読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「桜の花出版」から出版された作品

10件中1-10件 (1/1ページ)
  • 善の研究 110円
    作家 西田幾多郎
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2017/12/22

    日本を代表する哲学者、西田幾多郎の代表作にして戦前からの学生必読書を現代かなで!

  • 人生は残酷であるー実存主義(エリート)の終焉と自然哲学... 1474円
    作家 森神逍遥
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2017/05/12

    人類73億人のほとんど全員が一生考えることなく終わってしまう人間の根源的命題<自分>について考察する。さらに現代社会の成り立ちを読み解き、人としての生き方を問う。

  • 侘び然び幽玄のこころ‐西洋哲学を超える上位意識‐ 1760円
    作家 森神逍遥
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/11/10

    究極の日本精神文化論 あなたは「侘び」「然(寂)び」の違いが説明できますか!? 真実の歴史は、下層の民衆たちによって創られてきたことを人びとは忘れてしまっている。 曽てこんな「わびさび幽玄」本...

  • 後水尾院当時年中行事 110円
    作家 後水尾天皇
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/22

    『當時年中行事』とも『年中行事』とも呼ばれる。江戸初期に4代にわたって院政を敷いた後水尾院が宮中年中行事全般にわたって記した書。当時の神事儀式について知ることのできる貴重資料 ※本製品は固定レイ...

  • 古語拾遺 220円
    作家 斎部広成
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    『古事記』、『日本書紀』に次ぐ重要神道古典。807年、斎部広成が平城天皇に上奏した文で、家伝の口碑伝承、政治的権力を増す中臣氏への抗議、古礼の廃れた遺漏十一ヶ条が述べられている。独自の神道的記事...

  • 国民道徳論 110円
    作家 和辻哲郎
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    近代日本を代表する哲学者の一人である和辻哲郎が残した『国民道徳論』。原稿用紙に手書きされた文字や書き加えられたメモには、生きた思想が見えてくる。※本製品は、国会図書館デジタルコレクションとして公...

  • 外人の観たる最近の朝鮮 110円
    作家 朝鮮総督府
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    日本の統治下にあった朝鮮について、欧米の学者や使節団がどのように報告しているのかを朝鮮総督官房文書課長がまとめた調査資料。農政や開発の専門家であるシカゴ大学のブルンナー教授の農村視察報告や、ロバ...

  • 古語拾遺講義 110円
    作家 佐伯有義
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/20

    807年、斎部広成が平城天皇に上奏した文である『古語拾遺』について、神職であり神道学者の佐伯有義が講義。国文学者の井上頼圀が校閲している。 ※本製品は、国会図書館デジタルコレクションとして公開さ...

  • 神道の研究 165円
    作家 河野省三
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/07/08

    戦前神道研究の中心的存在である河野省三が、日本人にとって神道とは何かを解説。広範囲の史的研究をふまえ、日本人の精神と神道について解説。 ※本製品は固定レイアウトで制作されており、本文中の文字検索...

  • 神祇辞典 880円
    作家 山川鵜市
    出版社 桜の花出版
    販売開始日 2016/06/24

    大正13年に刊行された本辞典は、明治時代の古事類苑を踏まえ、さらなる研究結果をまとめた、神道に関する辞典の嚆矢であり、名著として知られる『神道大辞典』のさきがけでもある。 著者の山川鵜市は神宮皇...

  • 1
セーフサーチの状態