読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

夏子の酒 (全12巻) - 尾瀬あきら

12件中1-12件 (1/1ページ)
タイトル数 12 (全12巻) 合計 7920(72ポイント)
  • 夏子の酒(12) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    不調を押して酒米「龍錦」による吟醸の造りに参加し、異なる条件でのタンク2本の仕込みを終えた山田杜氏(とうじ)のじっちゃんが高熱に倒れたとき、3本目の造りは...

  • 夏子の酒(11) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    杜氏(とうじ)も父も理解してくれない兄・康男の遺作「吟醸N」へのこだわり。酒米「龍錦」を新しい酵母で仕込むという杜氏と真っ向から対立し、周囲から孤立した夏...

  • 夏子の酒(10) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    「夏子の酒」独自の味を求めて、夏子は思い悩む。そんなとき、夏子は、兄・康男が残してくれた吟醸酒のことを知る。その「吟醸N」は、夏子の舌と心に強烈な印象を残...

  • 夏子の酒(9) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    病気で倒れた山田杜氏(とうじ)に次の酒造りを任せるか...。兄が父と山田杜氏と夏子に託した夢、誰ひとり欠けては成立しない夢として、夏子は、奇跡を信じてまい...

  • 夏子の酒(8) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    上槽(じょうそう)したばかりの美泉(びせん)を味わい、去年のものよりさらに鮮烈な味わいに刺激を受けた夏子。2回目の酒も上出来となった慎吾や、父の反対をおし...

  • 夏子の酒(7) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    酒米「龍錦」を栽培していくうえで問題の、農薬空中散布の中止をついに進言した夏子たち。子供たちのため、土のため、そして稲のため、という夏子の思いを町の人々に...

  • 夏子の酒(6) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    夏子たちの佐伯酒造へ営業妨害をし、悪質な酒を量販する黒岩酒造の跡取りながら、自ら新しい酒造りに取り組む慎吾。そんな慎吾と夏子は、足のひっぱり合いで競うより...

  • 夏子の酒(5) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    最大の助言者・宮川のじっちゃんの骨折や台風など、さまざまな困難に遭いつつも、亡き兄の夢「日本一の吟醸酒」を造るために、酒米「龍錦」の有機栽培を進める夏子た...

  • 夏子の酒(4) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    有機栽培の酒米・龍錦の栽培を開始した夏子。地元の人々に龍錦を増やし、育ててもらおうと計画するが、皆、苦労を背負う気はないと良い返事をしない。だが、農薬の空...

  • 夏子の酒(3) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    亡き兄の夢「日本一の吟醸酒」を造るためには、有機栽培の酒米「龍錦」が不可欠。米作りの名人・宮川輝など、わずかではあるが理解者も現れはじめ、夏子の幻の酒造り...

  • 夏子の酒(2) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    新潟の小さな酒蔵の跡を継ぐはずだった兄が、幻の酒米「龍錦」の種籾(たねもみ)を残して急逝。酒のテイスティングに天才的な舌を持つ夏子は「日本一の吟醸酒を造る...

  • 夏子の酒(1) 尾瀬あきら/著 660円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/11

    お日様みたいなお酒――。太陽の光がプリズムを通すと七色に輝くように、酒の透みきった無色の液体の中には、きめこまかなたくさんの味がひそみ、息づいている。そん...

  • 1
セーフサーチの状態

尾瀬あきらの他の作品

  • 奈津の蔵 (全4巻) 495円
    作家 尾瀬あきら
    出版社 ビーグリー
    レーベル まんがフリーク
    販売開始日 2018/11/16

    昭和3年、18歳の若さで蔵元・佐伯酒造に嫁いだ奈津。義兄の遺児である菊江との難しい関係や厳しい蔵のしきたりに苦悩する。そんな中、奈津は酒造作りに興味を持ち始め――...。

  • ぼくの村の話 (全7巻) 660円
    作家 尾瀬あきら
    出版社 講談社
    掲載誌 モーニング
    販売開始日 2019/07/11

    「ぼくの村」、それはどこにでもあった日本の村のひとつだった――。1966年6月、少年たちは暗闇のなかで、青白く輝く馬が飛ぶように駆ける姿を見た。その日は、彼らの村がつぶされる決定が下された日でも...

  • ぼくの村の話 (全7巻) 495円
    作家 尾瀬あきら
    出版社 ビーグリー
    レーベル まんがフリーク
    販売開始日 2019/02/01

    日本のどこにでもあった農村。1966年6月、少年たちは青白く輝く馬が飛ぶように駆ける姿を見た。その日、少年たちの住む村が空港建設の予定地に決まった日でもあったのだった......。20年かけて開...