読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「東洋出版」から出版された作品

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • すみれの丘の向こうから 324円
    作家 ツジミチコ
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2018/08/31

    何度も繰り返して胸に留めておきたい、人にチカラを与える言葉の数々。「赤ちゃんのうた」「すみれの丘」ほか、17の詩を掲載。

  • 完訳 塩尻夜話記 付 宮部一跳小伝 1080円
    作家 辰野利彦
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2018/01/19

    中山道塩尻宿の亭主・小野吉左衛門が語り、塩尻口留番所役人吉江助右衛門とその父八郎座衛門が語る故事の数々。 松本藩水野家の俊英宮部一跳が元禄五年の秋二夜にわたって著した珠玉の名著が、三百余年の眠り...

  • ある日の殺意 864円
    作家 鈴木積
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/07/21

    四十年前の詩集を電子版にて復刊。

  • ことばの玉手箱 540円
    作家 藤本昌晃
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/04/07

    <詞集> 大切な人への想いをつめこんだ、ことばの玉手箱。

  • 明日への願い 216円
    作家 吉田博希
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2017/03/17

    ままならない世の中、それでも希望をもち、今この瞬間を懸命に、ただひたすら真面目に生きることを願った詩集。

  • 句集 子守唄 540円
    作家 安孫子十字
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/12/02

    移り変わる四季 そこで続く人々の営み 美しい日本の四季とありふれた日常にある風景 忘れかけていた大切なことに気づく

  • 詩集 こうもつらき今を 258円
    作家 雪直
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2016/07/15

    人の奥深さや想い、生きるということ、光と影をうまく表現されている作品です。停滞感、行き詰まり感の強い現世の中を鋭くえぐっている詩集。

  • 悼む詩 972円
    作家 谷川俊太郎
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2015/07/03

    詩人・谷川俊太郎が、ゆかりある人々の死に際して捧げてきた哀悼詩集。 愛ある言葉に、心打たれる。

  • こよなく自由な句集 432円
    作家 いとうやすしげ
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2015/02/27

    日本の各地の自然の風景が浮かんでくる作品で、様々な地で感じたままの感性を表現されている句集。四季折々の風景と自然の素晴らしさが心を和ませてくれます。

  • 歌とエッセイ 残照 生きて生きゆく 864円
    作家 小林宣子
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2015/01/30

    魂のこもった歌とエッセイで綴る 渾身の生き様が胸をうつ 第一部 はるかなる日々 満州で誕生・引揚げ・学校時代・教職・結婚 第二部 こころの旅路 海外演奏・郷愁の旅・古典文学・日本の旅情 第三部 ...

  • 短歌的生活 823円
    作家 高森邦明
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2014/06/20

    短歌的生活というと、想起するのは 土屋文明の「短歌は生活そのものである」であり、「生涯を一編の句集を編むように編んだ」とされる松尾芭蕉の俳句的生活である。 短歌的生活の俗的理解、老人的理解として...

  • 闘病詩集 463円
    作家 小林のぶ子
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2013/11/22

    生きる力、折れそうになる心、人の痛みを感じることができる優しさなど人間が持っている本質を感じる詩集であり、生きることとはどういうことか、人生とはどうあるべきか感じさせてくれる1冊となっています。

  • 1
セーフサーチの状態