東京創元社
    レーベル ミステリ・フロンティア
    販売開始日 2018/12/28

    明治18年。開業間もない大宮駅で脱線した、日本鉄道の貨車から徳川埋蔵金が発見された!? 埋蔵金をめぐる事件に元八丁堀同心と鉄道技手が挑む。時代×鉄道ミステリ第2弾!

  • 言葉人形 ジェフリー・フォード短篇傑作選 3000円
    作家 ジェフリー・フォード 谷垣暁美
    出版社 東京創元社
    レーベル 海外文学セレクション
    販売開始日 2018/12/28

    魔術師、故郷、儚さ、分身、天使と悪魔のチェスセット、折り紙細工、光の研究、幻影の王国......現代幻想文学の巨人の精髄ともいうべき13篇を収める傑作選。

  • 償いの雪が降る 1200円
    作家 アレン・エスケンス 務台夏子
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2018/12/28

    余命わずかな殺人者に、僕は雪を見せたかった。元服役囚との交流を通して、青年は30年前の殺人の真相を探る。バリー賞ほか3冠の、心揺さぶるミステリ!

セーフサーチの状態