読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「河出書房新社」から出版された作品

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • ウラミズモ奴隷選挙 2268円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/12/07

    男尊国にっほんで側室奴隷の子として生まれ、女尊国ウラミズモに移民した市川房代は、男性保護牧場歴史資料館の責任者となり、館内で「保護」する性犯罪者たちの生死を委ねられていた。請願、要求も房代に集中...

  • 笙野頼子三冠小説集 648円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2015/02/20

    野間文芸新人賞受賞作「なにもしてない」、三島賞受賞作「二百回忌」、芥川賞受賞作「タイムスリップ・コンビナート」を収録。未だ破られざるその「記録」を超え、限りなく変容する作家の「栄光」の軌跡。

  • 金毘羅 972円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2015/02/20

    「森羅万象は金毘羅になるのだ。金毘羅に食われるのだ」――私と金毘羅の神仏習合一代記。21世紀の世界文学に屹然とそびえ立つ、純文学の極北がここに著者圧倒的代表作! 第16回伊藤整文学賞受賞作品。

  • レストレス・ドリーム 648円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2014/01/17

    桜散る闇と殺りくの街・スプラッタシティでくりひろげられる"夢の中の「私」"桃木跳蛇とゾンビたちとの壮絶なバトルー今世紀最大、史上空前の悪夢を出現させる笙野文学の代表作にして、現代文学の金字塔、待...

  • 片付けない作家と西の天狗 1512円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2014/01/17

    21世紀になっても居場所がなかった作家の終わりなき戦い。伊勢、京都、八王子、高尾、雑司が谷、佐賀、金沢、故郷を出て転々、拾った猫のため、郊外に定住。文学賞五つ、著書三十四冊、ローン長年...超レ...

  • 説教師カニバットと百人の危ない美女 1512円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2014/01/17

    ほーっほっほっほ。美人、それがどうかしたの!?私は世界一美しいブスよっ。はてしなき結婚と容貌についての問いー芥川賞作家による空前の傑作純文学。

  • 硝子生命論 1512円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2014/01/17

    失踪した異端の人形作家ヒヌマ・ユウヒを偲ぶ会が、彼女の顧客たちの手で催された...。今、最も熱い注目を浴びる気鋭の作家による超前衛カルト小説。

  • 母の発達 648円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2014/01/17

    殺しても母は死ななかった。「あ」のお母さんから「ん」のお母さんまで、分裂しながら増殖したー空前絶後の言語的実験を駆使して母性の呪縛を、世界を解体する史上無敵の爆笑おかあさんホラー。純文学に未踏の...

  • 絶叫師タコグルメと百人の「普通」の男 1296円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    美少女vsロリヲタ最終抗争!? 悪徳栄える乱世の未来に、笙野頼子がついに放つ最狂の超哲学小説。アニヲタ必携! フェミ必携! 病的心性日本を告発する、新たなる文学の金字塔がここに。

  • 愛別外猫雑記 648円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    「私は決して猫が好きなのではない。猫を飼うのも下手だ。ただ、友達になった相手がたまたま猫だった」-猫たちのために都内のマンションを引き払い、未知なる土地千葉S倉に住むことになったものの、そこも彼...

  • 人の道御三神といろはにブロガーズ 1728円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    名前を奪われ来歴を消された3女神の歴史を紹介するネット内神社「人の道御神宮」とは?書き下ろし「楽しい!?論争福袋」を収録。

  • 海底八幡宮 1512円
    作家 笙野頼子
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    国を追われ、来歴を消され、名前を奪われ、真実を消され......白髪の作家が千葉の建売りで見た、真夏のミル・プラトー1500年史。

  • 1
セーフサーチの状態