読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社」から出版された作品

45件中1-24件 (1/2ページ)
  • 天子蒙塵 第四巻 1404円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2018/09/28

    満洲でラストエンペラー・溥儀が再び皇帝の位に昇ろうとしている。そんななか、新京憲兵隊大尉が女をさらって脱走する事件が発生。欧州から帰還した張学良は、上海に繰り返し襲い来る刺客たちを返り討ちにして...

  • 天子蒙塵 第三巻 1404円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 文芸
    販売開始日 2018/06/21

    ~俺も行くから君も行け 狭い日本にゃ住み飽いた~「馬賊の歌」も高らかに、日本を飛び出した少年二人、妙齢の美男美女は駆け落ちか。満洲の怪人・甘糟正彦、男装の麗人・川島芳子加わり、新たな登場人物たち...

  • 「勇気凜凜ルリの色」シリーズ全5冊合本版 2268円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/08/18

    浅田次郎の「勇気凜々ルリの色」全5冊をまとめて読める合本版。収録作品は『勇気凜々ルリの色』『勇気凜々ルリの色 四十肩と恋愛』『勇気凜々ルリの色 福音について』『勇気凜々ルリの色 満天の星』『ひと...

  • 天子蒙塵 第二巻 1404円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2016/12/06

    張作霖爆殺事件から3年、息子・張学良は無抵抗将軍となり清朝最後の皇帝・溥儀は玉座を追われたなか、満洲の猛獣と化した関東軍に一人反抗を続ける男・馬占山。馬は同じ張作霖側近の張景恵から説得を受け一度...

  • 天子蒙塵 第一巻 1404円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2016/10/26

    1924年、クーデターにより紫禁城を追われた溥儀とその家族。生家に逃げ込むもさらなる危険が迫り皇帝は極秘に脱出する。ラストエンペラーの立場を利用しようとさまざまな思惑が渦巻くなか、日本の庇護下に...

  • ひとは情熱がなければ生きていけない 勇気凜凜ルリの色 529円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/05/13

    いつかきっとと熱望しながら回り道をして小説家になった著者。遊びも仕事も生活も、当代のベストセラー作家は何を指針に生きてきたのか?ダンディズムの父、映画女優のような母が教えてくれたこと。後輩たちに...

  • 日輪の遺産 594円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    帝国陸軍がマッカーサーより奪い、終戦直前に隠したという時価200兆円の財宝。老人が遺した手帳に隠された驚くべき真実が、50年たった今、明らかにされようとしている。財宝に関わり生きて死んでいった人...

  • 中原の虹 全4冊合本版 2268円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「汝、満州の王者たれ」。予言を受けた親も家もなき青年、張作霖(チャンヅオリン)。天命を示す"龍玉"を手に入れ、馬賊の長として頭角を現していく。馬と拳銃の腕前を買われて張作霖の馬賊に加わった李春雷...

  • 歩兵の本領 540円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    名誉も誇りもない、そして戦闘を前提としていない、世界一奇妙な軍隊・自衛隊。世間が高度成長で浮かれ、就職の心配など無用の時代に、志願して自衛官になった若者たちがいた。軍人としての立場を全うし、男子...

  • シェエラザード(上) 540円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    昭和20年、嵐の台湾沖で、2300人の命と膨大な量の金塊を積んだまま沈んだ弥勒丸。その引き揚げ話を持ち込まれた者たちが、次々と不審な死を遂げていく‐‐。いったいこの船の本当の正体は何なのか。それ...

  • 霞町物語 432円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    青山と麻布と六本木の台地に挟まれた谷間には、夜が更けるほどにみずみずしい霧が湧く。そこが僕らの故郷、霞町だ。あのころ僕らは大学受験を控えた高校生で、それでも恋に遊びにと、この町で輝かしい人生を精...

  • マンチュリアン・リポート 679円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    昭和三年六月四日未明、張作霖を乗せた列車が爆破された。関東軍の暴挙に激怒した昭和天皇の密命を受けて、若き軍人が綴った「満洲報告書」で明かされる「真相」とは? 該博な知識と丹念な取材に裏打ちされた...

  • 蒼穹の昴(4) 594円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    人間の力をもってしても変えられぬ宿命など、あってたまるものか‐‐紫禁城に渦巻く権力への野望、憂国の熱き想いはついに臨界点を超えた。天下を覆さんとする策謀が、春児を、文秀を、そして中華4億の命すべ...

  • 遺影(『霞町物語』講談社文庫所収) 103円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    祖母の四十九日法要がすんだ10月も半ば、あの日歌舞伎座であった老紳士が祖父に遺影を撮ってもらおうとやってきた。いつも明るい母は絶句し、穏やかな父は目を吊り上げる。そして明らかになる美しかった祖母...

  • すいばれ(『霞町物語』講談社文庫所収) 103円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    不羈奔放のあげくにその夏湘南を追い出された僕は、キーチとたどりついた内房の海岸で「谷さん」に出会った。いきずりの恋をしたミサをめぐって覚えた初めての嫉妬と「谷さん」の告白。高度経済成長期の申し子...

  • シェエラザード(下) 540円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    弥勒丸引き揚げ話をめぐって船の調査を開始した、かつての恋人たち。謎の老人は五十余年の沈黙を破り、悲劇の真相を語り始めた。私たち日本人が戦後の平和と繁栄のうちに葬り去った真実が、次第に明るみに出る...

  • 蒼穹の昴(3) 594円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    落日の清国分割を狙う列強諸外国に、勇将・李鴻章が知略をもって立ち向かう。だが、かつて栄華を誇った王朝の崩壊は誰の目にも明らかだった。権力闘争の渦巻く王宮で恐るべき暗殺計画が実行に移され、西太后の...

  • バトル・ライン(『歩兵の本領』講談社文庫所収) 103円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    渡辺は娑婆にいたときから腕っぷしには自信があった。自衛隊でもすこぶる優秀。だから和田士長に「かわいがられ」つづけている。惚れたホステスへの純情も踏みにじられた。いつか必ず殺してやる――。人も鳥も...

  • 中原の虹(3) 648円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    大いなる母・西太后(シータイホウ)を喪い、清王朝の混迷は極まる。国内の革命勢力の蜂起と諸外国の圧力に対処するため、一度は追放された袁世凱(ユアンシイカイ)が北京に呼び戻される。一方、満洲を支配す...

  • 中原の虹(1) 594円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「汝、満洲の王者たれ」予言を受けた親も家もなき青年、張作霖(チャンヅオリン)。天命を示す"龍玉"を手に入れ、馬賊の長として頭角を現してゆく。馬と拳銃の腕前を買われて張作霖の馬賊に加わった李春雷(...

  • 中原の虹(2) 648円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    半世紀にわたり、落日の清王朝を1人で支えた西太后(シータイホウ)が人生の幕を閉じようとするころ、張作霖(チャンヅオリン)や袁世凱(ユアンシイカイ)は着々と力を蓄えていた。死期を悟った西太后が考え...

  • 地下鉄に乗って 486円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された"過去"...

  • 蒼穹の昴(2) 594円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    官吏となり政治の中枢へと進んだ文秀。一方の春児は、宦官として後宮へ仕官する機会を待ちながら、鍛錬の日々を過ごしていた。この時、大清国に君臨していた西太后は、観劇と飽食とに明けくれながらも、人知れ...

  • 蒼穹の昴(1) 594円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう‐‐中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を信じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。都で袂を分かち、...

セーフサーチの状態