読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

昼田とハッコウ (1~2巻) - 山崎ナオコーラ

2件中1-2件 (1/1ページ)
タイトル数 2 (1~2巻) 合計 1408(13ポイント)
  • 昼田とハッコウ(下) 山崎ナオコーラ/著 682円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/15

    「その日」がアロワナ書店を襲う。動揺する昼田と対照的に、店を開け続けるハッコウ。続いていく毎日をゆるやかに更新する物語。

  • 昼田とハッコウ(上) 山崎ナオコーラ/著 726円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/15

    東京郊外、幸福寺のアロワナ書店。跡取り息子のハッコウ4兄弟と家族のように育った昼田。大黒柱の急逝で、店は少しずつ変化する。

  • 1
セーフサーチの状態

山崎ナオコーラの他の作品

  • 人のセックスを笑うな 440円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    映画化決定!19歳のオレと39歳のユリ。恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた...。第41回文藝賞受賞作。

  • 美しい距離 730円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    芥川賞候補作 島清恋愛文学賞受賞作 死ぬなら、がんがいいな。 がん大国日本で、医者との付き合い方を考える病院小説! ある日、サンドウィッチ屋を営む妻が末期がんと診断された。 夫は仕事をしなが...

  • 昼田とハッコウ(下) 682円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    幸福寺の小さな本屋さん「アロワナ書店」は毎朝開店し、客をはじめ、さまざまな人を迎え入れて、夜には閉まる。その日常が壊れた「あの日」を境に、「町の本屋さん」の店長として動き始めた店長のハッコウとい...

  • 昼田とハッコウ 合本版 1320円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    幸福寺の小さな本屋さん「アロワナ書店」。三代目のハッコウは店長とは名ばかりで店内をぶらぶらするばかり、ともに育ったいとこの昼田はIT企業に勤めていた。しかし正月早々大事件が起き、書店は存続の危機...

  • 長い終わりが始まる 493円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/06/26

    大学4年生になっても就職活動もせずマンドリンサークルで練習に打ち込む小笠原。彼女が演奏する音楽というものには常に終わりの予感が漂うけれど、大学のサークルという小さな輪の中では絶えず人間関係が堂々...

  • 論理と感性は相反しない 545円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/06/26

    神田川歩美と真野秀雄は、つき合い始めた頃にときどきケンカした。真野の論理と、神田川の感性は、ぶつかり合いながらも共生の道を探っていくが......(表題作)。男と女、宇宙、音楽と文学、伊勢物語....