読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「桜の花出版」から出版された作品

90件中25-48件 (2/4ページ)
  • 期待の膵臓癌治療 ‐手術困難な癌をナノナイフで撃退する... 869円
    作家 桜の花出版取材班
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/11/04

    手術できない膵臓癌に対して唯一の治療法「不可逆電気穿孔法」(通称ナノナイフ治療) ナノナイフといってもメスではなく、開腹しない治療法で、開腹のような体力の低下が起きない。その膵臓癌に対しナノナイ...

  • 奇跡の放射線治療 ―脳腫瘍・頭頸部癌・肺癌・乳癌・食道... 869円
    作家 桜の花出版取材班
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/11/04

    身体にやさしい新しい放射線治療の最前線を紹介する。 現在、放射線治療は手術をできるまでに癌を小さくしたり、再発予防も含め、多くの癌に幅広く用いられている。本書『奇跡の放射線治療』では放射線治療の...

  • 安心の脳動脈瘤治療 ―手術をしないカテーテル治療の最前... 869円
    作家 桜の花出版取材班
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/11/04

    心臓などで使われる、細い管状の器具を足などの血管から挿入して行なう「カテーテル手術」が、脳血管外科の分野でも使われるようになり、未破裂動脈瘤を開頭しないで治療する選択肢が加わった。 最新治療の最...

  • 行く道に花の咲かない道はなく 1430円
    作家 鮫島芳子
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/08/12

    最愛の息子を交通事故で失い、壮絶な悲しみに立ち向かうことになった著者に、息子のクラスメイトたちからの断えることのない花束が送られる。その彼らの姿と、玄関の外にまで溢れる花々たちに著者は次第に癒さ...

  • 江家次第 (1~9巻) 110円
    作家 大江匡房
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/22

    『江次第』とも呼ばれる。関白藤原師通の命によって大江匡房が撰した書で、朝廷の諸儀について詳細に記している。全二十一巻のうち、巻十六、巻二十一は現存していない。当時の朝廷の儀式や行事を伝える重要史...

  • 直毘霊 1100円
    作家 本居宣長
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/22

    『直毘霊』は、日本で最も有名な国学者と言っても過言ではない本居宣長が江戸中期に著した書。『古事記伝』に収められていた内容を独立させたもので、本居宣長の古道論の精髄である。からごころを排し、日本古...

  • 後水尾院当時年中行事 110円
    作家 後水尾天皇
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/22

    『當時年中行事』とも『年中行事』とも呼ばれる。江戸初期に4代にわたって院政を敷いた後水尾院が宮中年中行事全般にわたって記した書。当時の神事儀式について知ることのできる貴重資料 ※本製品は固定レイ...

  • 解体新書 220円
    作家 杉田玄白
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/22

    『解体新書』は日本最初の本格的西洋医学翻訳書として知らない人はいないと言っても過言ではないが、実際に内容を目にする機会は多くない。本製品では、本文4巻と序・図を合本にし、全体を一冊で読めるように...

  • 標註古風土記(常陸) 220円
    作家 栗田寛
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    『古事記』と『日本書紀』の二大古典を補う最適な資料とされる古風土記に、幕末水戸藩に仕えた国学者であり歴史学者である栗田寛が標註を加えた。歴史的、神道的に重要な資料。 ※本製品は、国会図書館デジタ...

  • 古風土記逸文考証 330円
    作家 栗田寛
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    『古事記』と『日本書紀』の二大古典を補う最適な資料は古風土記であると言われる。古風土記の多くは散逸して他書の引用にのみ内容が残っている。それらの逸文に、幕末水戸藩に仕えた国学者であり歴史学者であ...

  • 標註古風土記(出雲) 220円
    作家 栗田寛
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    『古事記』と『日本書紀』の二大古典を補う最適な資料とされる古風土記、中でも唯一ほぼ完全な形で残っている出雲国の風土記に、幕末水戸藩に仕えた国学者であり歴史学者である栗田寛が標註を加えた。歴史的、...

  • 古語拾遺 220円
    作家 斎部広成
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    『古事記』、『日本書紀』に次ぐ重要神道古典。807年、斎部広成が平城天皇に上奏した文で、家伝の口碑伝承、政治的権力を増す中臣氏への抗議、古礼の廃れた遺漏十一ヶ条が述べられている。独自の神道的記事...

  • 古語拾遺講義 110円
    作家 佐伯有義
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    807年、斎部広成が平城天皇に上奏した文である『古語拾遺』について、神職であり神道学者の佐伯有義が講義。国文学者の井上頼圀が校閲している。 ※本製品は、国会図書館デジタルコレクションとして公開さ...

  • 新編修身教典 尋常小学校教員用 110円
    作家 普及舎
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    明治33年(1900年)に初版の刊行された、修身(道徳)教科書の教員用の要綱。当時の日本でどのような道徳教育が期待されていたのかを知ることのできる貴重な資料。教育関係者だけでなく、一般の人にとっ...

  • 延喜式 330円
    作家 藤原時平 藤原忠平
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    平安時代に編纂された格式。三代式のうち唯一全体が残っている延喜式のうち、巻一から巻十までの神祇式を収録。律令の研究資料として重要なだけではなく、 当時の神祇制度を伝える貴重な神道古典でもある。 ...

  • わが誇りの零戦(ZERO)―祖国の為に命を懸けた男たちの物語 1760円
    作家 原田要
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    海軍の戦闘機パイロットとして、支那事変から大東亜戦争の敗戦まで、南京攻略、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、ガダルカナル島攻防戦など、数々の修羅場を戦い抜いた元零戦パイロット・原田要の体験記。 著者...

  • 朝鮮はなぜ独立できなかったのか 1919年 朝鮮人を愛... 3740円
    作家 アーサー・J・ブラウン 桜の花出版編集部
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    1900年代初頭のアジア情勢を分析した828頁の大作である。 米国人のプロテスタント宣教師で神学博士のアーサー・J・ブラウン(1856~1963)は、1901~2年、及び1909年に朝鮮に赴き、...

  • 零戦(ゼロファイター)老兵の回想―南京・真珠湾から終戦... 1342円
    作家 原田要
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    滞空時間8000時間、日本が世界に誇った「零戦」を駆って戦い交戦国から畏れられた歴戦のパイロット・原田要。 南京攻略、真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、ガダルカナル島争奪戦など、幾多の戦場をくぐり抜...

  • 古事記 220円
    作家 太安萬侶
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    和銅5年(712年)に太安萬侶によって編纂された、わが国最古の歴史書。言うまでもなく第一級の歴史書である。日本という国の成り立ちを知る上で、外すことのできない必読書である。また、重要な神道の資料...

  • 神道大辞典 全三巻合本 3300円
    作家 平凡社
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    神道を学びたい方にとって必須の1冊、現代によみがえった名著 『神道大辞典』は、昭和12年(1937年)から15年(1940年)にかけて平凡社より出版された、神道に関する辞典である(全3巻)。 ...

  • 都都逸 110円
    作家 ポール・クローデル
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    クローデル翻案の日本俚謡集。著者のポール・クローデルはフランスの詩人であり外交官でもあった。女性彫刻家のカミーユ・クローデルを姉に持つ。著者は日本語の小詩26編をフランス語に訳し、原田梨白の美し...

  • THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊か... 3080円
    作家 アレン・アイルランド 桜の花出版編集部
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    植民地研究の第一人者の日韓併合分析。原著は、英国生まれで世界の植民地統治研究の専門家アレン・アイルランド氏が1926年に発表した「The New Korea」。(完全日英対訳本) 日韓併合前の...

  • 方円算経 110円
    作家 松永良弼
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    関孝和以降の和算の発展を知ることのできる重要資料。著者である松永良弼は、代表的著作に『精覈算法』などがあり、関孝和の数学をさらに洗練したものに深めている。『方円算経』は、関孝和、建部賢弘が手がけ...

  • 外人の観たる最近の朝鮮 110円
    作家 朝鮮総督府
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    日本の統治下にあった朝鮮について、欧米の学者や使節団がどのように報告しているのかを朝鮮総督官房文書課長がまとめた調査資料。農政や開発の専門家であるシカゴ大学のブルンナー教授の農村視察報告や、ロバ...

セーフサーチの状態