読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文藝春秋 (52~54巻) - 立花隆 黒川博行 鈴木敏夫 塩野七生 岡野雄一 麻生幾 田原総一朗 坪内祐三 佐藤優 山内昌之 片山杜秀 出口治明 鹿島茂 中江有里 櫻井よしこ 石原慎太郎 黒柳徹子 荻本欽一 尾上菊五郎 王貞治 永六輔 青木功 山田太一 浅田次郎 藤原正彦 高田郁 伊集院静 高倉健 沢木耕太郎 水野和夫 野田佳彦 谷垣禎一 保阪正康 木村太郎 小林信彦 堺屋太一 堀江貴文 宮城谷昌光 半藤一利 佐々淳行 長嶋茂雄 後藤謙次 高杉良 福田和也 村田喜代子 伊東四朗 日枝久 三田佳子 立川談春 仙谷由人 舛添要一 立石泰則 柳田邦男 御厨貴 平岩弓枝 落合恵子 玉村豊男 中井貴一 柳葉敏郎 宮本慎也 宮本恒靖 大石静 宇江佐真理 倉本聰 西加奈子 徳岡孝夫 池上彰 小野正嗣 船橋洋一 新浪剛史 神谷秀樹 青沼陽一郎 川端寛 井上真央 毒蝮三太夫 酒井順子 瀬戸内寂聴 金田一秀穂 大橋未歩 山川静夫 辻村深月 江國香織 井上荒野 角田光代 又吉直樹 佐藤愛子 尾木直樹 中島岳史 秋元康 中野剛志 古賀茂明 青山七恵 山本容子 宮部みゆき 上杉隆 白澤卓二 黒田博樹 金子達仁 三浦瑠麗 なぎら健壱 林真理子 梅原猛 古川貞二郎 養老孟司 川島裕 浜田宏一 綿矢りさ 川淵三郎 松田美智子 小池真理子 和田誠 岡井隆 西木正明 野口健 本木雅弘 綾瀬はるか 広瀬すず 朝井リョウ 安野光雅 コシノヒロコ 藤沢周 小林武史 村上龍 古市憲寿 近藤誠 石破茂 中畑清 阿川佐和子 鈴木敏文 稲田朋美 二階堂ふみ 高山文彦 鈴木宗男 エマニュエル・トッド 羽田圭介 中曽根康弘 宮本輝 川上弘美 山田詠美 小川洋子 高樹のぶ子 堀江敏幸 島田雅彦 奥泉光 重松清 東山彰良 丹羽宇一郎 増田寛也 冨山和彦 藻谷浩介 土屋太鳳 松山英樹 宮崎駿 渡辺元智 宮家邦彦 溝口敦 石坂浩二 仲間由紀恵 細川護煕 金子兜太 奥田愛基 磯田道史 朝吹真理子 安倍晋三 竹中平蔵 川村隆 似鳥昭雄 大村智 梶田隆章 西田敏行 山本昌 五木寛之 釈徹宗 井村雅代 佐々木則夫 野村忠宏 北島康介 小泉純一郎 小沢一郎 やくみつる 古田敦也 鳩山由紀夫 みのもんた 波瑠 吉永小百合 ピエール・ルメートル 中村文則 葉室麟 宮崎哲弥 黒田東彦 司馬遼太郎 東出昌大 市川猿之助 弘兼憲史 高橋秀実 カズオ・イシグロ 小林幸子 シルベスター・スタローン 鈴木京香 吉本ばなな 磯崎憲一郎 渡辺和子 本谷有希子 滝口悠生 梯久美子 竹田圭吾 吉田類 柴門ふみ 岡藤正広 畠山重篤 大沢悠里 吉行和子 金本知憲 清宮克幸 町山智浩 松尾豊 油井亀美也 笑福亭鶴瓶 堺雅人 南伸坊 みうらじゅん 青山文平 村上春樹 ホセ・ムヒカ 楠木建 佐々木常夫 渡辺京二 姜尚中 鎌田浩毅 福岡伸一 山尾志桜里 宮下奈都 ドナルド・キーン カルロス・ゴーン 江川紹子 ビートたけし 桂歌丸 高畑充希 井上章一 イアン・ブレマー 浜矩子 山崎元 小林喜光 西川きよし 西川ヘレン 佐藤天彦 桃井かおり 春香クリスティーン 村田沙耶香 萩本欽一 横尾忠則 大林宣彦 徳光和夫 ちばてつや キダ・タロー 大竹しのぶ 松重豊 武井壮 阿部智里 橘玲 福原愛 中村吉右衛門 ハリルホジッチ 雨宮塔子 小泉進次郎 若狭勝 久保田智子 瀧靖之 細谷亮太 古葉竹識 山本浩二 衣笠祥雄 船越英一郎 橋田壽賀子 宮沢りえ カンニング竹山 草刈正雄 北方謙三 エドワード・ルトワック 宮坂学 辛酸なめ子 水道橋博士 川上量生 青島広志 箭内道彦 常岡浩介 小池百合子 八千草薫 山本富士子 香川京子 佐久間良子 加賀まりこ 小山明子 いしだあゆみ 岡田茉莉子 岸惠子 百田尚樹 山下澄人 吉田修一 中野信子 筒井康隆 上野千鶴子 外山滋比古 栗山英樹 春風亭昇太 羽生結弦 国谷裕子 北島三郎 小澤征爾 横田増生 糸井重里 石井妙子 古谷経衡 有馬稲子 細川護熙 猪瀬直樹 片山善博 ティム・マーシャル 桐野夏生 石橋貴明 野田秀樹 益田ミリ 西原理恵子 満島ひかり 沼田真佑 綾小路きみまろ 千葉雅也 高橋陽一 原田マハ 桂由美 勝間和代 川村元気 湯浅誠 内館牧子 安藤忠雄 井上智洋 河野太郎 水谷豊 北野大 俵万智 羽生善治 飯島勲 亀井静香 武田鉄矢 町田康 手嶋龍一 黒田勝弘 仲代達矢 本郷和人 稲垣吾郎 草なぎ剛 香取慎吾 中西宏明 内海桂子 永野芽郁 池畑慎之介 清原和博 高橋弘希 東村アキコ 桑田佳祐 原由子 北川悦吏子 落合陽一 西川美和 樹木希林 橋下徹 高橋一生 竹俣紅 高見澤俊彦 村上世彰 山中伸弥 松本人志 安田純平 宮藤官九郎 佐伯泰英 高見沢俊彦 有働由美子 上田岳弘 町屋良平 篠山紀信 山下達郎 三浦和良

2件中1-2件 (1/1ページ)
タイトル数 2 (52~54巻) 合計 1640(15ポイント)
  • 文藝春秋2019年4月号 立花隆/著 塩野七生/著 橋下徹/著 宮城谷昌光/著 有働由美子/著 山下達郎/著 浅田次郎/著 中野信子/著 堀江貴文/著 山中伸弥/著 三浦和良/著 又吉直樹/著 851円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/03/09

    大正12年の創刊以来、「文藝春秋」の時流におもねらない柔軟な編集方針は、地域、年代、活躍する分野を超えて多くの人々に支持されています。掲載された記事が世の...

  • 文藝春秋2019年2月号 立花隆/著 塩野七生/著 佐伯泰英/著 朝吹真理子/著 高見沢俊彦/著 浅田次郎/著 田原総一朗/著 橋下徹/著 三浦瑠麗/著 宮城谷昌光/著 有働由美子/著 王貞治/著 789円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/01/10

    大正12年の創刊以来、「文藝春秋」の時流におもねらない柔軟な編集方針は、地域、年代、活躍する分野を超えて多くの人々に支持されています。掲載された記事が世の...

  • 1
セーフサーチの状態

立花隆の他の作品

  • 四次元時計は狂わない 21世紀 文明の逆説 850円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2014/12/26

    「知の巨人」74歳が震災を経て考えた日本の未来。 世の中が前より一層よく見えるようになった――。がんを患いながらも、飽くなき好奇心で精力的な取材を続けるジャーナリスト、立花隆。74歳を迎えたいま...

  • 死はこわくない 640円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/07/10

    自殺、安楽死、脳死、臨死体験。 長きにわたり、人の死とは何かを思索し続けた<知の巨人>が、正面から生命の神秘に挑む。「死ぬというのは夢の世界に入っていくのに近い体験だから、いい夢を見ようという気...

  • 政治と情念 権力・カネ・女 630円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/05/20

    2016年、ときならぬ角栄ブームが起きた。 1974年に「田中角栄研究ーその金脈と人脈」を発表し、田中総理退陣の先鞭をつけた著者はこう書く。 「田中角栄になぜそれほどのパワーがあったのか。(中...

  • ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもな... 1500円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2016/05/20

    「知の巨人」立花隆を形成した本とは? 広大な領域に取り組んできた仕事の歴史と重ねあわせて、その読書遍歴を語る。 第1部 : 東大仏文科を卒業後、文藝春秋に入社して週刊文春で活躍するが、二年半で...

  • 「戦争」を語る 1000円
    作家 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2016/08/05

    「知の巨人」、はじめての戦争本。 「長崎という街に自分が生まれ、そこが世界で二番目に原爆を落とされた という事実は、僕の人生に大きな影響をもたらしました」 被爆の記憶を後世に残すために、日本人...

  • がんと闘った科学者の記録 850円
    作家 戸塚洋二 立花隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/05/13

    「自分の命が消滅した後でも世界は何事もなく進んでいく」 ニュートリノ観測でノーベル物理学賞は確実といわれながら、がんで世を去った戸塚洋二氏。 本書は戸塚氏が余命を宣告された後、ひそかに匿名でつ...

塩野七生の他の作品

浅田次郎の他の作品

  • 椿山課長の七日間 540円
    作家 浅田次郎
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2012/10/01

    話題の映画原作! 突然死した中年オヤジが美女の肉体を借りて現世に舞い戻る。涙と笑いの感動巨編。

  • 一路(上下合本) 1382円
    作家 浅田次郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/01/31

    失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督相続は...

  • 五郎治殿御始末 637円
    作家 浅田次郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2013/05/31

    幕末維新の激動期、自らの誇りをかけ、千年続いた武士の時代の幕を引いた、侍たちの物語。表題作ほか全六篇。

  • すいばれ(『霞町物語』講談社文庫所収) 103円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    不羈奔放のあげくにその夏湘南を追い出された僕は、キーチとたどりついた内房の海岸で「谷さん」に出会った。いきずりの恋をしたミサをめぐって覚えた初めての嫉妬と「谷さん」の告白。高度経済成長期の申し子...

  • マンチュリアン・リポート 679円
    作家 浅田次郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    昭和三年六月四日未明、張作霖を乗せた列車が爆破された。関東軍の暴挙に激怒した昭和天皇の密命を受けて、若き軍人が綴った「満洲報告書」で明かされる「真相」とは? 該博な知識と丹念な取材に裏打ちされた...

  • お腹召しませ 637円
    作家 浅田次郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2013/05/31

    お家のため妻子から切腹を迫られる又兵衛が最後に下した決断とは。表題作他六篇。中央公論文芸賞・司馬遼太郎賞受賞。

橋下徹の他の作品

宮城谷昌光の他の作品

  • 子産(上) 594円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    信義なき世をいかに生きるか――春秋時代中期、小国鄭は晋と楚の二大国間で向背をくりかえし、民は疲弊し国は誇りを失いつつあった。戦乱の鄭であざやかな武徳をしめす名将子国と、その嫡子で孔子に敬仰された...

  • 草原の風(上中下合本) 1836円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/14

    三国志よりさかのぼること二百年。後漢をうち立てた光武帝・劉秀の若き日々を、中国歴史小説の巨匠が鮮やかに描く。

  • 呉越春秋 湖底の城 三 659円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    伍子胥は父・五奢、兄・伍尚とともに楚に仕える身だった。だが、楚王の佞臣・費無極が弄した奸計により、父と兄は誅せられてしまう。血涙を振るって危地を脱した伍子胥は、「つぎに楚都にくるときは、楚を滅ぼ...

  • 華栄の丘 550円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2014/11/28

    司馬遼太郎賞受賞作。争いを好まず、あえて負けを選ぶことで真の勝ちを得る――。乱世にあって自らの信念を曲げることなく、詐術とは無縁のままに生き抜いた小国・宋の名宰相、華元(かげん)。出目で太鼓腹の...

  • 合本 太公望【文春e-Books】 2200円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2015/03/27

    羌という遊牧の民の幼い集団が殺戮をのがれて生きのびた。年かさの少年は炎のなかで、父と一族の復讐をちかう。商王を殺す――。それはこの時代、だれひとり思念にさえ浮かばぬ企てであった。少年の名は「望」...

  • 孟嘗君 全5冊合本版 2430円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    斉の君主の子・田嬰(でんえい)の美妾・青欄(せいらん)は、健やかな男児・田文(でんぶん)を出産した。しかし、5月5日生まれは不吉、殺すようにと田嬰は命じる。必死の母・青欄が秘かに逃がした赤子は、...

朝吹真理子の他の作品

田原総一朗の他の作品

山中伸弥の他の作品

堀江貴文の他の作品

王貞治の他の作品

  • もっと遠くへ 1620円
    作家 王貞治
    出版社 日本経済新聞出版社
    販売開始日 2015/07/31

    記憶にも記録にも残る「世界の王」の自伝決定版! 日本の高度成長期と軌を一にした巨人V9時代を牽引した野球人の新たな戦いはまだまだ終わらない。 新人時代の第1号から前人未踏の868号まで、投手・球...

中野信子の他の作品

三浦瑠麗の他の作品

又吉直樹の他の作品

  • 火花 500円
    作家 又吉直樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/02/10

    NHKでドラマ放送スタート!(出演・林遣都、波岡一喜、門脇麦) 第一五三回芥川賞を受賞し、二〇一五年の話題をさらった「火花」が文庫化。 受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。 売れない...