読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「河出書房新社」から出版された作品

7件中1-7件 (1/1ページ)
  • バッハ 864円
    作家 吉田秀和
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/04/26

    バッハについて書かれたさまざまな文章を一冊に集める。マタイ受難曲、ロ短調ミサ曲、管弦楽組曲、平均律クラヴィーア、ゴルトベルク、無伴奏チェロ......。リヒターからグールドまで。

  • レクィエムの歴史 1512円
    作家 井上太郎
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/08/20

    死者のためのミサ曲として生まれ、時代の死生観を鏡のように映しながら、魂の救済を祈り続けてきた音楽、レクィエム。中世ヨーロッパから現代日本まで、千年を超えるその歴史を初めて網羅した画期的名著。

  • フルトヴェングラー 713円
    作家 吉田秀和
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/08/05

    フルトヴェングラー生誕百二十五年記念出版。吉田秀和が最も傾倒した指揮者に関する文章を初めて一冊に収攬。死の前年のパリの実演の印象から、シュナイダーハンとのヴァイオリン協奏曲まで。

  • マーラー 821円
    作家 吉田秀和
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/08/05

    マーラー生誕百五十年から没後百年へ。マーラーを戦前から体験してきた著者が、その魅力をあまさずまとめた全一冊。ヴァルターからシノーポリまで、演奏解釈、ライヴ評CD評も充実。

  • 西洋音楽史 810円
    作家 パウル・ベッカー 河上徹太郎
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/07/29

    ギリシャ時代から二十世紀まで、雄大なる歴史を描き出した音楽史の名著。「形式」と「変容」を二大キーワードとして展開する議論は、今なお画期的かつ新鮮。クラシックファン必携の一冊。

  • 音楽を語る 713円
    作家 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 門馬直美
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/07/29

    ドイツ古典派・ロマン派の交響曲、ワーグナーの楽劇に真骨頂を発揮した巨匠が追求した、音楽の神髄を克明に綴る。今なお指揮者の最高峰であり続ける演奏の理念。

  • 名曲 謎解きミステリー 486円
    作家 夢プロジェクト
    出版社 河出書房新社
    レーベル KAWADE夢文庫
    販売開始日 2012/10/01

    名曲誕生の秘話、作品に隠された暗号、作曲家の数奇な運命......クラシックの名曲が奏でる謎に迫る本!

  • 1
セーフサーチの状態