読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社」から出版された作品

100件中1-24件 (1/5ページ)
  • わが憎しみのイカロス 540円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    販売開始日 2018/03/16

    ある日、私の経営するガソリンスタンドに、BMW2000csが給油に入ってきた。従業員の譲治がそれに見惚れているのがわかった。譲治は住み込みで働いている、外国の血の入った美少年だ。イカロスと名付け...

  • ステッセルのピアノ 540円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    販売開始日 2018/03/16

    日露戦争後にロシアの敗将・ステッセルから乃木将軍に贈られたとされるピアノが、金沢の女子大に保管されていることがわかる。それを新聞のコラムに書くと思わぬ反響がある。北海道の遠軽、旭川、さらに水戸に...

  • ヤヌスの首 540円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    販売開始日 2018/02/09

    東京のホテルでアルバイトをしていたぼくは、長期宿泊客で古美術商の老人と親しくなる。だがしばらくして彼は亡くなり、ぼく宛ての手紙を受け取る。そこには、紀州の竜神村へ行き、壇上家の当主に会うよう記し...

  • メルセデスの伝説 588円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/11/10

    放送作家の鳥居貢は、元妻でTVプロデューサーの島本理江から、ある番組作りの協力を要請される。第二次世界大戦前にヒトラーが皇室に7台贈ったとされる「陛下のメルセデス」こと770・グロッサー・メルセ...

  • 新装版 恋歌 885円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/10/13

    大手レコード会社学芸部長の井沢信介は交通事故をきっかけに、人気テレビタレントの沢木直子と妹・亜由美の姉妹と知り合う。信介は二人との交流を深め、亜由美の作った詩を歌にすることを思い立つ。やがて、翳...

  • 百寺巡礼 第九巻 京都2 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    伝統の中に新しい時代を、賑いの中に信仰を、観光客の群れ集う片隅に静寂を――再び訪ねた京洛で、歴史絵巻を見るような感動にひたる。大原の三千院、念仏の故郷・知恩院、専修念仏の修行道場・法然院。紅葉鮮...

  • 百寺巡礼 第一巻 奈良 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    古寺、名刹のある場所には、不思議なエネルギーがある。それを体で感じ、新しい命を悠久の歴史に思う。第1巻は古の都、奈良。小雪の舞う室生寺、聖徳太子の強く深い想いが込められた法隆寺、優しさをいまに伝...

  • 百寺巡礼 第六巻 関西 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    俗世を離れた山中の寺、人とともに生きる市井の寺。すべてが融け込む西国の旅へ。ここには聖なる高野山があり、「黄泉の国」と呼ばれる熊野がある。1400年の時を超え、庶民に愛される四天王寺がある――。...

  • 百寺巡礼 第十巻 四国・九州 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    大和奈良から始まり、そして百寺を訪ねる旅は、いま、四国九州で完結する。お遍路の寺を巡り、未知の仏像の魅力を満喫する旅。ここにはたくさんの人の思い、願い、希望がある。百の寺々の姿が、脳裏に浮かんで...

  • 百寺巡礼 第五巻 関東・信州 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    喧噪の巷から一歩入った境内には、大きな空が広がる。江戸の賑わいをいまに伝える浅草寺。漁師の篤い信仰が支えた築地本願寺。寅さんへの憧憬を込めて眺める柴又帝釈天。鎌倉武士たちの孤独を癒した建長寺や円...

  • 百寺巡礼 第二巻 北陸 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    大和から始まった旅は、北陸の地へ。こころの視界が広がり、見えないものが見えてくる。何百年も受け継がれてきた阿岸本誓寺の茅葺きの屋根、ギラリと白く輝く瑞龍寺の鉛瓦、職人の心意気を感じる木彫り伽藍の...

  • 百寺巡礼 第四巻 滋賀・東海 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    豊かな水をたたえる琵琶湖に抱かれた近江国へ。三井寺の霊験あらたかな泉や、永保寺を囲む奇岩巨石。名刹、延暦寺を深い霧で包み込む深山幽谷。 石山寺では蓮如と母の哀切な物語に出会い、百済寺では亡き故郷...

  • 百寺巡礼 第三巻 京都1 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    永遠の古都でありつつ、最も前衛的な都市でもある京都。権力者の欲と孤独を伝える金閣寺、懐深き南禅寺。「いのちの物語」をイメージさせる、浄瑠璃寺。あまりに有名な清水寺が教える、日本の寛容さ――。法然...

  • 百寺巡礼 第七巻 東北 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    みちのくの地に、輝く闇を求めて――。平泉で生まれて消えた幻の黄金郷。都から遠く離れ、奥州藤原三代がみた夢の跡を偲ぶ、中尊寺と毛越寺。山間に隠された桃源郷、恐山での胸を衝かれる死者との邂逅。そして...

  • 百寺巡礼 第八巻 山陰・山陽 607円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/21

    日本海と瀬戸内海に囲まれたこの地は、多くの文化を受け入れてきた。中国の黄檗宗の面影を感じる東光寺。天下随一の奇観、三佛寺投入堂。『暗夜行路』の舞台・大山寺と森鴎外の眠る永明寺。凛然と聳える瑠璃光...

  • 青春の門 第八部 風雲篇 918円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/12/15

    故郷の筑豊を離れ、上京して以来七年。葛藤、挫折、再起をくり返し苦悩する伊吹信介は、ユーラシア大陸横断の大望を胸に秘め、シベリアへの密航を果たす。国際情勢の複雑多岐な現実に戸惑いながらも、大自然に...

  • 親鸞(しんらん) 完結篇(上) 【五木寛之ノベリスク】 670円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/10

    東国から帰洛した親鸞に魔手が伸びる。専修念仏を憎悪する怪僧・覚蓮坊が、親鸞の長男・善鸞をそそのかし『教行信証』を奪おうとしたのだ。だが、その前に立ちはだかったのは、数奇な半生をたどり、宋の富商に...

  • 親鸞(しんらん) 完結篇(下) 【五木寛之ノベリスク】 670円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/10

    偉大な師にして父親の親鸞に認めてもらおうと善鸞は東国行きを志願するが、父子の懸隔はかえって広がる。一方で最後の闘いの時も迫っていた。怪僧・覚蓮坊、謎の女借上・竜夫人、若き日に出会ったツブテの弥七...

  • 五木寛之の金沢さんぽ 【五木寛之ノベリスク】 1296円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 五木寛之ノベリスク
    販売開始日 2015/03/13

    《もう一つの故郷》かつて移り住んだことのある金沢。その伝統の街の陰影を、旅行者の視点と居住者の視点の両方を踏まえて描く。兼六園あり、犀川・浅野川あり、内灘あり。加賀百万石の城下町は、いまも息づい...

  • ローマ午前零時 【五木寛之ノベリスク】 87円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 五木寛之ノベリスク
    販売開始日 2015/02/11

    私たちはレオナルド・ダ・ビンチ空港からローマへ向かっていた。ニースで行われる国際テレビCMフェスティバルに作品を出品するため、滝社長とその愛人・亜紀の三人で。だが、パリで起こった五月革命でフラン...

  • 超合本 親鸞(しんらん) 第一部・激動篇・完結篇 【五... 3240円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 五木寛之ノベリスク
    販売開始日 2015/02/11

    【第一部】動乱の京都。親鸞は9歳で出家し、3年後に比叡山に入山した。が、長い修業ののち下山を決意し、法然の門下となる。数年後に師に認められ、「撰択本願念仏集」の書写を許されるが、貴族社会を巻き込...

  • 夜の斧 【五木寛之ノベリスク】 87円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 五木寛之ノベリスク
    販売開始日 2015/02/11

    森矢慎吾はある地方大学の助教授。来春には教授の道も開け、娘は医者の卵と婚約、昔の生活からは考えられない幸せな家庭を営んでいた。「エラブカから持ち帰ったものは何か?」。慎吾のもとにおかしな電話がか...

  • 夜の世界 【五木寛之ノベリスク】 87円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 五木寛之ノベリスク
    販売開始日 2015/02/11

    彼の愛車はフランス車のシムカ1000。学校の先生をやっているが、妻には内緒で免許を取り、アルバイトまでして中古のシムカを手に入れたのだった。夜中に家族が寝静まってから密かに借りた駐車場へ向かう。...

  • プラハの春とおく 【五木寛之ノベリスク】 87円
    作家 五木寛之
    出版社 講談社
    掲載誌 五木寛之ノベリスク
    販売開始日 2015/02/11

    塙竜彦は新婚旅行で妻・杏子とプラハを訪れた。竜彦は私立高校の教師で、杏子は富裕な家庭に育った教え子だった。竜彦たちはホテルで、山名という日本人の新聞記者と出会う。山名は「プラハの春」の話を持ち出...

セーフサーチの状態