読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

将軍家見聞役 元八郎 (1~6巻) - 上田秀人

6件中1-6件 (1/1ページ)
タイトル数 6 (1~6巻) 合計 4322(42ポイント)
  • 蜻蛉剣 将軍家見聞役 元八郎 六 上田秀人/著 720円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    抜け荷で巨財を築く加賀藩前田家と、幕府の大立者・田沼主殿頭意次の対立が激化。憂慮した九代将軍家重の側用人・大岡出雲守忠光は、三田村元八郎に火消しを命じる。...

    試し読み 試し読み
  • 風雅剣 将軍家見聞役 元八郎 五 上田秀人/著 700円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    京都所司代が二代続けて頓死した。不審に思った九代将軍家重は大岡出雲守忠光を通じ、三田村元八郎に背後関係を探るよう命じる。一方、田沼主殿頭意次は新たな京都所...

    試し読み 試し読み
  • 波濤剣 将軍家見聞役 元八郎 四 上田秀人/著 741円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    父にして剣術の達人である順斎が謎の甲冑武者に斬殺された。仇討ちを誓う三田村元八郎は大岡出雲守忠光に、薩摩藩とその付庸国、琉球王国の動向を探るよう命じられる...

    試し読み 試し読み
  • 無影剣 将軍家見聞役 元八郎 三 上田秀人/著 720円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    江戸城中で熊本城主細川越中守宗孝に寄合旗本板倉修理勝該が刃傷に及んだ。大目付の吟味により、勝該は切腹して果てたが、納得しかねた九代将軍家重は吹上庭番支配頭...

    試し読み 試し読み
  • 孤狼剣 将軍家見聞役 元八郎 二 上田秀人/著 700円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    尾張藩主徳川宗春は八代将軍吉宗に隠居慎みを命じられる。ともに藩を追われた柳生主膳は宗春の無念をはらすべく、執拗に世継ぎ家重の命を狙う。一方、京では桜町天皇...

    試し読み 試し読み
  • 竜門の衛 将軍家見聞役 元八郎 一 上田秀人/著 741円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/10/01

    八代将軍吉宗の治下、老中松平乗邑は将軍継嗣・家重を廃嫡すべく朝廷に画策。吉宗の懐刀である南町奉行大岡越前守を寺社奉行に転出させた。大岡配下の同心・三田村元...

    試し読み 試し読み
  • 1
セーフサーチの状態

上田秀人の他の作品

  • 墨痕 奥右筆秘帳(十) 669円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    鷹狩りで将軍を護った柊衛吾は、念願の立花家婿入りが決定的に。両家は加増に浴すも、併右衛門はこのまま奥右筆でいられるのか。復権に執念を燃やす松平定信は幕府転覆を狙う京からの刺客と手を結ぶ。異例ずく...

  • 竜は動かず 奥羽越列藩同盟顛末 下 帰郷奔走編 886円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/15

    アメリカの先進性と植民地の悲惨さを目に焼きつけて、世界周航から帰国した玉虫左太夫は、仙台藩士に戻り、西国の動向を探る。坂本龍馬、勝海舟、松平春嶽、久坂玄瑞らと会う。政変は続き、薩摩と会津が手を結...

  • 波乱 百万石の留守居役(一) 713円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    上田秀人の大型新シリーズ、2ヵ月連続刊行でスタート! 外様第一の加賀藩。筆頭家老の本多政長は大名をしのぐ五万石を誇る。幕府の実権は、病弱な四代将軍家綱に代わり、大老酒井忠勝らが握っていた。権勢維...

  • 天主信長〈裏〉 天を望むなかれ 782円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    尾張の小名から天下人へ駆け上る男、信長。播磨の陪臣で、主の日和見に振りまわされてきた官兵衛。光秀や秀が吉を登用し、反逆を許さぬ苛烈さで勝ち上がる信長を、憧れと反発心とで官兵衛は遠くから見ていた。...

  • 思惑 百万石の留守居役(二) 713円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    幕政を握る大老酒井の狙いは、やはり外様潰しか。加賀藩主前田綱紀を次期将軍に推挙しようとする動きに、御三家はじめ江戸城内でも動揺が広がる。国元で唯一賛成の旗印を掲げ孤立した重臣人持ち組頭前田直作は...

  • 日輪にあらず 軍師黒田官兵衛 756円
    作家 上田秀人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2013/12/13

    いずれ劣らぬ勇将が覇を競う戦国の世。播磨で名を馳せし小寺家に仕える黒田官兵衛は当主政職(まさとも)の蒙昧に失望し、見切りをつける。織田家屈指の智恵者・羽柴秀吉に取り入り、天下統一の宿願を織田信長...