読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

決戦!関ヶ原 (1~2巻) - 葉室麟 冲方丁 伊東潤 天野純希 矢野隆 吉川永青 木下昌輝 東郷隆 蓑輪諒 宮本昌孝

2件中1-2件 (1/1ページ)
タイトル数 2 (1~2巻) 合計 1672(15ポイント)
  • 決戦!関ヶ原2 葉室麟/著 吉川永青/著 東郷隆/著 蓑輪諒/著 宮本昌孝/著 天野純希/著 冲方丁/著 792円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/08/09

    天下分け目の戦い。家康・三成以外にも勝敗の鍵を握る男たちがいた‐‐7人の人気歴史作家が関ヶ原を活写する大人気シリーズ第6弾!

  • 決戦!関ヶ原 葉室麟/著 冲方丁/著 伊東潤/著 天野純希/著 矢野隆/著 吉川永青/著 木下昌輝/著 880円(税込) 8ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/14

    慶長五年九月十五日(一六〇〇年十月二十一日)。天下分け目の関ヶ原の戦いが勃発。人気作家が散陣、話題の競作長編ついに文庫化。

  • 1
セーフサーチの状態

葉室麟の他の作品

  • 柚子の花咲く 990円
    作家 葉室麟
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2012/10/01

    恩師殺害の真相を探るべく、若き日坂藩士・筒井恭平は隣藩への決死の潜入を試みる――愛とは、学ぶとは、そして生きる意味とは...魂を揺さぶる感動の長篇時代小説。

  • 星と龍 1430円
    作家 葉室麟
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2019/11/08

    悪党と呼ばれる一族に生まれた楠木正成の信条は正義。近隣の諸将を討伐した正成は後醍醐天皇の信頼を得ていくが、自ら理想とする世の中と現実との隔たりに困惑し......。著者最後となった未完の長編小説...

  • 決戦!大坂城 淀殿編 鳳凰記 202円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/07/31

    亡き豊臣秀吉の側室で秀頼を生んだ茶々。淀と呼ばれ、豊臣家を率いる彼女の前に、徳川家康という強大な敵が立ちふさがる。一族存亡を懸けた"女の戦い"とは。

  • 螢草 594円
    作家 葉室麟
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2015/12/18

    早くに両親を亡くし十六歳で奉公にでた菜々だったが、主人の風早市之進が無実の罪を着せられてしまう。驚くことに市之進を嵌めたのは、無念の死を遂げた父の仇敵だった。風早家の幼き二人の子を守るため菜々は...

  • 決戦!関ヶ原 石田三成編 孤狼なり 202円
    作家 葉室麟
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/07/31

    「忠義とは辛いものだな」。盟友で"義の人"大谷吉継をしてこう言わせた、石田三成の「豊臣家御為」という一途。亡き太閤への忠義を果たすため、大敵徳川家康を相手にして、三成が打った「孤狼の策」とは。

  • 辛夷(こぶし)の花 1496円
    作家 葉室麟
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2016/04/08

    男は武士としていかに生きるべきか。藩政巡る熾烈な闘いに巻き込まれ、父や家族とともに女とて闘う。たおやかで凛々しい女性像!

冲方丁の他の作品

天野純希の他の作品

吉川永青の他の作品

  • 義仲これにあり 1430円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    平家を討ち破りし先兵となるも、京洛を追われた悪逆の徒、木曾冠者・源義仲--。勝者の歴史に刻まれた彼の姿は、はたして正しいものなのか? 父を身内に殺され、孤独の身で木曾に追いやられた不肖の"源氏の...

  • 写楽とお喜瀬 1540円
    作家 吉川永青
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/10/11

    写楽絵誕生の裏側にあった慟哭と贖罪、そして救済の物語 江戸の街に忽然と現れ、わずか10か月で消え去った謎の絵師・写楽。その正体については様々な説が論じられてきた。しかし後の世に世界を瞠目させる...

  • 老侍 1320円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/13

    どんなに老いても、その経験と智慧が輝きを失うことはない。最期まで「侍」であろうとし続けた、六人の武将の生き様を描く作品集。

  • 決戦!川中島 858円
    作家 冲方丁 佐藤巖太郎 吉川永青 矢野隆 乾緑郎 木下昌輝 宮本昌孝
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    史上最強同士の激突の瞬間に、武田信玄は、上杉謙信は、何を思ったのか。‐‐7人の作家が7人の武将を描く大人気シリーズ第4弾!

  • 賤ヶ岳の鬼 1870円
    作家 吉川永青
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2018/03/09

    時は天正。本能寺の変後、天下取りにひた走る秀吉に待ったをかけた男がいた。その名も、佐久間“鬼玄蕃”盛政!

  • 第六天の魔王なり 1925円
    作家 吉川永青
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2018/11/26

    日本史上、最も怖れられた男は生まれながらの魔王か、それとも――。その内面を、気鋭の歴史作家が渾身の筆で暴く!

木下昌輝の他の作品

  • 決戦!大坂城 真田幸村編 日ノ本一の兵 202円
    作家 木下昌輝
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/07/31

    この世で一番の武士の頸をとれ! 父の遺言を胸に、真田信繁(幸村)は打倒徳川家康の秘策を張り巡らす。影武者、そして一挺の銃。家康の眼前に一撃が迫る。

  • 戦国の教科書 1320円
    作家 天野純希 今村翔吾 木下昌輝 澤田瞳子 武川佑 矢野隆 末國善己
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/30

    6人の人気作家が戦国時代のキーワードを元に短編小説を書き下ろし。さらに各作品に解説・ブックガイドも。戦国がもっと好きになる!

  • 金剛の塔 1683円
    作家 木下昌輝
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2019/05/17

    直木賞や山田風太郎賞の候補となり、今もっとも期待の作家・木下昌輝氏が飛鳥時代から続く金剛組の宮大工をテーマに描く連作時代長編小説。飛鳥から現代まで、それぞれの時代に生き残ってきた五重塔。各時代に...

  • 人魚ノ肉 897円
    作家 木下昌輝
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/06/08

    八百比丘尼伝説が新撰組に! なんと沖田総司が吸血鬼! デビュー作「宇喜多の捨て嫁」が直木賞候補となり文学賞5冠を獲得した驚異の新人の第二作が本作! 八百比丘尼伝説をベースに舞台は幕末の京都。 ...

  • 炯眼に候 1528円
    作家 木下昌輝
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/14

    異次元の「眼」を持つ男。 その名は、織田信長。 村木砦、桶狭間、長篠...... 信長の勝利の裏側には常に、恐ろしいまでの合理的思考があった。 鉄砲をどう運用すべきか。 毛利水軍に勝てる船と...

  • 宇喜多の楽土 1528円
    作家 木下昌輝
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/04/26

    文学賞5冠のデビュー作『宇喜多の捨て嫁』から4年 嵐世に刻まれた覚悟が胸を打つ傑作長編 戦国を駆け抜けた心やさしき俊才の生涯 父・直家の跡を継ぎ豊臣政権の覇者となった秀家。 関が原で壊滅し、八...

東郷隆の他の作品

  • 御用盗銀次郎 (1~2巻) 550円1650円
    作家 東郷隆
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    用心棒・魁銀次郎。攘夷の資金集めは仮の姿。異国との交易で私腹を肥やす商人から軍資金を巻き上げる! 痛快剣客小説。

  • 架空戦記 信長 (1~2巻) 770円935円
    作家 東郷隆
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/01

    上杉謙信との覇権争いにやぶれ、重臣・柴田勝家、羽柴秀吉らを喪った織田信長は、伊勢の地に海上要塞を築き、復活の時をめざすが...。

  • 九重の雲 闘将 桐野利秋 799円
    作家 東郷隆
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2014/11/07

    「人斬り半次郎」と怖れられた男! 幕末から明治、西郷隆盛とともに戦い、義に殉じた男の堂々とした生涯を描く長編歴史小説!

  • ヘルガ(小学館文庫) (1~3巻) 660円
    作家 東郷隆
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2014/08/15

    アフリカ某小国、部族抗争にまきこまれた日本人農業指導員の過酷な戦い。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承くださ...

  • 忍者物語 1408円
    作家 東郷隆
    出版社 実業之日本社
    販売開始日 2015/02/20

    黒船に乗った忍者がいた――戦国から幕末まで、実在した「忍」の戦いを練達の著者が描く傑作歴史小説集。これが本物の忍者だ!

  • 大砲松 605円
    作家 東郷隆
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    神田和泉橋の五兵衛店(だな)に住む締出し松こと松三は、故あっての長屋暮らしだが贅沢三昧。実は大名家お出入りを許された槍屋「槍丹」の息子である。時は幕末、慶応4年、背中の傷(いれずみ)を見こまれて...

伊東潤の他の作品

  • 戦国鬼譚 惨 713円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    人を欺けば謀られ、人を信じれば殺される。木曾谷の治世をめぐり反目する木曾家当主の義昌と弟の義豊。武田に殉じるか織田へ寝返るか――谷間に常と変らぬ春が訪れたとき、兄弟は慟哭の中で身悶えしなければな...

  • 潮待ちの宿 1599円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    海に臨む宿で少女が待つものとは―― 歴史小説の名手が初めて挑む人情噺。 口減らしのため備中の港町・笠岡の「真なべ屋」に連れてこられた志鶴。 潮待ち宿のそこでは、商人や仲買人たち、時には怪しい旅...

  • 決戦!大坂城 福島正守編 男が立たぬ 202円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/07/31

    激戦の裏で密かに決行された徳川家康の孫・千姫救出作戦。戦渦広がる大阪城内を、福島正則の弟・正守が駆ける。歴史に埋もれた男たちの誇りと約定。

  • 悪左府の女 1528円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/06/09

    女を使って権力を得る! ピカレスク時代長編 冷徹な頭脳ゆえ「悪左府」と呼ばれた藤原頼長が、琵琶の名手を使い暗躍する。 保元の乱へと転がる時代をダイナミックに描く! 知力と権力で朝廷に君臨する...

  • 王になろうとした男 723円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/04/22

    野心が、野望が、人を変えていく戦国時代。桶狭間の戦で功を挙げた毛利新助。計策事により秀吉や光秀よりも出頭した塙直政、臣下の謀略で一族郎党を虐殺された荒木村重、信長に父を殺された復讐を胸に秘める津...

  • 野望の憑依者(よりまし) 814円
    作家 伊東潤
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/07/07

    足利政権確立にこの男は不可欠だった! 己の野望を実現すべく数々の策を弄した名参謀・高師直の知られざる素顔。

矢野隆の他の作品

  • 1320円
    作家 矢野隆
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    少年時代を独り野生児として育った虎が、ある日村人に捕まってしまう。その窮地を四郎という少年に助けられる。天草四郎と虎の出会いだった。そのころ、島原と天草の切支丹に対する迫害は苛烈を極め、公儀への...

  • 源匣記 獲生伝 1595円
    作家 矢野隆
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/10/24

    大陸の覇権を巡って、かつての友が真っ向勝負。これまでなかった超弩級の日華融合ファンタジー大戦! 渾身の書き下ろし

  • 決戦!本能寺 902円
    作家 伊東潤 矢野隆 天野純希 宮本昌孝 木下昌輝 葉室麟 冲方丁
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    天正十年六月二日。京の本能寺において、日本の歴史を変えたその「瞬間」が訪れた。7人の名手による決戦!第3弾、ついに文庫化!

  • 決戦!川中島 858円
    作家 冲方丁 佐藤巖太郎 吉川永青 矢野隆 乾緑郎 木下昌輝 宮本昌孝
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    史上最強同士の激突の瞬間に、武田信玄は、上杉謙信は、何を思ったのか。‐‐7人の作家が7人の武将を描く大人気シリーズ第4弾!

  • 朝嵐 1870円
    作家 矢野隆
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/05/31

    「こやつは武士として使い物にならぬ」 その一言が、男を怪物へと変貌させた。 源八郎為朝。武士として生きるため、異常な弓の鍛錬を続けたこの男は、齢十二にして都の悪党達を従える。父によって送りこまれ...

  • 戦始末 1320円
    作家 矢野隆
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/14

    この負け戦の始末、俺がつける――しんがりでどう振る舞えるかで男の価値は決まる。戦国で最も過酷な戦を描く、注目作家の7番勝負!

宮本昌孝の他の作品